上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 2010年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京庭園美術館コンサート


人気ブログランキングへ

皆様、こんにちは。

昨日、東京庭園美術館にて、リサイタルが終わりました。
ラリークのガラスの彫刻が施された入り口や、アールデコ調のすてきなサロンは、
音響も良く、また雰囲気も素敵で、
私自身も、楽しませていただいた、よきコンサートとなりました。

実は、以前ブログにこのコンサートをお知らせさせていただいた後に
有難いことに、はやくも完売となってからは、
その後、あまりリハーサルのもようなども、お伝えしませんでしたが、
今回は、東京で歌うのがはじめての曲が多く、
練習と、リハーサルに時間を費やしておりました。

前半は、春の曲ばかり集め、
サブタイトルに「春に寄せて」と銘打っていただいたのですが、
世界各地の春の曲を歌いました。

一口に春、、、と言っても、
その感じ方、また春の様子も、国によってさまざまで
それが、詩や、曲を通して、微妙な違い、又は圧倒的に大きな違い、となっており、
私も、それぞれの国の作曲家の春の違いを、味わえて、
楽しいコンサートでした。

特に春の喜びをストレートに、時には情熱的に歌うイタリア、
それよりは、少し違った角度から、喜びをあらわすドイツの春の歌、とは違い、
春がまだまだ寒い東欧や、北欧の曲はすこし違って、
とくに、ポーランド人ショパンの「春」と言う曲では、
長く辛い冬の後、ほっとゆるんだ春に、
自分の孤独への悲しみが、おそってくる、、、と言う内容が表現されており、
その美しくも、もの悲しい雰囲気の曲は
ぜひ歌ってみたいと、興味を駆られ、今回プログラムに組みました。

歌を通して、
いろいろな人のメンタリティを理解しつつ、表現できるのは
歌手の醍醐味ですが、
昨日は、それを味わえた時間となり、感謝です。


また、写真が出来てきましたら、こちらでも後日紹介したいと思います。
それではまた!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

桜とファッションの春

人気ブログランキングへ


こんにちは、

ここ何年も、桜の咲く季節に日本に帰って来ていなかった為に、
久しぶりの日本の満開の桜を見ると、
ことさら胸に沁みます。。。。。
と言っても、そろそろ東京は満開も過ぎ、
葉桜になりつつありますが、、、


アメリカ(NY)で、初めて満開の桜を見たときに、
何かが違う、、、と思ったことを覚えていますが、
アメリカの桜と、日本の桜は、
アメリカと日本の違いそのもののようにも思えることがあります。

アメリカで見る桜は、ピンク色が少し強く、
咲き誇る感じ。

かたや、日本の桜は、満開で咲き誇っているときでも、
散り行くときを自ら知っているかのように、どこか寂しげというか、はかなげで
もっと繊細な感じ。

最初は、
種類が違うのだと思っていたのですが、
日本から送られてきたという、日本で見るものと同じ種類の桜でも
土壌の違いで、日本とは同じように咲かないと聞きました。

土や水や空気の影響で、
同じ種でも、色や大きさ変わるなんて、、、と驚きましたが、
日本と同じ野菜の種を外国で植えても、やはり違うように育つと
農家の方にも聞いたことがあります。

面白いものですね・・・・

さて、そんな中、
私は毎日のように外出して春を満喫していますが、
最近、なぜかファッション業界に縁があるようで、
今日は、
オバマ大統領夫人のファーストレディ・ミシェルさんが
大統領就任記念パーティーにて
着用された服をデザインしたことで、一躍有名になられた、
若きデザイナー、Jason Wu(ジェイソン ウー)さんの
来日記念パーティーに行って参りました。

表参道のおしゃれな、セレクトショップのビルにて
色々なファッション業界の方がひしめく中、
Jasonさんは、いがぐり頭で、とても若々しく(実際、27歳とお若いのですが!)
そして感じよく爽やかに、取材や挨拶をこなしてらっしゃいました。

