上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 とりとめもなく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめもなく

いよいよ暗譜も大詰めです。だいぶいい感じですが、 まだまだ油断は出来ません。 しかし、こうして四六時中暗譜していると、 何となく、中高生時代の試験勉強を思い出します。 寝る直前にぶつぶつと唱えていた歌詞は、朝起きてみると すっかり整理され、頭に入っているーーー この感覚は、試験勉強をしていた頃と、まったく変わりません。 ところで。 サラソタで今度歌うオペラは、ヴェルディ作曲の群盗という 大変マイナーなオペラですが、 (アメリカにおいては、25年ぶりの上演だそうです) 私にとっては、いかにもヴェルディ!という音楽で、 決して馴染みにくいものではありません。 オペラ王ヴェルディといえば、 椿姫、リゴレット、アイーダ、オテロ、仮面舞踏会、 など、よく知られている作品は本当にたくさんありますが、 もちろん、その他のマイナーな作品のなかにも、多くの良い部分があります。 今回この群盗でも、表現が適切で美しい部分では心魅かれたり、 ここは、イル・トロバトーレ(別のヴェルディの作品)にそっくりだなー、、、 とか、ここはいまいちで少し変だとか、 様々な事を思い、感じながら練習しております。 が、何にしても、 イタリアでヴェルディが作曲していた時には、 まさかその160年後に、日本人ソプラノが、 自分の音楽をこうして色々と批評しながら、アメリカでこの役を歌うなんて 想像もしていなかっただろうなあ、と考えると、少し愉快な気分になります。 そういえば、今年は、モーツァルトの生誕250周年というところで、 各地でモーツァルト関連のイヴェント、彼の作品演奏の機会が増えていますが、 いったい、250年後まで、誕生日(年)を祝ってくれる人が世界中に 大勢いる、、という人物は、世界中にどれほどいるでしょうか?? ヴェルディにしてもモーツァルトにしても、 真に人を幸せにする作品を残している人は、 人からも、幸せにしてもらえるのですね。 私も、サラソタでの成果はヴェルディに返したいと考えています。 ではまた、、、! 朝、パイナップルを食べ過ぎて口の中が、まだイガイガしています、、、。 今日もどうぞよろしくお願いします。→ 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。