上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 2008年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゃーーー

こんにちは、皆様! 本当に、更新が久しぶりになって、 楽しみに読んでくださっている方には 本当に、申し訳ありませんでした。。。。。!!! コンピューターを修理に出していたことに加え、 第9の嵐で移動が続いたこと、で あっという間に、今日は大晦日! そして私はいま、仙台のとあるホテルにて 今からリハーサルに行く前に大急ぎで打っています。 今夜10時半から仙台の川内萩ホールという東北大学の中の 新しく、また素晴らしい音響のホールにて ジルベスターコンサートにて、 ”椿姫”から長大なアリア「ああそは彼の人か」と、私の大好きな「私のお父さん」 を仙台フィルと、 それからテノールと”カルメン”の中から ホセとミカエラの1幕の美しいデュエットで新年のカウントダウンを迎え、 年が明けてからは、また”椿姫”の乾杯の歌でお祝い、、、という流れになっています。 年の瀬をステージの上で迎えられるなんて これまで生きてきて本当に幸せな大晦日だと思いますし、 会場のかたがたとともにカウントダウンをして迎える新年は とても楽しみです!! ということで、これからリハーサルに行ってまいります! 今年も、皆様が楽しみにしているよ、、という言葉に 支えられました。 いつも楽しみに読んでくださいまして、本当にありがとうございます。 実は、このAOLダイアリーは来年1月いっぱいで サービスが終わってしまうとのことで、 私はまたどこか違うサービスにて書き続けていくことになると思いますが、 その際には、こちらに告知いたしますので、 引き続き、来年もよろしくお願い申し上げます。 それでは、皆様 それぞれの地で、それぞれの大晦日を、、、、!!!!! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

東フィル第九公演

ご無沙汰しております! 昨日、今日、そして明日と 3日連続で、東京フィルと指揮者佐渡裕さんとの第9です。 その合間に、色々と雑事もあり、バタバタガタガタしており、 まごうことなく、今年は、本当に これまでの人生で最も早く過ぎるように感じた1年でした。。。。ふーー 明日も早いので、 余り長く長く書けませんが、一言。 東京フィルは素晴らしい!! そして、そのオケの潜在的な力を引っ張り出す佐渡さんも素晴らしい!! ソリストは、たいてい第9の3楽章からステージに入りますが、 私は、いつも入ってすぐ始まる天国的に美しい3楽章にまずうっとりして、 4楽章からは、わくわくハラハラドキドキします。 すべてそれも音楽のなせる業ですが、 しかし、扱う私達音楽家は生身であり、ホールも聴衆も毎回違うため、 当然演奏内容も、雰囲気も、各回、全く違います。 今日はサントリーホールで本番だったのですが、 この得も言えぬぬくもりのある響きのホールの中、 オーケストラは、色とりどりの世界を紡ぎ出し、 それを導く佐渡さんの世界はどんどん広がり、 私はその音楽の中に身をゆだねながら、 聴いているうちに、とあるメッセージを受け取りました。 それは、 人生は大変だし、落とし穴も一杯あるが、 努力次第で、 出来るだけ美しいものだけを見ていけるんだよ、と言うものでした。 そして私は、難しい事ではあるが 出来るだけ、美しいものを美しいと味わう時間が この人生で多くもてますように、、、と ぼんやりと祈っていました。 それから、次に綾なすその音楽の中から受け取ったもう一つのメッセージ: 人生は辛く傷つくことも多く、その傷が深いほど 膜は厚くなる。 しかし、厚くなればなるほど、それを突き破って新たに生まれてくるものが 破れるときの衝撃は大きいが、そうして生まれた新たな命は 非常に純粋で、強くたくましくかつ柔らかい。 そしてそれは、苦しみの中から出てくるのだ。 というものです。 最初のメッセージは3楽章から、 そして後者のものはご存知、歓喜の歌の4楽章からです。 チョット分かりづらいかもしれませんが 音楽に身をゆだねつつ聴いているときに 感じた今日の本番の私の内側を 公開してみました。 明日も朝早いので、 今日はこれくらいに。 又近いうちに書きたいと願っています!! 人気blogランキングへ

