上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 エルパソ 椿姫回想録 最終回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルパソ 椿姫回想録 最終回

こんにちは、皆様。 さて、エルパソオペラにての椿姫回想録、 今回を最後にさせていただきますが、 今日は普段はほとんど書いたことのない、 少し専門的なことに少しだけ触れたいと思います。 (何といっても、企業秘密ですから。。。笑) 今回私の学んだことは、 なんといってもペーシング、と言う事につきます。 これは、ほぼ2時間半にわたる1本のオペラを通す中で、 どの部分でよりエネルギー、集中力を使い、強く歌うのか、 又、どこでリラックス出来るのか、と言うことを 綿密に計画して、自分のペースを作っていくことです。 椿姫のヴィオレッタという役は、 1幕、2幕、3幕と全く別物と言ってよいくらい 違う性質の声を求められる役で それは、ヴィオレッタと言う女性の持つ色々な面を 多角的にヴェルディが表現しているからに他なりません。 1幕ではより高度な発声テクニックが要求される場面が多く、 2幕では、よりドラマを表現する声を、 そして3幕では、ほとんど会話のようにすすんでゆく音楽の中で ピアニッシモを多く使ったり、声をほとんど張り上げることなく、 最後の死の場面に向かって説得力のあるドラマを作り上げなくてはなりません。 そんな中、自分の感情に任せて 最初から最後までこのヴィオレッタを歌ってしまうと、 確実に最後の幕のあたりでは声がかすれ、 コントロールの出来ない状態に乱れていってしまいます。 もちろん、オペラ歌手ですから、冷静に、、と思いつつも、 役に入りすぎて、とても感情的になってしまい、 ついうっかりと役の感情に任せて勢いで歌ってしまうという事は 避けられないことですが、 それが長く続いてしまうと、窮地に陥ってしまう確率の高い役だと、 今回リハーサルの時に、つくづく痛感しておりました。 ですので、ヴィオレッタとしてステージで生きるのはもちろん、 そうはしつつも常に左脳のどこかで、歌手田村麻子として、 ここは軽めに歌っておこう、 ここは感情に流されて声を使いすぎないようにしよう、、 と普段よりも、念の入った計算を必要とされた役でした。 それにしても、、、、 どれだけリハーサルで色々実験をし、練習を積んだとしても、 本番のあの独特の緊張感の中で得られる経験は やはり何十回のリハーサルに勝るものがあります。 これは何度舞台に立ってもそう思います。 今回は、たった2回の本番でしたが、それでも 初日よりは2日目の方が断然良い出来になりましたし、 エネルギーも本番になってしか出てきてくれない種類のものも、 私の場合は確かにあるということが今回分かりました。 では最後に、新聞でいただいた批評と写真を載せて 回想録を終わりにさせていただきますね。 では。。。! 人気blogランキングへ 本番前に相手役のテノールと。 エルパソタイムスより (2006年10月13日付) 原文抜粋; The show's success is vitally dependent on the title character; El Paso will fall in love with Asako Tamura's portrayal of this demanding role. Her voice rings into every corner of the hall, and her impassioned singing engages you throughout. Worthy of mention is her final act. With the pitfalls of melodrama waiting, she navigates the performance with a unique earnestness that fully realizes Verdi's most complete heroine. 意訳;このショーの成功は、何といってもタイトル役(主役)にかかっている。 さてエルパソは、 この大変な役を演じたアサコタムラにすっかり恋に落ちることだろう。 彼女の声はホールの隅々まで鳴り響き、彼女の熱のこもった感動的な演奏に あなたは完全に引き込まれることだろう。 特筆すべきは彼女の最終幕。 ここにはメロドラマの陥りやすい罠があるが、 彼女はショー全体を、独特なひたむきさを持って、 非常に正統的深みのあるものに、導いてゆく。 そして、 それこそが、ヴィオレッタこそヴェルディの完全なヒロインであると 私たちに気づかせてくれるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。