上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 アレーナ・ディ・ヴェローナ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレーナ・ディ・ヴェローナ 

皆様、こんにちは。 いつもながら、 ロミオとジュリエットの町ヴェローナからです。 ヴェローナといえば、何よりも有名なのは 夏に行われるアレーナ・ディ・ヴェローナと呼ばれる 野外オペラ。 イメージのつかない方は、、、 映画”グラディエーター”などに出てくる あの劇場にて、何万人という観衆の中、 1つのオペラが催される様子を、想像してみて下さい。 マイクなしで、その築何千年の建造物の中で オーケストラと共に音楽を奏でる歌手たち、、 想像しただけで、 身震いしませんか? 私もはじめてアレーナに来てオペラ鑑賞した時には、 噂どおり素晴らしく、その内容もさることながら、 大きなセット、普通より編成の大きなオーケストラ、 何百人もいるのかと思うほどの合唱、エキストラ という雰囲気に、 本当に感激したものでした。 そして、今日は、 そのアレーナのこの夏シーズンの初日です。 そして今だから言える私の暴露(?)話。。。 実はですね。 私はこの夏、この憧れのアレーナに 出演する事が決まっていました。 このアレーナの目玉の一つ”カルメン”の、 フラスキータという小さな役ですが。 丁度1年前の夏に、アレーナで幸運にもオーディション を受けられるチャンスがあり、 結果、大変気に入っていただき、 私のマネージャーはほくほく顔で、 「来年(2006)のアレーナのフラスキータを約束してくれた、 でもまだ内密だから、絶対誰にも言うな」と言いました。 私は、天にも昇る気持ちで、 こんなに早く、憧れのアレーナで歌えるチャンスが来た!と まだ契約を交わしていないながらも、 神に感謝しつつ、正式な決定を待ち望んでいました。 ところが、今年に入って2月、 丁度フロリダでオペラ公演をしていた頃、 もうそろそろアレーナと契約書を交わしてもいいのではと 思っていた矢先に、イタリアから電話があり、 「政治的な事情で、シチュエーションが変わった。 麻子は、フラスキータが歌えなくなった」と言われました。 その時の私の落胆といったら、、、、。 政治的事情って何!? そんな事がありえるのか!? と、怒りをあらわにした私にマネージャーは静かに、 「よくあることだ、仕方ない。僕の力ではどうしようもない。 もう忘れて、次にいこう」と。 本当にそうです。 まして、異国の、しかもわけのわからない 劇場の内側で何が起こっているかなんて 私には知りようがありません。 考えても無駄なので、悔しさをこらえて、 自分はよい歌を歌うだけだ、と 言い聞かせ、次に目を向ける事にしました。 が、、、、 正直言って、今でも残念でなりません。 が、一度来たチャンスは必ず又めぐってくる、、と思い、 こうして、何の因果かまたまたそのヴェローナにて、 レッスンを受け、又オーディションを受け、 という毎日を送っています。 それでは、、、またすぐ 書きまーーす! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。