上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 2009年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州にて

さて、前回に引き続き、
ツアー途中経過です。

4回目は、北九州市の戸畑ウェルでした。
前日広島から移動してきたとはいえ、
2日間何も歌わなくて良かったので、
のども良く休めていた上、
とても素晴らしい響きのホールが相乗効果をもたらし、
コンディションは、比較的良かったと思います。
また、ホール内装の、落ちついた木の感じは、
響きだけでなく
視覚面でも私を高揚させてくれ、
とても幸せな気分で、コンサートを行うことが出来ました。
又、そんなわけで、気分が乗っていたため、
リハーサル時では、
急遽、用意していたオペラアリアを変更して、
バーンスタインの”キャンディード”のアリアを歌ったのですが、
聴衆のみなさまからは、熱い拍手とブラーヴァを頂き、
私も嬉しかったです。

こちらは、楽屋にて。
今回ヘアメイクを担当してくれているイタリア人友人の作ってくれた
髪型とメイクです。彼女は毎日、そのときの気分で変えてくれるので、
こちらも楽しみです。
tobata.jpg


翌日は、佐賀の、文化会館にて。
コンサート2日目は、まだそれほどのども疲れておらず、
また、本番前に、お土産にキジ馬という可愛い木の人形を頂いたりで、
やっぱり、とても気分が良かったので(←相当単純、、、)
この日も、快調。
プログラムには載っていない日本歌曲を足したり、
マイクでも、いろいろな話を即興でしてみたりと
熱気伝わる会場の雰囲気も存分に楽しませていただきました。
又この佐賀では、
コンサート終了後に連れて行っていただいた
中華料理があまりにもおいしくて、
今でも、忘れらないほどです。
最初から最後まで、ずっとおいしかったのですが、
特にデザートの台湾風カキ氷は、生まれて初めて食べるおいしさでした。

写真を撮ったので、ご紹介しますね、こちらです。
kakigori.jpg


さて、3日連続で続いたコンサートの最終は、
熊本の人吉にて。
こちらは、鹿児島のほうが近いと言われる土地で、
熊本から、とことこ走る列車の旅は、
素晴らしい自然の景色の連続で、
連日のコンサートと、移動で疲れた体や、
移動の列車で楽譜を見すぎた目を休めてくれました。

列車からの素晴らしい風景の一コマです。
June+09+292_convert_20090630163622.jpg


ちなみに、こちらの電車に限らず、
九州内を走る電車、新幹線には、かっこいいものがとても多いですね!

さて、3日連続の最終日ののどのコンディションはどうなるかしら、、、と
かなり不安だったのですが、
コンサート後の沈黙の行が効いたのか、
心配していたほどには疲れておらず、
なんとか、普通のコンディションで歌いきることが出来ました。
また、人吉の労音は、もう45年間も続いてらっしゃるそうで、
みなさまの耳が肥えてらしたように思います。
最初は少し固かった会場の雰囲気が、
すこしずつ和らいでゆくのが、印象的でした。
それにしても、1300席のホールは、きもちがよかったーー!
ので、思わずプッチーニの難曲アリアを、
アンコールとして始めて歌うと言う冒険に出ましたが、
その後の皆様の反応がすごかったので、
やはり、歌ってよかったな、、、と思った次第でした。

翌日は、すぐに博多から飛行機に乗らなくてはならなかったので
朝早い出発でほとんど観光できませんでしたが、
国宝の青井神社だけには、行きました。
日本の神社であまり観たことのないような、赤色が
印象的でした。
kokuho tempio


それでは、次回も、また引き続きご報告いたしますね。
それではみなさま、
エアコンで風邪をひかないように、十分にお気をつけください。
しかしながら、
この信じられないほど寒い、列車や、レストランのエアコンって
どうにかならないんでしょうか、、、?

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ツアー3公演を終えて

こんにちは!

ツアーも3回を終え、現在九州に来ております。
第2回目の姫路では、
「田村麻子さんと一緒に歌おう合唱団」と銘打った
コーラスの皆さんと、後半全部を使って、
椿姫の第1幕を行いました。
私は、やはり歌い演じる歌芝居の”オペラ”が大好きなので、
コンサートの1部は、普通の私のコンサート、
そして、2部に、合唱のみなさんと、歌い演じることの出来た時間は
とても、楽しかったです!
姫路の皆さんは、そのほとんどが、オペラ未経験者であるにも関わらず、
みなさんがイタリア語の歌詞を覚え、そして
貴族のあつまりという役どころをこなしてくださいました。
私は本当に感銘を受けましたし、
これがきっかけで、オペラの面白さが、わかっていただけたとしたら
こんなに嬉しいことはないなあ、、、と思っております。
姫路労音の方から、コンサートの中で、どうか合唱を使って頂きたい、、、、と
ご相談を受けた時には、
まさか、ここまでのものになると思っておりませんでしたので、
本当に、嬉しく思っています。
お世話になりました皆様、本当に有難うございました。

さて、3回目は広島でした。
こちらは、またまた暖かい雰囲気の客席で、
お客様が喜んでくださると嬉しくなってしまう、という単純な歌手の私は、
つい、アンコールを3回も歌ってしまいました。笑
大体これまでステージで、アンコールを歌うことは、2回、、、だったのですが。
皆様の顔が、特別よく見えるステージでしたので、
その笑顔や、大きな拍手が、心に沁みました。
有難うございました!

