上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラシティでの京王音楽祭

おととい
京王音楽祭が終わりました。

”フランス”がテーマの今回ということもあり、
私が歌うことになっていたのは、
フランス人作曲家グノーのオペラ「ファウスト」より
人気のあるアリア、”宝石の歌”と
パリを舞台にしたヴェルディ作曲の「椿姫」の中の白眉、
ヒロイン、ヴィオレッタによるアリアでした。

スタッフが座るいすも無いんです、、、とおっしゃるほど
満々席のオペラシティのコンサートホールでしたが、
いつも通り、抜けるような響きは素晴らしく、
初めてご一緒した指揮者、金聖響さんと、
オペラをもっとも得意とするベテラン東京フィルさんのお陰で、
とても気持ちよく、最高の気分で演奏させていただきました!
やっぱり、オペラは、オケに限る!と
原点を改めて思った夜でした。

こちらは、楽屋にて。
ヴィオレッタを歌うときはこのドレス、と決めています。笑
September+09+211_convert_20090929190850.jpg


それでは、又すぐにお目にかかれますように。
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

シューマンのリーダークライス

こんにちは!

最近、
今年後半の主なスケジュールを、ホームページにアップしました。
私の演奏を聞いてみたいな、、、と思ってくださる方がいらっしゃいましたら、
是非、こちらを参考にして、来ていただけると大変嬉しく思います。

www.asakotamura.com


さてまずは、明後日オペラシティで行われるガラコンサートですが、
今日早速、東京フィルさんとのリハーサルに行ってきました。
早くも完売してしまった人気コンサートで、
内容も盛りだくさんで面白く、
楽しいコンサートになりそうです。
またあさって以降、ご報告いたしますね。


それからこの秋、私が特に楽しみにしているのは、
石坂浩二さんプロデュースの、
ドイツ歌曲の最高峰の一つと言っても過言ではない
LiederKreisを、石坂さん自らの訳詞で、私が歌わせていただくと言う
コンサートです。



私にとってシューマンとは一言で表すことの出来ない
大きな存在であり、私の敬愛する作曲家の一人です。



その昔、まだ私がピアニストを目指していた13歳の頃、
ピアノの先生よりある日、シューマンのアラベスクを
練習の課題として与えられました。

この曲は、美しく繊細なのはもちろん、同時に
ほろほろとすぐに溶けて崩れてしまいそうな、危うさというか
はかなさを持っており、この曲を練習するたびに
どこか、切ない気分になり、
こういう曲を作ったシューマンとはどんな人だったのだろう。。。と
よく、彼の内面に思いを馳せていました。

それからほどなくして、
シューマンが、狂気のうちにこの世を去った人だと知り、
また先生のレッスンにて、
ほらこの部分で、あなたは彼が精神分裂だったことがわかるでしょう、、
と言った中間部分、の音楽的変化を改めて見ると、
その何とも言えない、不可思議な様子も、それで納得したものでした。

そして、
アラベスクの後は、アベッグ変奏曲、ノヴェレッテン、、、など
色々なシューマンの作品を練習していく内に、
その熱さ、濃さ、そしてその重さ深さに
どんどん魅かれるようになってゆき、そのうちに、
クライスレリアーナ、シンフォニックエチュードと言った
もっと高度で難解なテクニックを要する作品も
いつか必ず、弾いてみたい!!と
胸に秘めるようになっていきました。
残念ながら、
その後数年して、
私がピアニストになる夢をあきらめてしまった為に
それは叶っていないのですが、
でも、いつか時間の出来たときに
必ず練習して弾いてみたいと思っています。

少し話が反れましたが、そんなわけで
シューマンは、10台の頃の私にとって、
大きな存在の一人でしたが、
歌の道に変わった私は、また
彼の作品に出会い、そして
又恋に落ちるのです。

