上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 ラインの黄金

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラインの黄金

人気ブログランキングへ

こんにちは。
今日は、久しぶりに観劇記録日記です。

9月にNYに戻ってきてから、結構な数のショーを見ていますので、
順を追って、ここ数日は、それについて書きたいと思います。


まず今日は、メトロポリタンオペラ(MET)の
のシーズンプレミエ(オープニング)
9月27日の
ワーグナーの「ラインの黄金」から。

これまで毎年シーズンプレミエは、普段よりチケット料金が高く、
歌手も、プレミエと言う事で、皆たいてい、
頑張り過ぎて力が入りすぎてしまう事が多いため、
(まあ、それも勉強になると言えばなるのですが)
それらが嫌で、あまり率先しては行きたくなく、避けていました。

しかし、
今シーズンのプレミエ「ラインの黄金」(ワーグナー)は、ちょっと別でした。
というのも、これまで何十年も圧倒的な人気を誇っていた
ワーグナーのリングサイクルは、去年までで終わってしまい、
(過去記事参照;http://asakotamura.blog6.fc2.com/?q=%A5%EF%A1%BC%A5%B0%A5%CA%A1%BC)
代わりに、新演出で今年またリングが登場すると言う事で、
とても楽しみにしていたからです。

まずこの夏、私が関わった「キャンディード」の公演で一緒だったアメリカ人歌手で、
やはりMETのラインの黄金にも関わっている歌手から、
さんざんワーグナーがどれほど素晴らしいかを、滔々と聞かされ、
プロダクションのリハーサルが8月半ばに始まってからは、
これまでのオペラの歴史を塗り替えるような画期的なものになると思う!!!
僕はこの公演に関われて心底誇らしく思っている。」と、
かなりの興奮状態で、舞台、演出の様子を事細かに聞かされていた事、
加えて、
この新演出は、今までにないくらいお金をかけた、現代技術を駆使したものである事、
また、シルクドゥソレイユの演出で有名な、
Robert Repage氏の鳴り物入りの公演である事、、、などの理由から、
私の期待は膨らむばかりでした。

ところが、、、

何でも期待しぎると、やはり良くないものです。

舞台を長方形に見立てたときに
文字通り、その長方形の真ん中の真横を貫く、虹のような強大な板があり、
その板が、場面につれ回ったり、動いたり、あがったり、さがったりする
と言うのが、メインの舞台装置。

最初の幕は、その板の周りで、
ワイヤーでつるされた3人の人魚たちが(ラインの乙女)
後ろのCGを駆使した背景が、海の中を映し出し、
まるで、水の中で起こっているような錯覚を引き起こすのは大変見事で、
またその乙女たちに言い寄るアルベリヒの、
Eric Owens は、この夜私の一番素晴らしいと思った歌手の一人でした。

そして、ヴォータンの Bryn Terfel、
フリッカのStephanie Blytheは、共に素晴らしく、
堪能しました。

と歌手陣はかなりよく、私も楽しんだのですが、
でもオペラは、歌だけではない上、
特にこのリングは、いくら歌手が良くても
全体としてみるオペラの部類だと私は思っていますし、
Wow!!!!と思うところが、沢山たくさんあったものの、
何よりも、
あまりに期待しすぎたため、
普通に面白かった、と言う感じで終わりました。
もちろん、沢山いいところはありました。
それに、
舞台は、全て革新的な要素がなくてはならないと言うのは、わたしの持論ですから、
その意味でも、私は好きでした。

ただ、

普通の値段なら、とっても美味しく感じるレストランも、
すごく価格が高いと、普通に美味しいだけでは、満足できない、、、

と言うような感じで、
歴史に残る公演だったかと言われると、うーーん、、と思いました。

ただ、ここ昨今、オペラを観客として観に行ったときに、
満足できるような公演が、ほとんどなく、(METで観る事が、ほとんどですが)
大抵の公演は、腹が立って、途中で帰りたくなるか、
失望した後に、眠くなるものが多いので、
(こちらは、METの名誉のために言うと、私が、かなりオペラに対しては、
自分のことは棚に上げて、
どうしても厳しい目で見てしまうという事が理由です。
ああ、、、先日、どんなものでも勉強になる、と書いたばかりなのに、、、!!
でも、それもオペラへの愛の深さゆえだと思っていますが。笑)
最後まで楽しめたと言う公演は、久しぶりで、
やはり、かなり良かったんだと思います。


しかし、特筆すべきは、指揮のLevine氏と、METオーケストラの奏でるサウンド。
やはり、これが良くないと、ワーグナーは有り得ないでしょう。

さて、、、、続く2公演は、
つい先日観てきたばかりの、ホフマン物語(オッフェンバック)と、
リゴレット(ヴェルディ)ですが、
これは、また
別の日に、感想を書きたいと思います。


それでは!!

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

音楽を愛する2児のパパです、、、ギターを細々と弾いてます、、
これからも、、応援してます、、
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。