諸お知らせなど

こんにちは、皆様。 前回の”事件”の後に、日本に戻ってきた後、 大阪での一万人の第9を終え、 (おかげさまで例年通り素晴らしい時間でした!) そして明日は、東京フィルの第9の初日を迎えるべく バタバタとしている毎日です。 そのような中、コンピュータが壊れてしまい なかなか更新できずにいる上、 (これは、母のコンピュータから書かせてもらっています) 私がブログなるものを始めてからずっとお世話になっていた AOLプロバイダーさんが、ブログサービスを終了されると言うことで、 あたふたしています。 でもせっかくの機会なので、今度は どこのサービスを利用しようかと目下思案中。 もちろん、ブログは止めませんので、 これまでどおり、楽しんでいただければ幸いですが、 そんなわけで近いうちに、アドレス変更をここに告知させていただきます。 ところで 最近思った他愛ないことを少し。。。 まず先週成田に着いて思ったこと。 飛行機から下ろされてくる荷物集配を見ていていつも思っていたのですが、 成田空港のバゲージクレームのベルトコンベヤーに流れているスーツケースたちは 世界で一番きれいなのではないかと思います。。。! 日本の人たちが持っているスーツケースは 色もとりどりで形もおしゃれで、そしてどれもピカピカしていて 見ているだけで楽しくて、 こんなところにも、民族性というかお国柄を感じてしまいます。 NYだと、なんだか何が包まれているのかわからないビニール袋とか ドロドロに汚れていて触るのもためらうようなスーツケースや、かばんも 少なくないので、、 後それから、一万人の第9の後、大阪城に初めて見学に行きました。 私が、大阪城自身よりも印象に残ったことは、 大阪城のすぐふもとにある 1970年に埋められたタイムカプセルです。 私はその存在を全く知らなかったので、かなり驚きました。 なんと言っても、5000年後に開封を子孫に託してあるのです! 夢があっていいですねーー 詳しい情報はこちらにあります。 http://panasonic.co.jp/history/timecapsule/overview/article/burialgrand.html それでは、又次回に! 人気blogランキングへ

小事件

あっというまに12月になりました。 今年は過ぎるのが本当に早かった気がします。。。 私は明日日本に発って、今度NYに戻るのは来年になってからですので 最近は、家の掃除やら、色々なものを整理するのに忙しくしています。 そんな中、マンハッタンにある いつも私が舞台用のドレスをよく購入する店が もうすぐクローズするという事を知ったので、 今日は早速行って来ました。 この店のオーナーは、自分で色々な国に買い付けに行ったり、 本当にいいものをばかりを選りすぐっているので 私も困った時にはよくここに駆け込んで、 何度も気に入ったドレスを買わせてもらってきたものです。 しかし、 値段は、やはりそうそうフレンドリーなものではなく(笑) 特にドレスの横にふんだんにおいてある毛皮たちは、 軽く4桁台(ドルですので、日本だとxx万円台)なので いつも、横目で見ながらドレスを試着していました。 さてそんな中今日もいつものように、幾つかのドレスを 店の人に手伝ってもらいながら試着していると、 黒人の男女2人連れのお客さんが店にやってきました。 ご夫婦らしく、奥さんはおなかが大きくてもうすぐ 赤ちゃんが、生まれると話しつつ色々な毛皮を試着しているのが 耳に入ってきていました。 二人は大声で喋りながら、あれが見たいこれを着てみたいと そんなに広いわけではない、この店の端から端まで オーナーを引っ張りまわしていて 私はもくもくと試着しながらも、少し奇異な感じを 彼らに感じていました。 、、、、とその時、ぎゃーーー!!!と言うものすごい声! 一体何が起こったのかと思ったら、声の方を振り向くと オーナーが青い顔をしながら入り口に立って外に向かって、 ”彼は泥棒よーー!!!”と金きり声を。 私の試着を手伝っていたもう一人の店員さんは とっさに、彼女に駆け寄って入り口まで行きましたが その二人連れのカップルは既に視界から消えていたようで 二人とも、ぶるぶる震えながら店の中に戻ってきます。 何が起こったの?と聞く私に、オーナーは手で頭を支えながら 「信じられない、、私は怖いわ。。最初からなんかおかしいと思っていたのよね。」 とつぶやきつつ、最初から買う気もなさそうなのに、沢山高価な毛皮ばかり 試着しているのを怪しんでいたと説明し始めます。 「私は何度も合図を送っていたのに、あなたは気がついてくれなくて 私一人が彼らの応対をしていたでしょ。」と 私のドレスの試着にかかりきりだったもう一人の店員を責めながら続けます。 「でも私は最初から怪しいと思って、ずっと気をつけていたから、彼らも やりにくかったでしょうね。さんざん試したあと帰り際に、 気にいったと言って私に持たせていたコートを 入り口のところで急に引ったくろうとしたのよ。でも私は取られるもんかと 踏ん張ったから、結局取られなくて本当に良かったわ。Thanks God!」 と胸をなでおろしつつ、ようやく落ち着いてきた様子。 正直、このような体験するのは初めてでしたので、 「やっぱりマンハッタンは怖いなあ、、」と改めて思いました。 なんだか目の前で事件を見たことで、興奮したのか 高い毛皮ばかり見ているうちに麻痺してきてしまったのか、 結局私まで、毛皮のコートと(!)ドレス2着を買って 散財してしまいました。。。 でもドレスは必需品だし、 コートだって、これまで自分で毛皮なんて買った事なんてないんだし、 今年頑張った自分へ、ちょっと奮発したクリスマスプレゼントと思えば いいじゃないか、、と言い聞かせるうちにふと、 そういえば、あのおなかの大きい奥さんは、私が試着しているドレスを見て、 素敵ね!と言っていたな、、、と思い出しました。 有難う、とすぐに信じてしまっていましたが、果たして あの言葉は、本音だったのか、店員たちを安心させる為の言葉だったのか、、、? また、あんなに大きなおなかだったのに、走って逃げて大丈夫だったのかな、、? などと、 余計な心配をしながら帰路につきました。 人気blogランキングへ
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。