上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 美味しい日本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しい日本

日本に戻ってまいりました。暖かく、そして美味しくて、幸せです。 帰ってきてから色んなものを食しましたが、どれもこれも美味しくて つい食べ過ぎてしまいます。有名な京都の老舗の天ぷら屋さんにも行きましたが、 目の前で一つ一つ揚げたてを並べて下さり、こういった細やかな配慮こそが 日本の食文化の基本であり、同時に強みでもあると、再発見いたしました。 私は日本以外の国で、揚げたてをそのつど、自分のお皿に次々と並べてもらえるような形態の料理を、食べた、見た、記憶がありません。これは、日本ならではの美しい部分ではないかと、密かに考えていますが、もし他の国の料理で、経験された方がいらしたら、ぜひ教えていただければと思っています。 それから、日本のテレビも久し振りに見ました、、、。 ドキュメント、取材ものなどは文句なく面白いと思うのですが、ドラマを見たときに、かなり違和感を感じました。なぜなら、俳優、女優さんにももちろんよるのですが、概して説明的な演技が多すぎるように感じるのです。例えをいうと、あるドラマのなかで、あるキャラクターが別のキャラクターの台詞にたいして驚くシーン、、、ここでは何も、テレビの前の視聴者に対して、(驚いたよ!私!)と表現して驚いた事を説明する必要はまったくなく、本当に心の中で、驚けば良いだけの事だと思うのです。舞台ではなく、テレビならカメラがアップで表情を捉えてくれるので、尚更そうではないでしょうか。 これを見ながら、私がある高名なドイツ人のマエストロ(指揮者)に、「僕はこれまで何人ものアジア人歌手が、歌うときに大げさに手振り、身ぶりをつけて何かを”表現“しようとしているのを見てきた。これらは必要の無いことだ。」といわれた事を思い出しました。 実は、このことこそ、私がこの間から書きたいと思っていた、アジア人のハンディキャップと、大きく関わっているのです。では、この続きは、又今度、、、、!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。