上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 2009年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走の1週間

こんにちは!

前回より1週間ぶり更新になってしまいましたが、
皆様、忙しい年の瀬をどのようにお過ごしでしょうか?

いろんなことのあった1週間でしたが、それをまとめる為にも、
また食べ物週間日記にしたいと思います。
この時期ダイエットは難しい。。。。!!


12月21日(月)

この日は、夜に東京文化会館で第9の本番だった為、
午前中から、なつかしの母校のある上野に早めに行き、
学生時代に好きだった、あんみつ屋の「みはし」に寄るが、
満員で待たなければならなかった為、断念。
しばらくあたりをウロウロしてノスタルジーに浸るが、
リハーサルの時間が近づき、文化会館へ。
本番では、
西本智実さんの指揮と東京交響楽団の音が
とにかく素晴らしく、3楽章では、思わず涙が溢れる。
東京文化会館の大ホールで歌うのは、
音大卒業時に出演した”読売新人演奏会”以来で、
その
素晴らしい音響の中、
ホール中を廻って戻ってくる自分の声に、
久しぶりに、幸せな気分になりました。
終演後は、上野のNAGAFUJIで、イタリアンを思いっきり食べまくる。

22日(火)

午前中に生徒さんのレッスンをした後、
大急ぎで天王洲アイルのテレビ東京スタジオに向かい、
インターFM「Notte di Opera」の打ち合わせ、そして収録。
2回目の収録では、
1回目の緊張が少し払拭されたものの、
まだまだオペラの楽しさを伝えきれていなかったような気がして、
しばし反省しつつ、次の約束へ。
夜は、久しぶりに会うロンドンからの友人と、西麻布の権八へ。
雰囲気は抜群、何を頼んでも、ドレを食べても美味しく、
又久しぶりの会話は、最高に楽しく盛り上がり、
とても幸せな夜でした。

23日(水)

この日は、1日、Msterio(ミステリオ http://www.msterio.com/)
のクリスマスパーティーの為、
朝早くからリハーサルの為、高輪のアメリカンクラブへ。
Silent Night(きよしこの夜)を、
この日はマイクを持って、
サラブライトマンのように、クロス・オーヴァー風に歌ってみた。
この夏は、キャンプに参加できなかった為、
1年ぶり、何年かぶりに会う顔にも久しぶりに会えて、
充実した良い時間を過ごす。
昼のビュッフェに飽き足らず、
夜のアメリカンクラブのダイナーでは、とっても美味しいステーキコースを堪能。
又おなか一杯食べて、この日も大満足。

24日(木)

午前中は、たまった用事を家で片付けた後、
昼から、又天王洲アイルに向かい、3回目のインターFMでの収録。
かなり慣れてくるも、やっぱりやればやるほど、
ラジオは奥が深い。
もっともっと皆に楽しんでもらえる番組にしたいと
更に欲が出てくる。
収録後には、アイボリーのポインセチアとワインを買って、弟宅へ集合。
両親も共に、弟夫婦などと、家族のクリスマスを過ごす。
久しぶりの母の料理美味しかったーー!また
義妹のスイーツもサプライズで美味!
と言う事で、又おなか一杯食べる。。。。。

25日(金)

ようやく少しのんびりするが、
午後からは、NYから一時帰国してきたヴァイオリニストの友人と再会。
渋谷でお茶していると、偶然何年かぶりに、歌手の友人とばったり遭遇。
彼女は、今双子を妊娠中で、
偶然の再会と、おめでたいニュースの相乗効果に、
街なかなのに、二人で大笑いしあい、暖かい気持ちになる。
買い物をした後、翌日からのパッキングをする為に、早めに家路へ。
この日はおうちで、ご飯。軽くうどんを食べる。
夜は、ようやく見たかったDVD「ダーウィンの悪夢」を鑑賞、
またもや色々考えさせられる。

26日(土)

