上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 狼に食われちまえ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼に食われちまえ!

昨日はイタリアでの一般的な迷信のことを書きましたが、 世界中のオペラ歌手にとってとても大切な、 劇場での、縁起かつぎ言葉のことを書くのを忘れていました。 イタリアの劇場では、Auguri(アウグーリ=おめでとう) という言葉を公演前に口にするのは とても縁起が悪いとされており、 その代わりに、 In Bocca al lupo(イン ボッカ アル ルーポ) という言葉を使います。 これは、そのまま訳すと”狼の口の前に”と言う意味で、 つまりは 狼に食べられないように気をつけて!と言う事です。 (人によっては、狼に食われちまえ!というニュアンスだと いう人もいますが、、、) そうすると、慣習的に言われた歌手は、 Crepi di lupo (クレーピ ディ ルーポ=狼なんて、倒しちゃうよ!) と答えることになっています。 と言っても、正に舞台に出ようとする直前に、 袖の暗闇の中で 周りの人から暖かい笑顔と共に、 インボッカアルルーポ!と言われると、それが頑張ってね! と言う響きに聞こえる時があって、 そうすると条件反射でついうっかり、 ”Grazie(グラーツィエ=ありがとう)”と言ってしまったりします。 イン・ボッカだろうが、なんだろうが、 結局はねぎらってくれてているのだから、 なんと答えてもいいではないか、仮に Grazieと答えたとしても、、、、と私などは思うのですが、 やはり迷信深いイタリア人、 そんな時は決まって、はっとして、 ”だめだよ、Grazieなんていっちゃ! はやくCrepi(クレーピ)って言いなおして。。!” と必ず言います。 ああ私は本当にイタリアにいるのだな、、と 実感するのは、正にこういう時です。(笑) ちなみに、フランスの劇場で働く友人によると、 フランスではこのIn bocca al lupoのほかに、 Merda!(糞、という意味です。) と言われる事が多いと。。。。 汚い言葉をわざと吐いて、緊張を解くのか、はたまた 士気を高めるためか、、、? アメリカででも、In bocca al lupoはよく使いますが、 他には、Break the leg!(足を折って来い) などもよく使います。 なんでしょうね、本番の成功を祈る前に わざと不幸な事をいっておくと言う心理からでしょうか、、、? このほかにも、Toi toi toi(トイトイトイ)という言葉も 割と舞台の世界では世界共通語になっていて よく使われますが、 これは一体何処の国の言語がオリジナルか、 全然検討つきません。 ところで、ここまで書いたものは全部私が歌い手 として舞台で聞くものですので、 もしかしたら、器楽の世界、などには、 また別の違う言葉があるかもしれませんね。 舞台前に限らず、大切な仕事、契約、本番、試験 などの前に使う言葉で、私が個人的に一番好きなものは、 英語の”Have fun”(楽しんで)というものです。 どんなに緊張する場面ででも、 こう言われると、不思議な事に、 「そうだよね、楽しんだもの勝ちだね。」という気になって、 私の場合は、 本当に楽しくなってくるからです。 言葉は面白い! そして、 言葉の持つ力は素晴らしい!と心から思います。 そう思いませんか? 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。