ということで、
音大時代から、私の憧れのドイツ歌曲トップ3は
今でも全く変わっておらず、それは
すべてがシューマンで、

詩人の恋(Dichterliebe)
女の愛と生涯(Frauenlibe und liebe)
そしてリーダクライス(Liederkreis)

の3つなのです。

これらは、あまりの憧れの為に
通して練習することがなぜか出来ず、
(まだ自分が、歌ったり練習するには、畏れ多い
と言う気持ちがあったからかもしれません)
その昔に、
ピアノ部分も何度も弾いては、涙し
その歌詞を詠んでは、その奥行きの深さにため息をつき、、、、
ということを何度もしたものでした。

そんなわけで、
シューベルト、シュトラウス、メンデルソゾーン、R.シュトラウスと言った
ドイツリートを人前でこれまで歌うことはあったものの、
シューマンだけは
Widmungという1曲を除いては、
これまで一度も人前で歌ったことがありませんでした。


それは、生半可な勉強で
これをステージで歌うのは、自分のセンスとして
許せなかったということも、あると思います。

しかし、今回縁あって、このようなお話を頂き、
せっかく浜離宮朝日ホールと言う
響きの良いホールで
昔から憧れていたシューマンを歌うチャンス。

ドイツ語を話せず、
又ドイツリートは、その言葉と音楽のあまりの密接さの為に、
その素晴らしさとは裏腹に、
つい敬遠しがちだったのですが、
今回は、そのワンクッション前の日本語訳詞での演奏。
これは、心して取り掛からねば、、と思うと同時に
ありがたく歌わせていただく事になりました。

ということで、
こちらは、この秋、皆様に一番、聞いていただきたい公演です。
これからどこまで、
シューマンの魂に近づけるかわかりませんが
ベストを尽くしますので、ぜひ
皆様と素晴らしい音楽をシェアできる一夜になればいいなあ、、と願っております。

ちなみに、1部のリーダークライスの後、2部は
バリトンの同僚も交えての、オペラアリアの夕べです。
がらりと変わって、声の饗宴となりますので
きっと、その変化のある舞台は、楽しいものになるかと思っております。
私のほうは、内側の切り替えが少し大変かと思いますが。。。笑

ぜひ、楽しみにしてらしてくださいね!

チケットのお求めはこちら
http://eplus.jp/sys/T1U90P006001P0050001P002032795P0030001P0007P0010200



最近は、少しさぼり気味のブログでしたが、
芸術の秋、、、ということで
またそろそろ、豆に更新をしてゆきたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします!では又次回に、、、!


人気ブログランキングへ

週間たべもの日記

こんにちは、
きのうヨーロッパから日本に戻ってきました。
時差ぼけもあまりなく、結構元気です。

さて今日はいつもと趣向を変え、
どこかの週刊誌のように、
この1週間、食べたものをつける日記にしようと思います。
というのも、日本に帰ってきてみると
先月日本を出発したときよりも Xキロも体重が増えており(!)
何をどのように食べたのか検証したい気持ちもあり。。。

ということで、
まずは、前回ブログの翌日の土曜日より。

この日は、知人のNatashaにランチに呼ばれました。
彼女が私のために張り切って作ってくれた
フェタチーズの入ったギリシャ風サラダ、タラのマリネ(ハーブが利いて美味しかった!)、
レバノン料理風に、彼女自身の焼いたピタと共に、
沢山のフモスやタラモ、にんにくのクリームソースが用意してあり、
最後に出てきた、たまねぎ、アンチョビ、オリーブのキッシュがとても美味しく
つい食べ過ぎました。

この日は、朝からフランス語をがんばって話す気満々で、
彼女のうちに着いてから後ほんのしばらくは、
フランス語で頑張って会話していたのですが、
そのうちに会話が込み入ってくると、
あまりに自分の稚拙な様子と、
また皆も私の言う事を理解してくれない事に、
段々ストレスを感じ始め、
いつものようにしぶしぶあきらめて、英語での会話に切り替え。
彼女の可愛い3歳になる息子とも、私一人、意思疎通が上手く出来ず
残念で、
もっと話せるようになりたい、、と決意を新たにした時間でもありました。
ちなみに、彼女のうちをお暇した後、偶然近所に
セザンヌが暮らしていた家を発見。そこで見た海の夕焼けは
まるでセザンヌの絵のようでした。
ということで、この日は昼食べ過ぎたので、夕食抜き。