朝東京を出て、大阪へ向かう。
大阪センチュリー交響楽団と佐渡さんと、第9のリハーサル。
緑地公園の練習場所で行われるが、
今年は暖かくてびっくり。
リハーサル後のちゃんこ鍋は、ほんとーーうに美味しくて、
佐渡さんとソリストの私たちの席に盛ってあった具材は
次から次へと私たちのおなかへと消えてゆく。。。。!
それにしても、その味もさる事ながら、
目の前に山のように盛られたもやし、白菜、にら、えび、貝、豚肉、つくね、、、
などの、具材は、ものすごい量で、圧巻でした。

27日(日)

そして今日本番!
昼のゲネプロの後、15時より本番。
素敵な花束や、美味しい差し入れに幸せを感じつつ、
今年も、又熱い21世紀の第9の1日目は、
また素晴らしい出来で幕を閉じた。

演奏会、パフォーマンスは、同じ曲であっても、
1度として同じ舞台は無い。
毎回毎回、全てが違う。
佐渡さんとの第9は何度やっても、毎回新鮮で、
本当に素晴らしい思う。
今日も胸いっぱいに音楽のエネルギーで満たされた後は、
やはり1年ぶりの友人と中華の夕べ。
私の大好きな中華をおなか一杯食べる。
そして、これを書いている今も、夜中なのに、まだ苦しい。。。。


と、今週は、本当に、美味しいものをおなか一杯食べさせてもらい、
胃が拡張している気がします。
それでも、幸せが詰まっている気がして、気分は幸せなのですが、
体重計にしばらく乗っていないので、少しだけ不安ですが。。。


ということで、
今年も、こんな不定期なブログにお付き合いくださいまして、
本当に、どうも有り難うございました。
今年は、忙しくてなかなか更新できない時には、
もうブログをやめようか、、、と思いながらも、
クリックして下さる皆様の存在のおかげで、
何とか続いてきましたこと、まずはお礼申し上げます。

来年も、更新頻度はこれまでと変わらないと思いますが、
でも、何とか細々でも続けていきたいと思っていますので、
引き続きの、ご愛読をよろしくお願いいたします。

それでは皆様、どうぞどうぞ良いお年を。。。。!!!


人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

2010年アレーナ・ディ・ヴェローナ来日!

皆様、こんにちは。
明日はいよいよ冬至、いよいよ本格的に
晩秋から冬に突入、、、、と言う感じですね!

さて、
急ですが、今日はお知らせです。

2010年にテレビ東京さんの招聘で
プラシド・ドミンゴとアレーナ・ディ・ヴェローナ(野外劇場オペラ)が
日本で、2日間だけ公演をします。

タイトルをご覧くださった方は、
「では、それに麻子さんが出演されるのね!?」と
嬉しいカン違いをして下さったかもしれませんが、
残念ながら、そうではなく、
今回は、その告知をする為のラジオ番組のパーソナリティを
この12月から来年2月に渡って、
務めさせていただく事になりました。
番組名は、ずばり

Notte Di Opera(オペラの夜)


そして、実は昨日が収録の1回目だったのですが。。。

テレビ東京の斉藤一也アナウンサーと共に、
和気あいあいと、楽しくもエキサイティングにあっという間に
時間が過ぎました。


右から順に、斉藤アナ、田村麻子、そしてその横お二人は特別コーナーでお話して下さる今回のプロデューサー、
グラツィアーノ・マリオ・スフォルツァ氏と葉梨忠男氏の両氏です。
Dec09+(132)_convert_20091219004002.jpg


合間には、ふんだんに素敵なオペラの曲や
それ以外のオペラに関連したポップスや曲が流れる中、
軽快な斉藤さんに助けられて、
私も皆さんに、色々と楽しんでもらえるよう、
クラシックやオペラの話を色々と取り込みました。

この公演に行く事になっている方はもちろん、
オペラに興味のある方にとっても、
かなり楽しめる番組になっていると思いますので、
是非ぜひ、お聞きくだされば幸いです★


1回目のオンエアーは、もうすぐで、

12月20日(日)20:00~20:55
インターFM(76.1MHZ TOKYO)
です。

そして、来年のドミンゴとアレーナの公演は、

2月13日(土)開演17:00 ドミンゴによるオペラガラコンサート
2月14日(日)開演15:00 アイーダ全幕

詳細は、こちら → www.arenadomingo-tokyo2010.com/

ぜひぜひ皆さん聞いてくださいませ!

