上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 心に残る2つの映像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に残る2つの映像

こんにちは。 今日は最近心を動かされた映像二つについて書きます。 一つ目は、先週金曜日の夜にNHKで報道された1時間のドキュメンタリー。 韓国人オペラ歌手のベーチェチョルさんについてでした。 彼は、ヨーロッパでオペラ歌手として活躍されていた矢先に 甲状腺がんを宣告されて、 その摘出手術を受けたのですが、 その際、 声帯を動かす筋肉の切断まで余儀なくされ、 そのために後遺症で元通りに歌声が出せなくなってしまいました。 手術前の素晴らしい歌声を知っている方の中には 日本人の応援者も多数おり、 その方たちの応援と励ましのよって 京都の病院でも、その回復のために喉の手術を受けられたという事でした。 その一時間のドキュメンタリーの中では、 彼の希望を失わない明るさと、奥さんのサポート、 懸命なリハビリの様子なども多く映し出され、 彼の苦悩などは、直接的には、それ程クローズアップされていませんでしたが、 同じ歌手として、人生で一番大切な歌声を失ってしまった (正確に言うと、元どおりの歌声、ということです) 彼の歌手としての苦しみは、 少し想像するだけでも、あまりに耐え難いものであり、 番組の中で明るく振舞う彼の様子を見つつも、 我知らず、とめどなく流れてしまう涙を押さえる事が出来ませんでした。。。 私のできることといえば、 彼の回復のために、心から祈る事しか出来ませんが、 それでも、天の試練は、私たちの想像を超えるものであると 私は思っていますので 何にせよ、彼の今後のよりよき人生を祈るばかりです。 人間には、“希望”が残されていて、本当によかった、、、!!! それからもう一つは、今日観たDVDで、 ドイツの映画「善き人のためのソナタ」(原題;Das Leben der anderen) です。 社会主義が崩壊する前の1980年代の東ドイツの話で、 体制に苦しむ芸術家たちを軸に、 彼らを監視する国家保安省(シュタージ)を含む その中で生きる各々を描いた素晴らしい映画でした。 私の考える、良い映画の素晴らしい点の一つは、 私たちが、普通に暮らしていては到底知りえないような世界を 映像を介する事で、短い時間でありながらも濃く、 さらに結論や思想を押し付けず見せてくれる事だと思うのですが、 この映画も、正にそういうものの一つでした。 旧社会主義体制であった東欧で演奏などする際に、 その中で実際に暮らしていた経験者たちの、生の声を聞くにつけ、 それが本当のところ、 一体どういうものであったか知りたいと思うものですが、 いくつかの映画が それらの一片を知る手がかりとなってくれる度に 映画というものに、本当に感謝します。 本ももちろん、そういう素晴らしいツールの一つであり、 私は本を読むのも大好きですが、 こちらの想像力が大きくふくらむ本とは違い、 映画は、映像と音がつく分、 ダイレクトであり、インパクトも大きく、 優れた作品であればあるほど、人の心に与える印象には 計り知れないものがあると思います。 今日この映画の中で心に残ったのは スターリンが言ったという言葉 「この音楽を本気で聴いたものは悪人になれない」 私は、その昔誰かの言ったという 「犯罪率を減らしたければ、警官の数を増やすことよりも 一家に一台ピアノを置くことを考えろ」 という言葉を思わず思い出しました。 それではまた! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。