上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 全国ツアー終わりました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国ツアー終わりました!

みなさま、夏真っ盛りですね。
夏ばてなどしてらっしゃいませんでしょうか?
私の家の周りでは、セミが毎日、渾身の力をこめて
その生の喜びを力一杯歌っています。

さて、今日は最後の全国ツアーのご報告です。
まずは、大阪のそごう劇場にて。
このシアターは
大阪心斎橋にあるそごうデパートの中にあり、
普通のお客さんと同じデパートの入り口から入って、
最上階まで行くと、入り口があるのです。

July+09+256_convert_20090808150446.jpg

残念ながら、この8月には、そごうデパートは閉店になってしまうと言う事ですので、
こちらの劇場も、それ以降はどうなるかわからないとの事。
そんな中、こちらで歌うことが出来て良かったと思いました。

こちらの劇場は
こじんまりとしていて、お芝居や寄席などにも、よく使われるとの事。
その為か、リハーサル時には、スタッフの方から
このステージ全体にマイク音響を入れて、反響させることが出来るという
画期的なシステムを説明され、どうするか問われましたが、
やはり、ステージにマイクを入れてしまうと、どうしても人工的な
響きになる気がして、全くマイクの効果を入れない事にしました。
とはいえ、やっぱりせっかく設備があるなら
少し入れてみようかな、、、などと迷う私に、
意外にも、”入れない”という選択をとても喜んでくださったのが
ピアノの調律師さんで、
”ここでは入れる歌手の方が多いので、残念に思っていたのですが、
やっぱり入れない方がいいです。十分、声はきれいに響いていますから
自然な方が絶対きれいですよ”
と仰って下さって、最後に背中を押してくださいました。

この日は、調子も悪くなく、大阪のお客様は
やはり関西のりで、とても盛り上がってくださって、
私としても、おおむね納得の行く良い公演となり、
終演後に、久しぶりに会う大阪の友人達とすき焼きを食べた時間も
大変楽しく過ごせました。

また有難い事に、このコンサートでは、
とっても立派なお花を沢山頂いたのですが、
祖母を喜ばせたい一心で、その花全てを
京都の祖母宅にもち帰って、(大変でした。。。。)
案の定とても喜んでくれた事、そしてそれを祖父の仏壇に捧げられた事も、とても嬉しかったです。
大阪新音および関係者の方には、お世話になり有難うございました。

ちなみに、その翌日からは、少し京都の祖母宅に滞在して観光を。。。。

大徳寺にて
kyoto1.jpg

kyoto2.jpg



さて、その次は、秩父での公演。
秩父は何度か訪れたことがあるものの、
いつも電車で行っていた為、あまり意識しなかったのですが、
今回、東京の自宅から車で2時間少しかかる秩父は、
思っていたより遠く、当日の移動はやはり、少し疲れてしまいました。
しかしながら、
会場の民族伝承館は、創造していたよりもモダンで
木に囲まれた可愛い会場でした。

声というのは、歌いすぎても疲れてしまうのですが、
歌わなさ過ぎても、やはり錆びてしまうもので、
そういった意味で、”調整”は難しいのですが、
この日のコンサートでは、前々日につい練習し過ぎてしまったせいで、
筋肉が少し疲れていて、コントロールしづらかったですが、
それをカヴァーするため、全力投球。
そんなわけで楽しいと言うより、自分と闘う舞台になりましたが、
やはり、色々なこと、全てが勉強になるものです。

終わった後は、秩父労音の方にご馳走になりました。
お世話になりどうも有り難うございました。

そして、最後の公演は、先週末に終わった函館公演。

東京が本当にうだるように暑かったため、
函館に着いたとたん、ひんやり涼しく気持ちのよい空港で
市内が19度だと知り、とても嬉しく、途端に元気が良くなったものでした。

到着したコンサート前日は、函館のお祭りで、パレードをしており、
道は大混雑。
しかし、パレード見学は楽しく、それを横目で眺めつつ
まずは、早速函館山頂へ、夜景を見に。

hakodate1.jpg

その後は、
労音事務局長のお宅に呼んで頂き、前夜祭として
歓待のおもてなしを受けました。
そこで頂いたとうもろこしは、
砂糖漬けにしたのかと思うほど、甘く美味しく、
本来は少し苦手だったはずのラム肉が入ったジンギスカンは
無言で夢中で食べてしまうほど美味しくて、
この日はダイエットなんてもうどうでもいいやーーとばかりに
おなか一杯味あわせていただきました。。。笑

翌日のコンサートでは、
函館芸術ホールの音響はとても素晴らしく、また私の調子も
おおむね良く、
ほぼ会心の出来といえる、千秋楽になったと思います。
最後には、スタンディングオヴェーションを頂き、
またBravaに混じって、有難うー!と言う声も
あちこちから聞こえてきて、
ああ、、、本当に幸せだなあ、、、と心の底から
喜びをかみ締めていました。

こちらは、リハーサル時に。

hakodate2.jpg




函館労音の皆様、本当にどうもお世話になり有難うございました。
そして、終わった後の函館の海の幸、、、、、
筆舌に尽くせないほどの味、喜びでした。
何を書いても言葉が足らないと思いますので、
写真を掲載して
皆様にも、おすそ分けできればと思います。。。。。

hakodate3.jpg


そんなわけで、長かった今年の私の夏。
この公演の成功の裏で、私は
数え切れないほどの方達に、支えていただき、助力していただきました。
その方一人ひとりにお礼を申し上げたい感謝の思いで一杯です。
しかし、それが難しい中では、
私は、自分の歌を磨き、良い歌を歌う事こそが、お礼になると思っておりますので、
これまで以上に、精進してまいりたいと思います。
また、わざわざ会場まで足を運んで聴きに来て下さった
本当に多くの方々へ。
皆様から頂いたコンサート会場での大きな暖かい拍手、歓声、そしてエネルギー、
そして
サイン会にて多くの方から肉声でその感動を、伝えて頂いたとき、
または、アンケートや、手紙やメールにて、沢山の感想を頂き、
誰よりもこの私が、感動しています。

私の歌によって、癒された、これからも生きていく元気がもらえた、
と言うお言葉は、私にとって何にも代え難い贈り物で、
私自身が、癒され、元気付けられました。

本当に、多くの皆様に支えていただきました。
これからも、これを機に、益々がんばって参りますので、
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした。

日本縦断の全国ツアー成功裏に千秋楽を迎えられたとのこと、お疲れさまでした。

僕自身を含め、多くの人が癒され、元気をもらうことができたと思います。

また、次のコンサートの機会を心から楽しみにしています。

北海道から九州までの19公演おつかれさまでした。

この日記を読んでいるだけでも移動の大変さが伝わってきて疲れました(笑)

今年の夏は7月がやたら暑く体調管理も大変だったと思いますが、それ以上にご当地の美味しいものを食べて体重管理も大変だったでしょ?

次回公演も楽しみにしています
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。