それでは又次回に!!
人気ブログランキングへ

弟の結婚式

こんにちは。

さてこの1週間も色々な事がありましたが、
私にとってもっとも心に残っているのは、
弟の結婚式です。

ポール・ボキューズというフレンチの最高峰と言っても差し支えないであろう
料理長の提供する味が楽しめる
Maison Paul Bocuse(メゾンポールボキューズ)で
式も披露宴も行われましたが、
私にとって、これまで出席した中で最高の結婚式でした。。。!
と言っても、身内の結婚式だから
当たり前かもしれませんね(笑)

式では、まさか泣くとは思っていなかったこの私が
弟とお嫁さんの、二人の姿がバージンロードに現れた瞬間から号泣。
式の間中、涙が止まらず、我ながらびっくりしました(照)

そして、ものすごく楽しみにしていた披露宴での料理は、
やはり、並々ならず美味しく、
披露宴の最後には、3曲歌う事になっていた為、
満腹になってしまうわけにも行かず、
食べないで、後にとっておいて頂くのは、かなり辛かったです。

。。。ということで、
少し皆様にも、当日のメニューをこちらに。そして短いコメントを
下につけました。



●アミューズ ブーシュ
(この日は生サーモンのタルタル風のものでした)

●1975年にエリゼ宮にてV.G.E.に捧げたトリュフのスープ
(このスープは、彼の十八番だけあって、さすがに美味しかった!
上品かつ深い味わいの中に、フォアグラ、トリュフ、牛の頬の肉が
贅沢に混在していて、今までに食べた事のない味わいでした)

●イトヨリのポワレ ジャガイモのクルスティヤンをウロコに見立てて
(こちらの、ウロコに見立てたジャガイモがなんとも言えず、美味しかった!)

●鴨胸肉のロースト ジャガイモのドフィネ風 薫り高い赤ワインソース
(この後からは、満腹を恐れて、歌い終わった後に冷たいものを食べたので、
なんとも言えないのですが、冷たくてもとても美味しかったです!)

●ボジョレーの畑から届くグラニテ
(この日は、グレープフルーツのシャーベット)

●至福のウエディングケーキ
(こちらも甘さ控えめで美味しかったーー)

そして、コーヒー、小菓子


。。。こうして書いていると
又おなかが空いてきて、又食べたくなってしまいそうです。

ダイニングには、
ティファニーのステンドグラスや
部屋中央のシャンデリヤが美しく、(そしてまた音響も結構良く)
素敵な空間でしたので、もしご興味のある方は、
こちらをご覧になると良いかと思います。
http://www.paulbocuse.jp/maison/


ところで、肝心の写真ですが、
こちらは、近日中にUPいたしますね。

弟も、お嫁さんも
当日は光り輝いていて、本当に思い出に残る良い式だったと思います。
お二人とも、末永く、お幸せに!!!!!


人気ブログランキングへ

東御市クリスマスコンサート&一万人の第九

こんにちは、皆様。

あっという間に、前回より1週間も経ってしまいました。。。!

さて、先週金曜日は、長野県東御市にて、
テレビ信州さんの企画の、
私のクリスマスコンサートがありました。


前半はクリスマスにちなんだ曲や、宗教曲を集め、
後半は、日本歌曲と、先月歌ったばかりの石坂さん訳詞のリーダークライスや、
イタリアのオペラアリア、フランスのオペラアリア、、と色々な曲を歌いました。

舞台は、本当に生き物で、毎回毎回、一度として同じであった事はありません。
今回は、前半で Panis Angelicus(天使の糧)と言う歌の
前奏を伴奏の江澤さんに弾いてもらっている時に、
突然こみ上げてきたものがあり、何というか泣き出しそうな気分になってしまったのですが、
少しでも泣くと声が変わってしまうため、何とかそれを抑えて歌いましたが、
何と言うか、自分自身まで
神聖な気分になった前半でした。

