上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 犬に噛まれた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬に噛まれた

こんにちは。 私は、小さい頃から犬や猫が大好きで、 高校生の頃に、ある1匹の犬を飼っていた事がありました。 顔も性格も可愛いワンコで、 生まれて2ヶ月目から、私のピアノや歌を聴いていた為に、 いつもピアノの下の、私の足元でおとなしく眠るような、 そんな犬でした。 そのワンコが死んでからは、 1ヶ月ほど心から笑えない日が続き、 その喪失感はあまりに辛かったため、 もう、二度と犬は飼うまい、とその時決意したものでした。 とは言え、生来の犬好きは変わらず、 犬を見ると、つい笑顔を向けずにはいられず、 アメリカにいようが、イタリアにいようが、 これまで、犬を見かけるとつい、見惚れていました。 そんな私は、犬でいやな思いをした事などこれまで 全くなかったのですが、 実は2週間前に、生まれてはじめて、犬に噛まれました、 しかも、顔を。。。。 その日は、ミラノの友人たちとあるお宅の庭で、 BBQパーティーをして、楽しく過ごしていました。 成犬のダルメシアンがそこで飼われており、 みんなの周りをうろうろして、食べ物を欲しがる姿が可愛くて、 肉の骨を上げたり、頭をなでたりして可愛がっていました。 そんな中、もっと親密になろうと顔を近づけたそのとき、 急にワンコの目の色が変わったかと思いきや、 右の頬と目の辺りに衝撃を受けたのです。 とっさのことで、急にあたりはしんと静まり返り、 何が起こったか、皆わからなかったようでした。 まず最初に頭に浮かんだ事は、 ”もう二度と舞台に立てない顔になってしまったのかも。。。” 反射的に抑えた右手の下の、右の頬と目の辺りに 何が起こったのか、痛いのか痛くないのかも、とっさにはわかりません。 たまたま幸運にも、その場に居合わせた 医者の卵である友達が、傷を見てくれましたが、 その彼が何も言わず傷の具合を見ている間に、 まだ鏡を見ていない私は、恐ろしさと心配のあまり、 貧血を起こしてしまいました。 幸い、傷はあさく、まるで猫に引っかかれたかのような 軽い傷で、2週間たった今では、殆どすっかり治り、 私を守ってくれた何ものかに感謝しています。 私にとっては、大好きな犬に噛まれた経験が悲しかったものの、 これまで、自分がうかつにどんな犬にでも、手を出してきたこと (今までよく、かまれなかった事だと思いました) を、反省するよい機会になりました。 しかし後日、 実はその私をかんだワンコは、毎日のように主人に暴行を受けてきた 犬だと言う事が判明。 そういえば、テーブルをうろうろしている時に、 何となく妙にびくびくしていた表情が、脳裏に蘇ります。 私が顔を近づけた時に一瞬脅えたような目をした あの顔を思い出すと、どこか、胸が締め付けられる思いがします。 かまれた事自体は、やはり怖い思い出なのですが、 私の怒りは今となっては、 その暴行を働いてきた犬の主人に向けられています。 愛を与えられず、暴行を受けてきた犬が、 やはり攻撃的に育ってしまう事は、至極もっともな事ですが、 それにしても、残念かつ悲しい事だと思います。 美味しい実をならせてね、と言って育てたトマトには美味しく甘い実が、 なんてお前はきれいなの、と言って育てたバラの苗には 美しい花が咲くように、 人間の愛の波動は、かならず物質にも伝わると信じている私は、 これまで、どんな犬とも仲良くできると自負していました。 しかし、暴力で疲れ、絶望した心には、 時間が必要なのでしょう。 この世の中から、少しでも暴力が減って、 悲しい魂を減らす事が出来るのか、、、、、! (犬だけではなくもちろん人間のもです) 大切な事は、教育、環境だと言う事は明白ですが、 それらに直接関わる事の出来ない今、 一体私には、何が出来るのか、 これからも考え続けてゆく事でしょう。 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。