上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 コーチングとは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチングとは?

こんにちは。 毎回、今度こそもう少し早く更新したいと思うのですが、 最近何かれとなくバタバタしており、 なかなか出来ずにいます。 NYに戻ってきてからあっという間に1ヶ月弱経ち、 もうあと2週間後には日本に戻って、 3週間後には「1万人の第9」の本番となりました。 でも!2週間は短いようで長いですから、 帰国までに、色々まだやるべきことを片付けなくては、、 と思っております。 と言っても、12月3日の後、年末の第9までの間 もう一度NYに戻ってくるのですけれどもね。 さて、 今は主に、毎日新しいレパートリーを勉強していますが、 その合間にも、オーディションの為地方に飛んだり、 レッスン、コーチングなどをこなす毎日です。 そういえば今日は、ちょうどいい機会ですので、 今日は歌のレッスンとコーチングの何が違うのかを、 ここに説明いたします。 歌のレッスン、英語で言うところのVocal lessonとは、 実際に歌い手として勉強して、歌い手としてキャリアを築いた先生が 生徒に、発声のテクニックを主に教えると言うものです。 もちろん、発声のテクニックだけではなく、 音楽的な内容にも言及することはありますが、 言葉ではなかなか伝えづらい、 実際に歌ったものだけにしか分からない感覚や、 大事なテクニックを教える事が出来るのは声楽の先生だけであり、 アメリカ、ヨーロッパでは、歌の先生とは 音楽や様式を教えるコーチとははっきり分けて考えられています。 さてそのコーチング、 英語ではCoachが行いますが、同じ仕事をするのでも ヨーロッパではおもにコレペティトゥーアとと呼ばれ、 イタリア語ではオペラのコーチングに限っては 総譜を弾きながら教えるため、スパルティートととも呼ばれます。 ほとんどが、ピアニスト、または指揮の勉強をしている方によって行われ、 歌い方から、カデンツァや、装飾のつけ方などを含む様式を熟知しており、 又3-4ヶ国語に精通してらっしゃる方が多いのが特徴です。 音楽がビジネスとしてある程度成り立つ国には、 声楽の先生、コーチとよばれる方々は必ずいますが、 世界広しと言えども、 本当にいいコーチングをして下さる方はなかなか多くなく、 しかし、いいコーチは皆一様に似通っていると言うのが、私の印象です。 そんな中、やはりNYにはいいコーチが集まっており、 いざ何か勉強しようと思ったときには、 それを教えてもらえる先生には、困りません。 コーチによっては、 フランス人だから、他のものもコーチできるけれどやはりフランスものが専門、 とか、ロシア人で主にロシアものが専門、 と言う風に自分のスペシャリティーを打ち出している人も多く、 こういう時に、やはりNYは便利だから離れられないなあ、、と思います。 と言うことで、明日は、又コーチング。 そしてあさっては、又オーディションです。 それでは又次回。 ちなみに、NYは例年と違い、なぜか暖かい日が続いており、 今シーズンまだ一度も風邪を引いていません!(自慢) 皆様も、くれぐれもご自愛くださいませ。 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。