上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 それぞれの山登り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの山登り

こんにちは、皆様。 私の今いるヴェローナでは、 今日、カルネヴァーレ(謝肉祭)ということで、 お昼に、ジャガイモをつぶしたものに、小麦粉を混ぜて作る ニョッキを食べました。 なんでも、昔飢饉のときに、とあるお金持ちが、 なるべく多くの人が食べられるようにと、 沢山ニョッキを作って、あたりの人に振舞ったことが起源だそうで 私はなんとなく、アメリカのサンクスギヴィングと話が似ているなーと思いながら、 体重を気にしつつも、おいしいニョッキを沢山食べました。 (ジャガイモと小麦粉なんていかにも、太りそうですよね。。。) さて、昨夜は、アレーナ・ディ・ヴェローナが冬の間オペラを行う テアトロ・フィラルモニコで、ヴェルディのマクベスを観て来ました。 目玉のマクベス役であるバリトンの大御所レオ・ヌッチが風邪を引いてしまい、 私と事務所を同じくするシチリア人のバリトンが、 代わりに歌うかもしれないということもあって、観に行ったのですが、 結局ヌッチが歌いました。 治りきらず歌っていた為か輝きはもう一つでしたが、 それでも、昨夜の中では一番光っていました。 ちなみに、上述の同僚のバリトン、 実は、既に先週日曜日の公演で、急にヌッチの代役として 1公演既に歌っているのです。その時の話をきくと、 なんと、その日の朝11時に歌えないかと電話がかかってきて、 たまたま車で1-2時間ほどのモデナに滞在中だったこと、 (前の日は、ジャンニスキッキを歌ったばかりで丁度オフだったそうですが、 それにしても、、、) マクベスはレパートリーだったことで、即座にやると決め、 ヴェローナに着いたのは、13時半、それから 軽く演出を口頭で説明され、コスチュームを合わせて、メイクをし、 15時半に幕は開いたそうです。 そして、公演は大成功。 えらい!そして素晴らしい! こういう話を聞くといつも、 綱渡りをしているのは私だけではないんだ(当たり前ですが) 頑張ろう、と 何度となく思ったことをまた繰り返して思うのです。 彼とは、去年の夏、このイタリアで幾つかのオーディションが一緒で、 オーディションで会うたびに、、 「また今日も何の仕事にもならないオーディションの為に300ユーロの飛行機代をかけて シチリアから来たよーー。もう俺はこんな生活はいやだ。とことん疲れた。 もう歌手なんて辞めてやる。」と、しょっちゅう愚痴っていたものです。 確かに、イタリア中掃いて捨てるほどいるソプラノ、バリトンなどにとって ほとんどのオーディションでは、何も決まらないことが多いのは本当で それを考えると暗くなってしまう為、いつもそんなことは考えず、 機械的に自分のいい所を出すだけ出して、結果は考えない、、という風に 自動的にそういうモードに入るのですが、 それにしても、やはり人間ですから、いつも以上にうまく歌えたりすると、 当然仕事を期待してしまいがちです。 「でもやっぱり、受け続けないと仕事が取れないから、やるしかないよ」と言う私に、 「僕も君くらい若いときにはそう思ってやって来てたけど、 もう僕は40だ。もういい加減オーディションはいやだ!!もう限界だ!!」 と悲壮な声を上げていました。 私はまだ40歳でなくても、既にそういう風に思うことは今まで何万回も あったので、彼の気持ちが痛いほど分かり、 環境を同じくするものだけが分かる沈黙でもくもくと二人、 帰り道を歩いていた事もあります。 実際そうして既に歌手としてキャリアを積んでいる私たちの仲間でも、 年をとるごとに1人、また1人、、とやめていき、 僕は、エージェントに転向したよ、とか、今後は大学で教える事になったと 道を変更するものも多く、それはそれで彼らは幸せそうでもあり、 オーディションが続いているが、全然仕事にならない、と言う時に こんな、働きながら年中就職活動をしているような不安定な生活、 いつまで続くのだろう、、もっと安定がほしい、と よくそういうことを考えます。 しかし、そういうときに決まって、 上記のような友達の代役成功の話など、 やっぱりもう少し頑張ろう、、ということが持ち上がり、 結局、ここまで来ている感じがします。 やっぱり、辞めるなという神様のメッセージなのかな、 と、これまで何度となく続いたこれらの試行錯誤の中 ようやく本当に最近になって腹をくくり始めました。 本当は、それに向かってチャレンジすることがあるということは、 この上なく、幸せで楽しいはずのことなのですよね。 これまで私は、頭ではそのように思えても、 なかなか心からそのように思えず、 こんなに頑張っているのになんで。。。と どこかに不満分子がありました。 でも。 最近、本当に心から、こうしてチャレンジできているだけでも 幸せな人生だと思えるようになり、 この自分の変化に何よりも感謝しています。 今日は正に私のプライヴェートの日記のような 内容になってしまい、 このまま載せてよいものか、少しためらいましたが でも素直な今の気持ちですので、 公開することにしようと思います。 では、次回はこのテアトロ・フィラルモニコで4年前に デビューしたときの話しをしたいと思います。 お元気で! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。