上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 2011年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイヤルアルバートホールデビュー

人気ブログランキングへ


こんにちは!

いよいよ明日が、私のロイヤルアルバートホールデビューとなります。

思えば、1月24日にロンドンで稽古が始まってから
ほんの1ヶ月とは思えないほど、
実に、長いトンネルでした。

芝居もそうですが、オペラとは
通常のコンサートとは違って
一つの作品を舞台の上に乗せるまでの稽古期間が必ず必要で
その間には、
自分の解釈だけではなく、
監督(演出家)や、他の役の同僚と共に
自分の役柄を作り上げていく大事な期間であり、
オペラ歌手にいたっては、その期間前に
セリフである歌詞を覚えてくる事はもちろん
どのような状態ででも歌えるある程度のテクニックをつけておかない事と
かなり大変なことになってしまいます。

オーケストラの伴奏で、
メーキャップを施し、きちんとした衣装をつけた
「オペラ公演」に、初めて出演したのは、
東京芸大大学院時代の、モーツァルトの
「コシ・ファン・トゥッテ」のデスピーナ役でした。
その時は、4月から9月の本番まで、大学院では毎週月、水、金と稽古があり、
朝から晩まで、歌のレッスンは勿論、バレエや体操、
アンサンブル(重唱部分)の音楽稽古、
演技のレッスン、歌詞(イタリア語)の舞台発音の個人レッスン、
など、ずっと大学院の中にこもって稽古をしていたものですが、
このロンドンでの稽古の閉じこもり方には、近いものがあり(笑)
思わず、昔そんな事もあったなあ、、、と、思い出してしまうほどでした。

ちなみに、大学院では、そんな準備をしてもなお、夏には合宿をして
9月にはいると、毎日毎日稽古をして、たった1日の本番を迎えたものですが、
(そんなに準備をしてもなお、本番の前日に、”明日歌えないーー!”
と精神的に不安定になる同級生もいたりしたものですが、、、、
なつかしい思い出です。。。)
そのような歌手人生の原点を思いやると、
私もずいぶん長い道のりをよくもまあ、もくもくとここまで
歩いてきたものだなあ、、、と思います。

と感慨深くなるのも、たいていオペラの本番の前日にありがちなのですが、、、笑

しかし、今回真剣に演出家と対話して
役柄に対しては勿論、ストーリーの裏側、背景への解釈を深め、
ロンドンの美しい町並みを歩きつつも、ほとんど毎日その事を頭で考えてきた
大変貴重で、有難くもある時間は、
なぜかその昔の大学院時代を思い起こさせたものでした。

ロイヤルフィルハーモニックのオーケストラと、そのオケから
最高のパフォーマンスを引き出す指揮者のオリヴァー・グーチ氏は
躍動感あふれ、色彩豊かで本当に素晴らしく、
ロイヤルアルバートホールの形を最高に生かしたその舞台セットは
何度見ても、本当に美しく良く出来ている上、
マイクロフォンの技術は今考えられる最高のものを使っているという事で
肉声を損なう事無く、うまくホールに自然に響かせる形となっており、
それに加えて、演出家デイヴィッド・フリーマンとの、この濃密な稽古期間。

この公演は、オペラを歌うものにとっては、
とにかく文句の言えない状況が揃っていると思います。

ちなみにこちらは、
今回プロダクションが、BBCで取り上げられた時のものです。
歌っているのは、残念ながら私ではなく、別のバタフライ役のJee-Hyun Limさんですが、
様子が少し分かるかと思いますので、よろしければ、ご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=rxAJwW49giM

さあ、明日の初日に向けて、私も楽しみになってきました。
そろそろ寝る事にします。
明日の成功を祈りつつ、、、、おやすみなさい!

