上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぐや姫とアヴェマリアコンサート

4月は既に初頭に一度日本へ帰国しましたが、
今週末に又、日本へ戻り、数箇所で公演を行います。
一番規模の大きい滋賀でのコンサートはクローズドイベントである為宣伝はしませんが、オーケストラと一緒のガラコンサートです。
後、日本人指揮者/作曲家の平井秀明さんが作られた、日本語のオペラ"かぐや姫"のハイライト版を福井で歌います。残念ながらオーケストラではなくピアノ伴奏のハイライト版ですが、合唱やエキストラ出演するの方々の数も多く、カツラや衣装も付けて演技も行いますし、私も初めての日本語オペラと言う事もあり大変楽しみにしています。

又、5/13(金)には、パイプオルガンと共にアヴェマリアばかりを16曲も歌うコンサートを東京の品川教会で行います。


去年リリースしてANA国際的線のスカイチャンネルにも搭載して頂いたCDのラインと全て同じ物を歌います。教会一杯に響き渡るパイプオルガンに包まれ、私個人の祈りとして歌えるのを今から楽しみにしていますので、是非是非いらして、この体験を一緒にシェアして頂けたら、と願っております。
それでは…!

京都5日間だけの滞在

3月末にワシントンでは日本がアメリカに送った桜が満開なのを見られ、4月初めに、京都でも満開の桜を見られた幸運なこの春。
先々週は京都で行われた国際ロータリー地区大会の開会に、君が代とオペラのアリアを、新しいロームシアターで、演奏して参りました。
今から18年前に、故郷の京都城陽ロータリークラブより推薦を貰い、ロータリー財団より奨学金を頂き、アメリカで勉強する為日本から出てきたのが、私の本格的な海外生活の第一歩でした。とにかく国際的な舞台で歌いたい…と強い意志を持ち、留学1年目からニューヨークの大学院に入り集中して勉強出来たのも全てロータリークラブのお陰だったと、今更ながら感謝で一杯です。
今回の歌が恩返しになれば良いと、その為だけに5日間だけの日本滞在でしたが、自分にとっても原点を振り返る良い舞台になりました。
ちなみに会場は、ロームシアター。
昔の京都会館のことで、児童合唱団に入っていた小学生の頃は何度も立った思い出の舞台。でも、様子は一変し、音響は改善され新しく生まれ変わり感慨深いものがありました。


それでは又!

2016年 全米桜祭り

先月末に、ワシントンDCで行われた全米桜祭りのオープニングイベントにて、3/26(土)に歌わせて頂きました。バックはまるでポップシンガーの舞台の様で、驚くやら。

こちらはチラシです。


お客様の雰囲気は暖かく、
共演者はそれぞれ本当にクオリティが高く、相当楽しく素晴らしいイベントになった様です。
(私は、スケジュールの都合で他の方の舞台を殆ど観られず、とても残念でしたが…)
では又!

311メモリアルコンサート in NYC

お久しぶりです、こんにちは!
去る3/12にニューヨークのダウンタウンにある教会で、311の追悼メモリアルコンサートで演奏させていただきました。音楽家で、歌い手で良かったなと思うことの一つに、傷ついた心や魂を、歌う事で少しでも癒して差し上げられるかもしれない、と言う事です。
もちろん切羽詰まった緊急事態や、大惨事の最中には音楽は役に立てないかもしれませんが、少し弱っていたり、元気が足りない時、緊張状態を少し解き放たれたい、ような時に、音楽は大きな力を発します。
この日は、教会に設置された大きなパイプオルガンと弦楽合奏団による伴奏の中、私が大好きなアヴェマリアを5曲と、Japan Tragedy2011と言うアメリカ人作曲家ハンプソン・シスラー氏のオラトリオを演奏しましたが、正に上記の様な事をつくづく感じた本番となりました。
どんな大惨事も過ぎてしまえば、風化の道を辿ってしまうのは世の常かも知れませんが、そんな中にあって"忘れない"、と言う事は非常に意味のある事だと思います。
そういった意味でも、今回のコンサートに関わる事が出来て大変嬉しく思いました。



それでは!

2016年も宜しくお願い申し上げます。

明けてからすっかり時間が経ってしまいました。今年も、公私共々色々有って忙しくなりそうですが、知恵と経験を使い、何とか乗り切っていきたいです。
2015年去年も、色々な事がありました。
あまりに色々な事があり過ぎると、整理して書く事が難しく、億劫に感じ、結局ブログも書けないでいる、と言う感じでしたが…まあ、それは勿論言い訳です。笑
今年こそ!
一回一回が、昔ほど長くなり過ぎず、短くする事を心がけ、もう少し頻度を高く更新してゆきたい、と言う抱負を持っている事を一応ここに書いておきましょう。
長い間読みたい読みたいと思っていた本日がお正月中に漸く読めました。エイミーチュア女史のTiger Motherと言う本です。
私の母は、この本のエイミーさんによく似たタイガーマザーでしたので、非常に興味深くずっと読みたかったのですが、個人的に非常に意味深く読めました。
そしてタイガーマザーに育てられた子として、それを反面教師に、自分の子育ては180度違うものにしていたのですが、180度違うのもいかがなものかと最近は思っていたので、そういう頭を整理する意味でも、非常に為になりました。
これを読んだ方が、よもや同じように実践されるとは思いませんが、解説で斎藤孝さんが書いてらっしゃるように、バランスをとりながら…と言う所が大切だと思います。
私も去年からニューヨークの母校、マネス音楽院で教え始めましたが、生徒に歌を教えることと子育ては少し似ていると感じます。
自分の事だけに時間を使えた独身時代は、忙しいとは言っても、今の忙しさとは全く比べものにならないなぁと感じていますが、その分本番のステージの有り難さ、嬉しさが身に染みるようになりました。
では、今年も宜しくお願い申し上げます!
田村麻子
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。