日曜日は、仕事上でショックなことが起こり、
1日かけてその対応と、気持ちを回復した日でした。
しかし、本当にショッキングなニュースは人を
強くさせ、成長させるものだと、毎回のごとく痛感。
そんなわけで、あまり食も進まず。。。
とはいえ夜は海辺の友人宅にいたので、
そこでふる舞われたアペリティフの
美味しいチーズと、ピスタキオ、ソーセージを食べた後は、
トマトとレーズンのパスタ、サラダ、卵とハムのキッシュ
などなど。。。こうして書くと、結構いつもどおり食べてますね。汗

月曜の昼は泊まらせてもらっている家の人が、
ウサギのクリーム煮込み料理を作ったので
ご相伴に預かりました。
美味しかったのですが、いかにもカロリー高そうだったので
少量にしておこうと一応努力。
夜は、マルセイユの海岸沿いの一等地に家を構える友人宅に呼ばれ、
私が料理を作ることに。
照り焼きチキンと、昔イタリア人の友人から教わった冷製パスタを、
それぞれ10人分ずつ作りました。
マルセイユは新鮮な野菜や魚、肉を扱うマルシェが沢山あり
買い物の工夫次第で、安くで美味しいものが食べられる町だと
判りました。でも、みりんを探すのに一苦労しました。。。。
ちなみに彼女が前日作ったミネストローネも食卓に並び、
こちらは生バジルのソースと、パルメジャンチーズをかけて
美味しく頂きました。
また食べ過ぎたので、自転車を30分こいで、うちに戻る。

火曜日の夜は、フランス人カップルの友人宅に呼ばれる。
この日は、このお宅で、珍しいLPのレコードをかけてもらい
195-60年代のフランスで流行った音楽をひとしきり楽しみつつ
(もちろんピアフも聴きました)
ラム肉のステーキを頂きました。しかしこの日も肉を食べた為、
雨の中、傘を差して早足で歩いて帰る。

水曜は、さすがに連日の肉料理に恐れをなして、
遅めのバゲットとコーヒーの朝食の後は、何も食べないで、
夕食にはジャガイモのソテー、サフランライス、にんじんのサラダ、
焼いたサーモンをワンプレートにして食べました。

木曜は友人の豪華な小型ヨットに乗せてもらい
船上で楽しいランチ、、、のはずが、
生まれて始めての船酔いにやられた私は、
キッシュと生ハムとメロンを食べた後からは、
どうしても食べられず、
ドックに帰るまでは、ずっと1日船酔いと格闘。
天気の良い日で、真っ青な海と白いしぶき、木で出来た美しいヨットを
100%味わうことができず、むかむかしながら時間を過ごすハメに。。。
しかし、胃腸の強い私は(?)
夜に、おなかが空いたので、タパスをつまむことに。
イカのマリネ、オイルサーディン、黒キャビア、マッシュルームホイップチーズ
などをパンに塗りながら、食べました。

金曜日はマルセイユを発ってロンドンに。
この日は、
ロンドンの日本人友人宅にて小さなパーティーだったので、
私も臨時で参加させていただき、
料理上手な彼女の作った春巻き、ホイコーロー、チキンとインゲンのグリル
なすのみそ焼き、などをご馳走になりました。
ひさしぶりのアジアンで
思わずお箸が進み、デザートのりんごのタルトまで
夢中で食べてしまいました。

そして土曜日は、1日機内食を食べ(チキン、パスタ、そば、おにぎりなどなど)
日曜の朝、成田に到着。
でも東京の家の近くにもどってみると、
ものすごくおなかが減っていたので
つい定食屋さんにふらりと入って、
カツドンを食べましたが、、、、