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

BBC interview


人気ブログランキングへ


こんにちは。

稽古も大詰めとなってきて、
いよいよ開幕が来週となりました。

それに先立って、昨日はラジオ放送のインタビューのため
演出家とDavidFreemanとともに、
二人そろってBBCへ出向いてきました。

好きな事を気軽に喋ればいいから、、、と事前に言われていたので、
あまり構えずに、本番もブースに入り、今回のプロダクションについて、
はたまた私の思う、バタフライについて、私の歌のトレーニングや小さい頃の話、など
二人のパーソナリティの方に導かれるまま、話した後、
Davidとともに、ブースを出たところで、
「ASAKO,今日はこれがライブだって、知ってた??」と聞かれ
えええええ!!!!とびっくり。

ほとんどのラジオインタビューは、これまで収録が多かった事もあり、
今回もすっかりそうだと信じて、
色々喋っても適当にカットしたり、うまくつなげてもらえると思い込んで、
何気なく喋っていたのですが、
それが、瞬時に流れていたとは、、、、!!!!

最初に、どうして最初に教えてくれなかったのだろう!?と少し
不満にも思いましたが、(後から、聞いたらついうっかり忘れていた、と言われました)
よくよく考えてみると、もしライブだと知っていたら
もっと緊張してうまく喋れなかったかもしれなかった、と思い直しました。

というのも、私にしては珍しく、落ち着いてほぼOKな英語で
喋れたかな、、、と思っていたからです。
現に演出家のDAVIDからは、
インタビューばっちりだったね、よくやった!!と褒めてもらえ、
私も、楽しいインタビューだったな、、、と思えた時間だったからです。

ということで、
結果オーライ、よかった、よかった、、、という話でした。


稽古は、今週からは、いよいよロイヤルアルバートホールで行われる事になり、
通うのが、少しだけ楽になり、嬉しいです。

それでは!
人気ブログランキングへ

ロンドンでの稽古 2

人気ブログランキングへ


こんにちは、今日も、ロンドンからです。

バタフライの稽古が始まってから、
早くも2週間と数日経ち、
そして更に2週間あとには、オープニングを迎えますが、
個人的にはまだまだ、
気の抜けない感じが続いています。

今回は、バタフライ役が私を含めて3人いますので、
毎日朝から晩まで
歌っているわけでもないのですが、
それでも、今回のプロダクションは360度が開けた舞台ですから、
特に通常とは違う動きや、覚えなくてはいけない事も多く、
毎日、何かしら、練習をしています。

また先日も書きましたが、
観光はおろか、どこかに出かける時間的、精神的余裕がまったくなく、
更に、人ごみや、寒い場所は、風邪の危険もあるので出来るだけ避けたい為、
相変わらず、文字通り家とリハーサル場所の往復ばかりです。

そんな毎日の練習の中での喜びは、
前に出来なかった事が、出来たり、
前に感覚としてつかめなかったことがつかめるようになったり、、、
といった自分の成長を自分自身で感じられる事や、
何と言っても、素晴らしい作品に毎日身を浸していられる事、
それから、、、


練習帰りに、近くのスーパーマーケットに寄る事!?です。


まだ大学生だった頃、夏休みを利用して
オクスフォードのサマーカレッジに短期の語学留学をしていた事があり、
その頃は、1ポンド200円強だったこともあり、
色々なものが高く感じた事を覚えています。

また、1999年に、カーディフ国際声楽コンクール(ウェールズ)に出場した時も、
帰りにイギリスに数週間よったのですが、やはりレートは上記とほとんど同じで、
その時に食べたマクドナルドの何気ないセットが、
日本円換算で1000円以上もして、恐ろしく物価が高い憤慨としたものでした。

まあ、あくまでも、これは私の感覚が、と言う話で、
実際すべてのものの価格が本当に、NYや東京の比べて高かったかとは思わないのですが。


しかしながら、2011年の今回。
時は、ポンドユーザーには、納得しがたいポンド安に加え、まだまだ続いている円高。
そして、
私の毎日のお買い物は、イギリス庶民の味方TESCO(テスコ)という、
大衆スーパーマーケット!


