上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 カルミナ・ブラーナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルミナ・ブラーナ

人気ブログランキングへ


こんにちは!

昨日サントリーホールにおいて、
カルミナ・ブラーナのコンサートが終わりました。

カルミナブラーナは、学生の時分より、
聞くのも歌うのも大好きで、
特にこの作品の主役である合唱を歌うのはソロよりも面白いので、
今回も、晋友会の皆さんの合唱を聞きながら、うらやましく思っていました。笑
また、普段オーケストラで演奏されるこの作品が
今回は、シエナウィンドオーケストラだったため、
予想以上にかなりサウンドも違って、
その違いを舞台上で面白く聞かせていただいていました。

ところで、今回はこのコンサートのライブ録音が
そのままCD化される言う事を直前に聞き(!)
少しだけ、緊張しました。
というのも、
ほんの少しの違いなのですが、
マイクで録音するときはより小さな音や、
繊細な音の入りを気をつけなければならず、
サントリーホールのように音響の非常に良いところで歌うときに陥りがちな
”小さなあらは目立たないや”、、、的な姿勢でのぞむと、
録音としてはあまり良いものにならないからです。

ということで、個人的には、
いつも以上に丁寧に歌う事を心がけた演奏、、、になったと思います。(^^)

それにしてもサントリーホール、キタラホールと、
共に
日本でも有数の響きの良いコンサートに年始そうそう連続で歌えると言うことは
本当に、有難い事だと思います。
実は、この2つのホールは奇しくも、
私が日頃から仲良くしていただいている音響設計家の
豊田泰久さんの設計されたもので、
ここで歌うたびに、こんなにも皆を幸せにしてくれる音響を作られた彼に対して
誇らしい気持ちを覚えます。
余談ですが、
豊田さんは、L.A.フィルの本拠地であるウォルトディズニーホールの音響設計もされていて
ここの世界的な成功により、ゲルギエフを始め、そうそうたる指揮者の皆さんより
直にご指名を受けて、世界中のコンサートホールの音響設計で、ひっぱりだこでらっしゃいます。
こうして色々な分野で世界で活躍する知人友人にいつも私は
パワーをもらっている事も、大変有難い事だと思っています。

さて、次のコンサートは、1週間後に私のホームタウンである
京都府城陽市で行われる関西フィルとのニューイヤーコンサートなのですが、
実は、その合間にも、私は全然ゆっくりと気を抜く事が出来ない事情があります。
というのも、
もうここ2-3週間くらいは、この忙殺の合間をぬって
1月23日から始まるロイヤルアルバートホールでのマダム・バタフライの
歌詞の暗譜をしているからです。。。

イタリア語では、完全に身体に入っているものの、
このイギリス公演のための英語訳詞は、
イタリア語のように、すんなりと入ってきてくれないため、
かなり苦戦しています。

イタリア語の歌詞は、
そのアーティキュレーションに沿ってプッチーニが音楽をつけているため、
なんとも自然で、すんなり頭に身体に入ってくるのですが、
後付の英語訳は、いくら考えられているとはいえ、やはりどこか不自然で
なかなか、覚えられないばかりか、
一度、イタリア語で入っている為にすぐにイタリア語が出てきてしまうのです。

ですので、音楽はいくら同じでも、完全に違うオペラを覚えているんだと考え、
いったん、イタリア語の歌詞を完全に忘れて、
英語歌詞の違うオペラモードで歌わないとなりません。

そのため、覚えているイタリア語の歌詞は有利になるどころか、逆に不利で、
相手役や、ほかの人のものもイタリア語で入っているため
うっかりそれを聞いて、答えようとすると、又イタリア語が出てきてしまったり、、、

真新しいオペラを英語で覚えるほうが、よほど簡単だと言うのが、今の私の感想です。
というか、泣き言です。。。

又さらに大変なのが、このイギリスでの公演を3月13日に終えた後、
こんどは、3月31日からアメリカのアイオワ州にてやはりバタフライをやるのですが、
そのときは、オリジナルのイタリア語上演なのです。

まあ、イタリア語の歌詞を忘れると言う事はいくらなんでも、ないと思うものの
この先、2ヶ月間毎日毎日英語歌詞でやっていると
そんなにはやく、又イタリア語の歌詞に戻れるかしら、、、
(いや戻さなくてはいけないのですが)と不安になったり、、、

。。。とまあ、愚痴はここまでにしてします!
とにかくあと、2週間、2つのコンサートのリハーサルの合間を縫って
がんばるしかありません。

と言う事で、
12月に帰国して以来、全くゆっくり出来ないでいる有様ですが、
2週間後にロンドンに行ってからオペラの稽古が始まれば、
それだけに集中できて、かえって暇が出来るかな、、、
と期待しています。

それではまた!!!!


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしかったです

こんばんは!
8日のカルミナ・ブラーナは本当に素晴らしかったです
私は少し後ろの方の席だったので
もっと前の方で聴きたかったなあ~
あのコンサートは録音されていたのですね
CDになるのだとしたら嬉しいな

城陽でのコンサート、行けるかどうかもう一度検討してみますね
行けたとしても少し遅刻になりますけど・・・
それではまた!

文化パルク城陽コンサート

寒い日。出身地での初のコンサートは満席。皆、楽しみにしているのだろうと思いながら麻子さんの登場を待つと、赤いドレスに身を包んで登場。軽妙な司会者との話。”麻子さんの素顔”に迫るインタビューでは、微笑ましさと共に、人に媚びない生き方も披露。アンコールの宵待草も含めて、楽しいコンサートでした。
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。