こうしてみると、
うーーん、、、我ながら、消費カロリーより摂取カロリーが
軽く上回っている気がします。
そして、食べ物の内容もさることながら
連日21時過ぎの夕食、、、、

これから日本に3週間滞在しますので
この間に、なんとかついた体重を落として
元に戻りたいと考えております。。。でも
日本は何でも美味しいので、相当難しそう。。。
なるべく身体を動かそうと考えていますが。

それでは以上、週間食べ物日記を終わります!

人気ブログランキングへ




マルセイユより徒然に 

こんにちは。

8月の後半にゆっくりと心身を休め、リラックスをし、
毎日身体を動かして汗を流して、
肌の調子も、体の調子も良くなって
とても健康になったのはよいのですが、
その後、
まるで何かに覆われていた曇りやチリが晴れたかのように、
色々な事に繊細になりすぎるというか、
あらゆる事に、何かと感じ易くなっている自分を
感じています。
ということで、
あまりにも毎日、小さな何でも無いことに
いちいち色々なことを感じるので
ブログにも何を書いて良いかわからず、
ただただ何も書けない、、、という日が続きました。

そういえば、似たようなことを、
この夏、私のツアーのために、
わざわざ日本に来てくれた
イタリア人友人のスタイリストが私に言った事がありました。

「日本には、世界のあらゆるものが揃っているし、
東京に無いものは、世界のどこにも無い、というくらい
いろんなものが見つけられるし、とっても楽しいんだけど、
1日じゅう、あれこれあらゆる物を見ていると
どれもこれもが、欲しくなってしまって、
その結果、疲れてしまって、
何が欲しいかわからなくなって選べなくなって、
けっきょく何も買わないで帰ってきてしまうの。」

この気持ち、とてもよく判ります。

あまりに選択肢がありすぎると、よほど自分の欲しいもの、目的が
しっかりしていない限り、あれこれ迷って、何が欲しいのだか
わからなくなって混乱してしまう、、、、
これは、日常的に結構良く起こることだと思いますが
彼女だけに限ったことではありません。

私は、何でも行動の元とは、熱であり、
その熱とは、
何かからの刺激がモティヴェーションとなり、
生まれるものだと思っています。

私はよく友人から、行動力がある、何でもよく動く、と評されることが多いですが、
それは、行動せずにはいられない”刺激”を、私自身がよく受けるからであり、
その刺激が大きければ大きいほど、熱は大きくなり
行動も、大きく、行動する範囲も行動する期間も大きくなる、、という気がします。

という事で、
私は、自分が健康になってエネルギーに溢れると
感じることも多くなり、その結果、動きたくなってしまうのですが、
それがあまりに沢山だと、わけがわからなくなって、
ちょっと待てよ。。。。というモードに入ってしまうと言うわけです。

と、そんなわけで、1週間以上、
何もかけないでいましたが、
もう少し整理して落ち着いてから、また
次回から楽しい話をお届けできたらな、、、と
思っております!

写真を1枚、、、、、
少し前に訪れた、私のひとつの”熱”となった
パリのヴィクトル・ユーゴー宅(美術館)にて
vicotr Hugo


それでは又次回に!

人気ブログランキングへ

イタリアから又フランスへ

こんにちは、9月になりました。
そしてもうすぐ満月ですね。
そして、政権が変わりましたね。。。。

私は、今イタリアに来ていますが
もうすぐまたフランスに戻ります。
イタリアの新聞では、ニュートラルな立場で、
かつ、ポジティブに
この政権報道が伝えられている印象を受けました。
(L'Arenaという地元の新聞ですが。。。)

1週間滞在していましたが、
色々なことを思い、感じた
良い時間でした。
又フランスに戻ってからゆっくり書きたいと思います。
それでは。。。。!

人気ブログランキングへ





sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。