ロンドンには昔から、
ハロッズや、フォトナムアンドメイソンといった、大御所の有名なデパートがありますが、
MARKS&SPENCER(マークスアンドスペンサー)や、
SAINSBURY(センズベリー)、
Waitrose(ウェイトローズ)
など、もう少し手軽に食品が手に入るスーパーマーケットも街中には多いのですが、
このテスコは、
本当に、びっくりするような値段で、毎日嬉しい驚きが続いています。


私が、通うリハーサル場所は少し郊外にありますので、
このテスコくらいしか、
何かを買える場所がないという事情もあるものの
それでも

1つ買うと1つ多タダ!(Get one get free)や、
2 for 1 と言った、二つで1ポンド、などと書かれたお得用のものが非常に多く、
又質もそんなに悪くない、、、と言うわけで
毎日魅了されつつ買い物をしています。

というわけで、
練習が終わって早く帰りたいものの、駅に行く途中にこのテスコ
があるので、ついふらふら立ち寄ってしまい、
稽古の後に、ぺこぺこになったおなかと闘いつつ、
毎日買い物をしては、
”こんなに買ったのに、こんなに安いなんて!!!!
NYなら、これくらい?東京ならこれくらい?”

と一人で嬉しくなって、にやにやしながら、帰るのが
日課となっています。

ふふふふ。。。。


今日なんて、可愛い袋に入ったドーナッツ5個が、
1ポンド(大体140円位?)で、
 えー安すぎ!!!??
と思い、こんなもの太るからやめた方がいいのに、、、と思いつつも
ジーっと見ていると、なんと小さく例の 2 for 1
と言う文字が、、、、!!!!!


と言う事はつまり、ジャム入り、もしくはクリームまで中に入ったドーナッツが、
5個入りの袋2つで、1ポンド!?
つまり、ドーナッツ1個は、10ペニーー!?!
しかも美味しそう!!!


となると、
食べる食べないの問題ではなく、
もう買わないわけにいかないでしょう、、、、と思い、
つい買ってしまいました。

あーーあ。。。

でも全部食べなければいいのだわ、、と思い、同僚たちとも分けようと思ったのですが、
その多くが、日頃から、とにかく野菜を食べまくっており(歌手はみんな例外なく健康志向です)
あまり手をつけてくれません。


と言う事で、私はとっても我慢して、ドーナツ2個に抑えました。

われながら、本気でかなり偉い、、と思いました。
でも、ほんとは買わなければいいんですよね。。。


が、
しばらく私と、このテスコとの関係は、続きそうです。
少なくとも、初日まであと2週間くらいはまだまだ。。。。

なるべく気をつけようと思います。色々と買い過ぎないように。。。


人気ブログランキングへ

ロンドンでの稽古、始まる

人気ブログランキングへ



こんにちは。

先週から始まったロンドンでのマダムバタフライ公演の稽古ですが、
予想していた通り、
毎日毎日文字通り、朝から晩まで稽古で
滞在先と、練習場所の往復をするだけで、
他に、何も出来ない毎日です。
まあ、それは、私が不器用で要領よく他のことも出来ないから、、、と言う事とも
関係しているのですが。笑

とはいえ、きのう日曜日は、ようやく初めてのOFFでしたので、
ようやく、時差ぼけが収まってきた事もあり
1日寝ていました!
まず昼まで寝て、そして昼ごはんを食べて、又夕方まで寝て、
そしておきて夜ご飯を食べて、ちょっとだけ罪悪感に駆られて練習してから
又寝て、、、

というわけで、今日はすっかり元気を回復して
練習に行ったのですが、
またまた朝11時から夜9時半までみっちり音楽稽古と
ステージングで、またまたぐったり、、、。

それに加えて、先週土曜日は
子役たちとの練習を行ったときに、
何度も練習の間、子供たちを抱きかかえて歌っていたため、
腕が筋肉痛になってしまいましたし!

本当に、オペラは、体力が必要だと思いますが、
まあ、何の勘の言っても、
素晴らしい作品と、同僚に囲まれての
心地よい疲れですから、
有難いものです。

では、最後に、過去のプロダクションの舞台の様子を
こちらに載せて終わります。
今回も大体同じ感じになると思います。

それでは!!
butterfly london

人気ブログランキングへ
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。