とはいえ、いつもの事なのですが、
やはり私は、オペラアリアを歌う時間が来ると
わくわくしてくるので、
この日も、やはり一番自分自身でも楽しめたのは
後半の最後のオペラアリア3曲でした。
やはりこれまで一番勉強してきた分野がオペラだと言う事、
その人物になって歌い演じる事が出来る為か
のびのび表現が出来るからかもしれません。

さて
コンサートを終えた後は、
テレビ信州さんの計らいで、長野の美味しいスペイン料理やさんで
美味しい宴!本当にどうも、有難うございました。

そして、翌日は朝から、大阪に移動し、
一万人の第九のリハーサル。
今年で4年目になりますが、
やはり、リハーサルではいつも
1万人の合唱団の方々のエネルギーを感じ、
とても元気を頂きます。
翌日の本番も、やはり毎年通りとてもスペシャルなもので、
今年は、特に更に色々な面で一段と深いものが
出来上がった気がしました。

この模様は、例年通り、
12月23日16時より毎日放送/TBSにて放映されますので
よろしければ、是非ごらんくださいませ。
(私のソロは、やはり例年通り多分5秒くらいかと思いますが、、、笑)

以上、駆け足での後追い報告期でした!
それでは、ごきげんよう!!!!


人気ブログランキングへ



ルワンダの涙

皆様こんにちは!

きのうは珍しく何も用事のないOFFだったので、
久しぶりにDVDの映画を観ました。
ここのところ、ずっと忙しく1本の映画をゆっくり観る時間がなかったので
前からずーーっと観たいと思っていた
「ルワンダの涙」(原題: Dog shooting)を見ました。

きっと観終わった後は、社会の不条理に又怒り、
涙するのだろうから、本番が近い時は眠れなくなっても困る、、、

観るのを避けてきたのですが,
(と言っても、この金曜日は長野でリサイタルと、週末には
大阪で”一万人の第九”があるのですが。。。)
本当にそれは、正解でした。

社会の不条理、、、と言うよりも、
人間の弱さ、無力さに失望し、しかしそれと同時に
いつもそういう思いをした時に感じるような
”私は一体社会に対して、何が出来るのだろう、、、??”という思いに駆られ、
一晩あまり寝られずに、色々と考えてしまいました。

民族紛争、対立と言う問題は
この映画の中のツチ族、フツ族のものだけに限らず、
昔も今も、世界中にごろごろしています。
そこに他国、または国連が介入しても良いものか、
又、するとしたらどの程度、、、、
と言う問題は
非常にデリケートで、一概に論じられるものではないと思いますし、
私にも、結局のところ、考えにまとまりがつけられません。

子供たちの喧嘩にそれぞれの親たちが介入して良いのか、良くないのか、
クラス内の生徒のいじめに先生が仲裁に入るべきなのか、入らないべきなのか、、、
入っても根本的な解決がなされない限り、更に酷いいじめが
あとで待っているのではないか、、、など。


実は私は、
もうかれこれ、2年ほど前から友人たちと温め、
練ってきたあるプロジェクトがあります。
もうすぐ、形になり、皆様にお伝えできるかと思うのですが、
公表するには、まだあと少し早いと思いますので、
その時が来たら、
こちらでも書かせて頂きますが、
そのプロジェクトには、国連(UN)の中の
ある組織が関わっています。

私は、そのプロジェクトの遂行過程の中で
上記のような事を、しょっちゅう考えてきました。

何かをすぐに変えるということは出来なくても、
真摯に考え続けてゆく事で、
きっと何か良い考えが浮かぶはず、、、と強く思っている私は、
今は、思いつかなくても、
きっといつの日か納得できる事が出来ると信じています。
その日は、遠いのかもしれませんが。。。

それでは又!

人気ブログランキングへ

sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。