上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 鉄のハート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のハート

前回のブログで、うにを食べるのは日本人とイタリア人だけだと聞いた事があるが、 もし他の国でも食べていること知っている人がいたら教えて欲しいと書いたら、 フランス人も食べているというお知らせを頂きました。 との事で、前回の発言をここに訂正させていただきます。 ちなみに、私の単なる好奇心なのですが、 その他の国でも食べているのを知っている方が居たら、 ぜひ私までお知らせいただけると嬉しく存じます。 さてさて、、、、、 先週NYに戻ってきてから今日まで、既に3つのオーディションを受けましたが、 今日をもって、私のオーディションシーズンは一区切りつきました。 正直言って、ほっとしています。オーディションがなければないで困るのですが、 やはり、オーディションばかりが続いて、なかなか結果が出てこないと疲れるものです。とは言え、昔と比べれば随分落ち込まなくなったのですが。 昔はオーディションで、仕事が取れないたびに、何処が悪かったのか、 あそこが悪かったのか、と、いちいち落ち込んでいましたが、 本当にそんなことでは文字通り体が持ちません。 いつかも書きましたが、、、、 オーディションというものは、 例えばそのオーディションで、そこにいる誰よりもその役を素晴らしく歌い演じたところで、その役がとれるとは限らないものなのです。 それは、その役を歌うには、声が大きすぎる小さすぎる、又はやせすぎ背が高すぎ低すぎ、はてまた顔が良すぎる、歌が上手すぎるなどなど、本当に計り知れない様々な理由があるので、考えたところで仕方が無いのです。自分のコントロール外のところで決まるのですから。 この時期になると、かつて仲の良かった韓国人ソプラノの私の友人が、 しばらくこのアメリカで頑張った後に、国に帰ったことを思い出します。 彼女は、欧米の7つの声楽コンクールで優勝、または入賞するという 輝かしい経歴を持っていましたが、 その後2年間くらいずっとアメリカでオーディションを受け続けても 何も通らず、仕事をとれませんでした。 コンクールは、その曲を上手に歌った人が賞をとりますが、 オーディションというものは、その作品をプロデュースする人、または もっと言えば、その作品を商品として世に出す責任を負った人たちが、 この歌い手は、ちゃんとお金を稼いでくれるのか、この歌、この存在に 世の中はお金を払うのか、という視点から見るので、 上手に歌ったからといって、それは絶対条件ではないわけです。 あの頃は、私も彼女もその点が今ひとつ良く理解できていませんでしたが、、、 そんななか、ある日彼女は私に、 国に帰るべきか、もう少し頑張り続けるべきか意見を聞いてきました。 私は、確たる根拠も無いままでしたが、 後もう少し頑張りつづければ、きっとそのうち役がとれると思うから、 もうすこし一緒に頑張ろうと励ましたのですが、 結局彼女は、色々考えた末、諦めて韓国に帰って、音大の先生になりました。 もちろんそれもひとつの選択で、人にとって幸せの形はそれぞれですから、 私は彼女が今幸せなら満足です。でも、もし今でも、頑張り続けていたとしたら、 きっと彼女にも今頃、何かが訪れていたに違いないと思うのです。 オーディションで仕事を得るとはそういうこと、、、、 つまり、とくに競争の激しいソプラノ界では、いかに諦めないで、落ち込まないで、 止めずに、明るく、もくもくと続けていくかという事だと思うのです。 しかし、言うのはたやすいのですが、それがどれほど困難な事で 人を疲労させるのかは、私が一番よく知っています。 色々な屈辱に耐え、どんなに絶望的な状況の中でも歌い続ける喜びを失わず、 明るく頑張り続けるということは、本当にこの世界で生きていくには、 それこそが、宝石のように大切なことだと思います。 私自身も落ち込みやすい方でしたので、自分でも 長い間そう言い聞かせながらここまで来ました。 よくプリマドンナたるものは、 鉄のハートを持たなくてはならない。と言います。 どんなプレッシャーがあろうが、どんなに大変なことが起ころうと、 精神的にどんなに不安定であろうが、“何も問題ないわ”と言って、 自分の最高の歌を歌うためには、並でない心の強さが必要だと。 私はその“強さ”とは、どんな時にでも希望を失わず、 明るくいられるかという事だと思っています。 誰でも不安定な時はつい、心配になってしまったり、 マイナスのことを考えてしまうものですが、あえてそこをそうしないだけの強さ。 オーディションをうけ続けることの何がよいのか、、、 それは、自分の歌について考え続け、強い心を養ってくれるという事だと思います。 いつも有難うございます!→ 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。