さて今日は、北九州の戸畑にてコンサートです。
きのう広島から、移動してきて、
その天気のよさと、小倉の町並みをみて
ああ散策したいなあ、、、とうずうずしましたが、
やはり、コンサートのことを考えて、ホテルでじっとしていました。
コンサートの舞台は、華やかに見え、私にとっても楽しいものですが
そのためには、我慢すべきことが沢山あります。
今回の、ツアーは、日本でも初めていくところも多く、
出来る限り、土地のものを味わい、観光したいとも思いますが、
のどのベストのためには、どこまで出来るか、まだわかりません。
でも、
必要なことは、必ず与えられると思っていますので、
とにかく、この旅では、余裕のある時に
町に出たいと願っています。

それでは、、、!皆様にお会いできますときを楽しみに、、、、!

人気ブログランキングへ

身体と仲良くすること

みなさま、こんにちは!

昨日、ツアー初日が、兵庫の三木市にて無事終わりました。
500席ほどの、ほっとするような感じのホールで、
会場の雰囲気もとても暖かく、
楽しく演奏させていただきました。

しかしながら個人的に見た場合
どうしても自分には厳しくなってしまいますので、
欲を言うと、
なんとなく、開ききってくれない肋骨や、
何をしても柔らかくなってくれない胸の奥の固い筋肉を少し感じ、
それに付随したのどの異変にも何度かひやっとさせられ、
まだ完全というわけではない体調と戦う苦しい瞬間も、
少しはあったと思います。

今日の午後はこれからリハーサル、
そして明日は、姫路にて又違うプログラムで、
80人の合唱の皆様と一緒に、オペラ”椿姫”の1幕を抜粋で
歌うことになっております。
そしてあさっての月曜には、広島に移動して
また、別のプログラム、、、そして
2日休んだ後は、九州にて3日連続のコンサート、、、という
ハードスケジュールになっており、かなり体調管理には
慎重になっています。

この仕事が、体力勝負であることは、言うまでもないのですが、
いくら気をつけていても、
もちろん、言うことを聞いてくれない時はしょっちゅうありますし、
体の奥深くの筋肉は、
格別、コントロールしづらいものです。
どんなに、勉強したとしても、
体調ひとつで出来が左右される割合が他の楽器に比べて大きい歌手は、
本番前には、のどの調子はもちろん、体の調子に、人一倍気をつかうものですし、
往年の、名歌手、マリオ・デル・モナコが、本番と本番の間の休みには、
いつも1日ホテルで、布団をかぶって寝ていた、
と言うエピソードもあるくらいです。

大体、身体というものは、毎日変化しているので
私たちの楽器は、さしづめ、毎日変化する生身の楽器と言うことになります。
昨日あまり意識せず、なんでもなく、楽に出来た事が、
今日はなぜだか出来ない、、、、、、と言う事が、
歌手でない、普通の人にも、普段の生活で起こると思いますが、
私たち歌手は、その変化に、臨機応変に、毎回調整をしていかなくてはならず、
歌っていくと言うことは、それをも含めての、テクニックになります。

さて私の場合、今回痛切に感じていることは、
筋肉の変化です。
たとえば、
20代の時には、たとえ1日中ぶっ通してフルボイスで練習したとしても、
1日誰とも話さず、のどを使わず完全に休めば、
その翌日には、完全にのどは回復していたものでした。
30代半ばを過ぎた今はどうかと言うと、
1日では、なかなか休まらず、2日ほどかかるようになってきています。

しかしながら、
若さの名の下で、あまりテクニックのことを考えずに、
時には
筋力の無駄遣いを行いながら
ばんばん歌っていたときと、
今とどちらがいいかと問われれば、
それは火を見るよりも明らかなのですが、、、笑

だいたい、そんなわけで、歌手のプライムタイム(全盛期)
は、若さをまだまだ残しつつ、テクニックが確立してきて
音楽的にも成熟してくる35歳から45歳くらいと言われておりますので、
私も、これからますますがんばりたいと思っています。

今回は、上記したように、
本当にハードスケジュール、ハードな移動なのですが、
またそれを、乗り切ることも、ひとつの挑戦であり、
そういう計算も含めての、プロだと思っていますので、
私なりに、いろいろな工夫を編み出したいと思っています。

小指の先ほどの大きさの白い筋肉の声帯と、
それを複雑に動かすための、周りの赤い筋肉たち。

私は、自分の筋肉たちに対面したことはありませんが、
特にこの時期、毎日のように、いつも一緒に歌を紡いでくれて有難う、
あなたたちのお陰よ、、、とお礼と感謝を
欠かさず言うようにしています。

歌手の皆様は、おのおの皆さん、色々な工夫をしてらっしゃると思いますが、
何か、筋肉の回復に役に立つものがあれば、
又教えてくださいませ。

それでは、、、良い週末を!!!