彼のドレスは、そんな彼の人柄を表しているほかにも、
これまで色々な国で育ってきたと言うバックグランドが色濃く反映され、
色々な要素が含まれており、
台湾人の血を引く彼が、幼い頃に色々な国で、
さまざまな人や文化に触れて、
洋服に目覚めていったことに思いを馳せ、
なぜか、少し胸が熱くなりました。

そして、胸が熱くなったと言えば、、、
同時に、同じ年代でやはり活躍しているもう一人の
日本人男性デザイナーの方を紹介しないわけにはいきません。

彼の名は、堀内太郎さんと言って、
私が海外に出て勉強を始めたばかりの頃に、大変お世話になった方の
息子さんです。

その太郎さんの作品の展示&受注会にも、
やはり呼ばれて、先日出かけて来たのですが、
彼も、やはり前述のWuさんと同じく、
幼少期より、さまざまな外国で育ってきた方ですが、
彼の服は、
もっと哲学のはっきり表出したもので、
強い魅力を放っているという点では、WUさんと共通するものがあり、
私も、その日、1点購入させていただきました。

前述の桜の木のように、
植物は、一定の場所でしか育つことが出来ませんが、
人間は、
いろいろな土地の水や空気と言った風土により
その考え、メンタリティ、感覚をはぐくむことが出来ます。

そして、感覚の非常に鋭敏なアーティストの場合、
自分と言うフィルターを通して、
各々個人の中で、それら色々な経験や体験を融合させて
うまく表出することが出来ることがあります。

この若くて、前途洋洋たるデザイナーたちの
今後の活躍を心から願ってやみません!!




人気ブログランキングへ

五味子茶

今日、とある歌の生徒さんから、
とっても、興味深いものをいただきました。

その名も、、、、五味子茶(おみじゃちゃ)

甘み・苦み・辛み・酸味、塩味の全てが入ったお茶で、
その日の体調によって、感じる味が違うと言われる
不思議なお茶で、
そういった不思議なものが大好きな私は、
生徒さんから一口いただいて、試しに飲んでみました。

すると、、、、


スッパーーーイ!!!!

レモンのようにめちゃくちゃ酸っぱくて、思わず叫んだら

「それは、疲れてるってことですよ」

と生徒さんから言われたのですが、なんだか納得できず、
近くにいた父にも、試しに飲んでもらうと、

「甘くもないし、酸っぱくもないし、強いて言えば、苦いかな、、?」
と、私とはぜんぜん違うことを言うではないですか?

更に、生徒さんは、私のレッスンが終わったばかりで疲れているであろうにも拘らず、
「私も、そこまで酸っぱくはないです。」とさわやかな顔。

同じものを飲んでも、こんなに味が違って思えると言うことが、
改めて不思議に思えてきて、
このお茶に、はまりそうです。

よく、料理も疲れてるときに作ると、塩味が濃くなるといいますよね?

これまで美味しいものはみんなが美味しいと感じると信じてきたのですが、
その時の、食べる人の健康具合で、味はどうとでも変わることを
当たり前のことながら、再認識。

そういえば、どんなに良いコンサートでも、
受け手である自分の具合が悪かったり、余裕のないときは
やはりその素晴らしい演奏が心に響いてこないときもあります。

そう考えてると、音楽も、少なからず五味子茶のような要素を持っているとも
言えるかな、、、と、思ったりもします。
たとえば、
自分が疲れているときは、この音楽のこの部分が、胸にやけに沁みる、、、とか
幸せなときは、さらにその気持ちが増長されるかのように、元気付けられる、、とか、
歌なら、
今日はやけにこの曲が甘ったるく聞こえるとか、
いつもは気にならないようなボーカルに、癒される、、などなど。

味も音も、また目に映るものも、はたまた匂いも、触るものも、
五感を刺激するものは、全て自分の状態のミラーなのでしょうね。

では良い週末を!!

人気ブログランキングへ

先日のEscadaのイヴェントでの写真をいただいたので、アップしておきますね。
Escada+in+Mitsukoshi_convert_20100402212647.jpg

これは、Escada新作の色で、他にも「イパネマの娘」のような南米をモチーフにした緑と共に、
ファッションショーでも観客の目を奪っていました。

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。