上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 2日目コンサートと肉まん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目コンサートと肉まん

こんにちはーー節分の日は、どうでしたか? 私は、先週コンサートの2日目を終えて、 この週末は久しぶりに、のんびりしていました。 しかし、、 オペラでもコンサートでも、 初日って、どうしてあんなに大変なのでしょうか? それなのに、プレス記者や、批評家はこぞって、 初日にいらっしゃるし、、、、(今回は違いましたが) まあでも、お陰さまで、 ここに書いた、初日の7割ほどの出来と比べ、 2日目は、 格段に楽になり、大変さは、わずか5分の1ほどになり、 出来としても、9割ほどであったと思います。 この調子で、回を重ねるごとに、ドンドンよくしていきたいと思っています! ところで、、、、 先日、横浜のとても美味しい肉まんを食べました。 ふわふわの白い皮といい、ジューシーな中身といい 大満足だったのですが、その時に、ふと アメリカに留学したての頃の、ある思い出が蘇りました。 ちょうど日本のおにぎりとか、肉まんが食べたいなあ、、などと 授業が終わった後、 マンハッタンをうろうろと、おなかを空かせて歩いていたら、 偶然にも、中国人と見られる女性が道の向こうの方で、 肉まんを美味しそうにほおばりながら、歩いているのを発見。 その人とは、かなり離れて歩いていたにも関わらず、 私は迷いもなく猛ダッシュして、彼女を追いかけ、 息を切らしながら、 「これをどこで手に入れたの?英語ではこれをなんと呼ぶの?」 と矢継ぎ早に質問。 そんな私に彼女は驚きもせず、親切に これは、Bunと英語では言って、近くのチャイニーズレストランで買った、 と教えてくれました。 有難う!といって、 私は、教えられたレストランに、直行し めでたく、肉まんをゲットして、 彼女の真似をして、道を歩きながら頬張ろうと かぶりついたその瞬間、なぜか涙が出てきて、、、、 という事がありました。 まあ、いわゆるホームシックの一種だったのだと思います。 肉まんは、厳密に言うと、日本食ではありませんが、 それでも、日本でしょちゅう食べていた私には ホームシックにかからせるのに十分な味だったのですね。 ということで、 もうずいぶん前の事になりますが、 そんな、思い出を懐かしく思い出した肉まんの日でした。 それでは又! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。