上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 また何となく嬉しかった日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また何となく嬉しかった日

きのう、ダウンタウンのある洋服屋さんのレジにて 会計をするためにキャッシャーにいくと、 信じられないくらいの長蛇の列。 恐ろしい人数を見て一体何時間かかるのかと怖気づきながらも 列の後ろに並び始めて暫くすると、 後ろから、ハミングで歌う声が聴こえます。 ふと見ると私と同じくらいの女の人が、 5点ほど可愛い服を持って、並んでいたので思わず 話しかけます。 「あなた歌手なの?」 「そうなの、ジャズを歌ってるのよ」 「へえ、かっこいいわね。」 「そういうあなたは?」 「私も歌手なの、私はオペラを歌ってるの」 「Oh My Gosh! オペラ大好きなのよ、素敵だわ!」 話しているうち、彼女はオーストラリア出身だと判明。 確かに、強いイギリス訛りがあります。 その会話をききつけた私の二人前に並んでいた婦人が突然にこにこと、 「あなたオペラ歌手なのね?ソプラノ? 私は、サザーランドが大好きなんだけど」 彼女は、さっき並んでいた私をさっと追い越し、列の二人前に横入りしたので、 思わず文句を言おうかと思った方でしたが、 文句を言わなくて良かったと思いました。 そのうち、私たち3人が話すのを聴いて、 そのオペラ好き婦人の更に二人前に並んだ人までも [私、BeverySills(ビヴァリー・シルズ)と友達だったのよ。 彼女のオペラは殆ど聴いたわ。」 と、会話に加わってきました。 (ビバリー・シルズとは、60-70年代をピークに活躍したアメリカ人のソプラノで、 アメリカでは、いちばん有名なオペラ歌手とまで言われていましたが、 残念ながら、つい先の7月に他界されました。) 洋服屋のレジの列で、こんなにオペラ談義に花が咲くと思わず、 何時間も並ぶと思われた退屈な時間も あっという間に過ぎていきます。 しかも、その場にいた3人とも、今度の私のリンカーンセンターのデビューを 聴きに来てくれるといいます。 そして、目ざとく 「あなた今度このドレスを本番で着るの?」 と買うつもりで手に持っていた少しエレガントな服を指差してこういいます。 「これは本番のガウンではなくて、 レセプションとかオーディションで着ようと思っていて、、」 [んまあ、可愛いわねえ。。。私はこんなの小さくて着られないわ」 世界中いずこも、おば様は同じです。 そして、そのうち、 「あなた、このメンバーズカード持ってる?持ってないなら、会員になりなさい、 10%オフになるわよ!それに登録料はタダ!」と、 どこかの回し者のように、勧めてくださいます。 結局、オペラの話から色々に花が咲きましたが、 あっという間に順番が廻ってきて、 「話せて楽しかったわ、コンサート行くからがんばってね」 とお開きに。 愛すべきマンハッタン。 今日も何となく嬉しかった日でした。 それでは。。。。! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。