人気ブログランキングへ

すごい注射

ご無沙汰しております、日本に戻ってきています。

さて前回も書きましたが、
6月の頭は仕事関係でヨーロッパにいたのですが、
過密スケジュールと度重なる飛行機の旅、時差、で疲れていた上、
極めつけは
ボルドーからマルセイユ間を走る7時間もの電車の旅の
強すぎるエアコンにやられ、
さんざん注意していたにも関わらず、風邪をひいてしまいました。

そこで、日本に帰ってきてから、ある方の紹介で
とっておきの、あるものを紹介されました。

その名も”ビタミン注射”

聞くところによると、芸能人のxxxxさんも、歌手のxxxxさんも、あの方もこの方も、
健康維持のため、またはテレビ撮影前に、というだけでなく
どうしようもない時の駆け込み寺として利用していらっしゃるとの事。

色々その人の体調にあった内容の点滴をすることで、
効果的な回復を得られると言うことで、
1も2もなく試すことに。
なんといっても、今週から超ハードスケジュールのツアーが始まるので、
決してダウンしている場合ではないと判断したからでした。

そして、点滴を終えた翌日から
先生のおっしゃったとおり、ぐんぐん回復に向かい、
その翌々日は歌えるかどうか危ぶまれていた親戚の結婚式だったのですが、
なんとか声は出るようになり、無事終了。
(ちなみに、とても良い式でした。xxちゃん、結婚おめでとう!)

そして今日になったら、咳もほとんど出なくなり、のどの痛みはすっかり無くなり、
その注射の素晴らしい効果に、本当に驚いています。
保険の利かない、x万円の出費は痛かったのですが、
一応、豚インフルエンザのテストも受けられたし(もちろん陰性でした!)
あのタイミングで、点滴を受けられて、本当にラッキーでした。

ということで、、、
今週金曜日から、いよいよツアーが始まります。
ご興味のある方、ホームページに詳細がのっておりますので、
ご都合が合えば、ぜひぜひいらして下さいませ。
それでは、今週も良い週を!

人気ブログランキングへ

イーストグリンステッド

皆さま、大変ご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか?

私は、5月末から今日にかけて
仕事とプライベートの両方で、ヨーロッパをほぼ毎日移動する日々を送っており、
本当に久しぶりに、ぐったり疲れています。が
用事も済み、明日には、ロンドンから成田に戻ることになっており、
いよいよ来週からは、怒涛の全国ツアーが始まることになっております!

ところで、、、
今これを書いているのは、イギリスのロンドン郊外、EAST GRINSTEDというところにある
友人宅にてなのですが、私はこの地が大好きです。
ガトウィック空港から近い、緑豊かなこの地は、とても静かで平和で
この地を友人宅を訪れるたびに、心が休まり、落ち着くのですが、
今日は、ふとあることに気づきました。
実はこの友人、私の小学校からの幼馴染で、
イギリス人の旦那様と結婚してから、ずっとこの地に住んでいるのですが
これまで何度となく彼女を訪れるたびに、毎回ものすごく良く眠れる事に気づいていました。
最初は、彼女が幼馴染で気心知れているから、、とか、おうちが新しくて清潔で
気持ちよいからかな、、、など色々考えていたのですが、
今朝、マルセイユからロンドンに移動した時に
あまりにくたくただったので、昼ごろ彼らのおうちにつくや否や
昼寝させてーーと、お願いしたきり、夕方まで実に気持ちよくこんこんと
眠らせてもらったときには
あまりにも、気持ちが良すぎる、、、これは何だろう!?と不思議に思い、
ふと、この地が持っている独特の力でもあるのかしら、、と
何気なく彼女の旦那に話してみました。
すると、意外にも、この地は、地球の特殊な磁場の働く場所として有名なところ
だと言うことでした。
だからだと言うわけでもないのでしょうが、
サイエントロジーというグループもこの辺りにあって
それに関連して、トム・クルーズ氏もこのあたりに暮らしているとのこと。

まあ、それとは関係なく、
いつも、この地に来ると、肌がつるつるするし、
空気はきれいで、気持ちがさわやかになるなあ、、、不思議に思っていたのですが
それを聞いて、更にこの地に興味をもちました。
今回も、毎回同様あまり彼女のお宅には滞在できないのですが
(たいていロンドンは、乗り換えや、通過点となることが多いので、、、)
次回は、ゆっくりこの地を楽しもうと思っています!
そのときには、是非皆様にも写真いりで、ご紹介いたしますのでお待ちくださいませ!!
それでは、、、

人気ブログランキングへ
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。