上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 ナイチンゲールと赤いバラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイチンゲールと赤いバラ

人気ブログランキングへ


私が小さい頃に見て、
ずーーーーーっとずーーーっと忘れられなくて
もう一度みてみたいと思っていたアニメを、
なんと今日Youtubeで、偶然見つけました!
こちらです!


ナイチンゲールと赤いバラ→ 
http://www.youtube.com/watch?v=rLxGqIGYL0A




それにしても、、、、、、、、!!!
本当に、ずっと記憶の中に何十年もあった作品なのです。
Youtubeは、本当にすごすぎます!!!!


こんな博愛主義的ツールが生まれるなんて、
心底、
いい時代になったものだと思います。。。。。。


すみません、話が逸れました。
このアニメについてですが、
これを見たのは、確かまだ10歳にも満たない時だったと思いますが、
この話は、
あまりにも悲しすぎて、衝撃的で、
これを見た時は、恐ろしいほど泣いて泣いて、
あまりにも辛くて、ノートに何かを書いた覚えがあります。
(ナイチンゲールが可哀想過ぎる!!!
あのユリアと言う女はなんなんだ!など 笑)


しかし、今見ると、なんだかあっけなくて、
こんなに短かったっけ、、、?とびっくりしました。
なんとなく、記憶の中では、2-30分くらいのストーリーだと思っていたのですが、
実際は、10分前後。。。
まあ、
小さい頃大きいと思っていた建物が、
大人になってからは案外、小さく感じる、、、など
よくある話ですけれどね。


ところで、、、、

丁度、これを見た年齢の頃に読んだ本で
やっぱり同じ位号泣したものがあります。

それは、アレクサンドル=デュマ原作の「椿姫」

原作ではなく、
たしか子供向けに書かれたものを読んだのだと思いますが、
主人公のマルグリットが
アルマンと会える事無く死んでいく、
最後の章を読むなり号泣して
こんな悲しい話、耐えられない!!!
と、やはりノートに何かつけた記憶があります。

確か号泣している私のところに、驚いて駆けつけた母に
マルグリットがかわいそうーー!!
と訴えた覚えも。笑


人は幾つになっても、
その人生でのあらゆるモティベーションは、
原体験である子供の頃に多分に在ると、つくづく思っていますが、
私の場合、
主人公が女性で、
(ナイチンゲールは鳥ですが、一応女性扱い 笑)
しかも愛する人のために死んでいく、と言うストーリーに
なぜか小さい頃から、異常に反応していたのだなあ、、、と
不思議なような、
面白いような気がしています。

何故なら、そういう女性は、オペラの中に圧倒的に多く存在しますし、
今でもやっぱり、悲劇のヒロイン、特に自己犠牲を払う役は
共感し易く、歌い演じやすいからです。
この頃まさか、
オペラ歌手になりたいと思っていた覚えは
ありませんが、
それでも、将来を予見するかのように、
この頃から、そういった女性に共感していたとは。。。


まあ、ちょっともしかしたら、子供ながらに、
カタルシス効果を感じていたのもしれません。

私の子供時代は、私が異常に繊細だった事もあり、
決してのほほんとした幸せなものでは決してなく、
かなりストレスフルなものでしたので、
それは、十分考えられます。

しかしいずれにせよ、全ての過去をひっくるめた上での
現在の私なのですから、
この子供時代には、実は、
私は私なりに、感謝しているのです。
しかも今、
悲劇のヒロインが歌い演じやすいとすれば、
それは紛れもなく、
子供時代のおかげも、少しはあったと言えるでしょうし。。。?


それではまた、、、!


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

タイトル

ワイルド作品の中でも殊にこの話は理不尽でやりきれない印象を与えます。このアニメは子供用に原作とは異なる主旨設定にしていますが、それを譲っても、稚拙な画でいささか興ざめするところがなきにしもあらずです。
それはともかく、幼少時の記憶と現実との齟齬に愕然とすることが多々ありますが、でき得れば認めぬままに(きれいごとのままに)過ごせれば、と思うこの頃です。

「幸福という名の電車」

T.ウィリアムスの有名なフレーズで始まるこの話を読んだのが、およそ5年前です。原作は、オペラのヒロインとは全然異なるものの、およそ行き場のない哀しい話。大人として理解しておかなければいけないのではないか、等考えさせられました。
ところで、男の場合は、といえば、無情にも我慢を求められる(笑い)。最近では、イチローの「心が折れそう」という言葉が、話題になりました。これは、裏返すと、でも泣かずに頑張るという意味です。
YouTubeで、蜷川幸雄演出、大竹しのぶ主演の、「幸福・・」舞台公演を探してみます。T.Okamoto
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。