上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 東京庭園美術館コンサート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京庭園美術館コンサート


人気ブログランキングへ

皆様、こんにちは。

昨日、東京庭園美術館にて、リサイタルが終わりました。
ラリークのガラスの彫刻が施された入り口や、アールデコ調のすてきなサロンは、
音響も良く、また雰囲気も素敵で、
私自身も、楽しませていただいた、よきコンサートとなりました。

実は、以前ブログにこのコンサートをお知らせさせていただいた後に
有難いことに、はやくも完売となってからは、
その後、あまりリハーサルのもようなども、お伝えしませんでしたが、
今回は、東京で歌うのがはじめての曲が多く、
練習と、リハーサルに時間を費やしておりました。

前半は、春の曲ばかり集め、
サブタイトルに「春に寄せて」と銘打っていただいたのですが、
世界各地の春の曲を歌いました。

一口に春、、、と言っても、
その感じ方、また春の様子も、国によってさまざまで
それが、詩や、曲を通して、微妙な違い、又は圧倒的に大きな違い、となっており、
私も、それぞれの国の作曲家の春の違いを、味わえて、
楽しいコンサートでした。

特に春の喜びをストレートに、時には情熱的に歌うイタリア、
それよりは、少し違った角度から、喜びをあらわすドイツの春の歌、とは違い、
春がまだまだ寒い東欧や、北欧の曲はすこし違って、
とくに、ポーランド人ショパンの「春」と言う曲では、
長く辛い冬の後、ほっとゆるんだ春に、
自分の孤独への悲しみが、おそってくる、、、と言う内容が表現されており、
その美しくも、もの悲しい雰囲気の曲は
ぜひ歌ってみたいと、興味を駆られ、今回プログラムに組みました。

歌を通して、
いろいろな人のメンタリティを理解しつつ、表現できるのは
歌手の醍醐味ですが、
昨日は、それを味わえた時間となり、感謝です。


また、写真が出来てきましたら、こちらでも後日紹介したいと思います。
それではまた!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。