上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 3回目を終えて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回目を終えて

こんにちは。 さて、 3日目の舞台は、これまでで一番の出来になりました。 オーケストラのコンサートマスターからも、 「いつもあなたの歌は安定しているけど、 今日のあなたの声は特別ね。まるでクリスタルのようだわ!」と わざわざ休憩中に楽屋を訪ねてきてお言葉を頂き、 本当に、しみじみありがたく思い、 又俄然やる気が出てきました。 又地元の新聞各紙にも、とてもよい批評を頂き、 嬉しく思っています。 でも、 順調に運んでいる時にこそ、 何かと起こりがちだと思いますので、 明日以降まだまだ続く本番に 気を引き締めて臨みたいと思っています。 それにしても、これまでこんなに短期間の間に、 同じプロダクションで同じ役を 何度も演じる事がありませんでしたので、いま本当に とてもいい勉強をさせて頂いている事に感謝しています。 特に私にとって、今勉強になっている事は コンディションの調整の仕方、 常にBestでいられるような、エネルギー配分のしかたなどです。 以前私より少し経験の多い同僚歌手が、 「本番で思いっきり歌わない大切さ」 を説いていた事があります。 常に80%で歌って、 全部を使い切ってしまわない事が、長くいい歌を歌い続ける秘訣だと、 かの有名なバリトン歌手、 レナート・ブルゾン氏もおっしゃっていた事ですが、 今自分が、1日、もしくは2日おきに、大きな本番を歌うシチュエーションに おかれてみると、これらの言葉は本当に身にしみます。 といっても、小さな役、もしくは準主役の時は、 それでいいと思うのです。 少ししかない自分の出番に どう100%のものを持っていくかということで、 又違うストラテジー(戦略)があると思うのですが、 今回の私は、ヴェルディの主役、 しかも、女性が一人しか出てこないオペラのヒロインなわけですから、 エネルギーを上手く配分して 最後までばてないで、どうやってしっかり歌いきるかという事を、 冷静に計算していなくてはなりません。 思い切り叩いたバケツからは、良い音は出ない、とは私の師匠が 発声のテクニックについて述べた言葉ですが、 本番での歌についても、同じ事が言えると思います。 明日は、4回目の本番。 初のメティネ(昼公演)ですが、 前回同様、気を引き締めてまいります。 それでは、ごきげんよう、、、! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。