上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 2007年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化交錯

今日は、午前中アメリカ大使館に所要があり、出向いてきました。 しかし、、、 暫くぶりの大使館では、 その入館前のセキュリティの厳しさにはびっくり。。。! 空港並みに、水の入ったペットボトルまで取り上げられていました。 もちろん、私は、まって、捨てないでといいながら その場ですぐ飲み干しましたが。(笑) そして、携帯、電子辞書、デジタルカメラも全ていったん取り上げられ それら電気機器は持って中に入れないことに。 いや、こんなところにまで、テロの影響を感じました。 、、というか、アメリカ大使館だから、当たり前か、、? 結局入り口から出口までの所要時間、待つ事もあわせるとおよそ4時間。 隣に並んでいたマニラから留学に来ているフィリピン人夫婦が、 「東京の素晴らしい手際の良さに慣れているから、 ここは、まるで異国のようだと思いましたけど、 よく考えるとここはアメリカ大使館だから、異国なんですよね。」と ジョークともなんとも説明が付かない事を言っていました。 なるほどね。。。。 これまで何度となく色々な手続きで来たアメリカ大使館だが 本当に来るたびに、その手際の悪さ、遅さに、あーあ、と思ってしまう私は、 やはり、辛抱が足りないな、と思っていましたが、 私だけではないようです。 特に、ここ数日一緒にいるイタリア人友人たちがいちいち 時間通りに来る電車、待たせないレストラン、親切な店員たちが 何か困った時には、手取り足取り教えてくれる事、、などを 感動しながら、ほめてくれる為、などに甘やかされていたので、 なおさら、アメリカ大使館は、異国に感じました。 それにしても、外国から来た人と町を廻るのはもともと好きですが、 本当に、色んな事を発見して、ここ数日忙しいながら楽しいです。 今日の夜は夜で、みんなでご飯を食べた後には、 話しに花が咲く事、咲く事、 やはり色々な文化の違いについて、みんな今晩一番熱く話していました。 さーて、いよいよ明日は京都に移動。 それではまた! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

SHINJYUKU

日本に戻ってきました! 日本は楽しい、日本は美味しい! そして暖かい、、、、! バタバタと帰国し、 ほっとしたのもつかの間、 今週日曜日の大阪城ホールでの「一万人の第9」を聴くのを(観るのを?)メインに、 イタリアから友人6人が、きのうから、東京にやってきたので、 彼らとの観光で、又ばたばたです。、、いや、もちろん楽しいのですが。(笑) 観光途中に、私は自分の買い物もついでにすませたり、、、と 色々工夫してはいるのですが、やはり体調が不安。 ということで、今日は夜だけ彼らと合流。 彼らの行きたいところは、新宿の大きな交差店。 なんでも、映画「ロスト・イン・トランスレーション」で 観たからという事です。映画の力は大きい、、、! ということで、今日はこれにて失礼。 みなさまも、風邪には気をつけてくださいね! 人気blogランキングへ

1年1度の大食

こんにちは!! 昨日、アメリカ全土は、1年1度の大食の日、、、つまり サンクスギヴィングデー(感謝祭)でした。 9年もアメリカにいても、一度もターキー(七面鳥)を自分で焼いた事のない私、、 ですが、 必ず、有り難い事に毎年どなたかが誘ってくださるので、 今年も、NJに住む知り合いのうちに呼ばれていきました。 それは、最近知り合った、マンハッタンの金融街(ウォールストリート) でバリバリ活躍するフィリピン人女性の、親戚の集まりで、 とてもおしゃれで、素敵なアパートメント。 それに、YAMAHAのグランドピアノが、石作りの部屋(!)という 音響の良い中に置いてあり、いかにも弾いてくれと言わんばかりです! 美味しい食事に、暖かい人たち、、のなかで すっかり気持ちがよくなった私は、 乞われるままに、オペラアリアの弾き語り、アカペラ、日本歌曲、 そしてショパンのピアノ曲、はたまた初見で、 その辺にあった楽譜をみてフィリピン歌曲を10曲ぐらい(!) 弾いて歌って、 最後は、みんなで私の伴奏による、カラオケ大会! フィリピン人の皆さんに、君のフィリピン語は完璧だと おだてられながら、(えへへ、これは完璧おだてです) 久しぶりに、とても楽しい夜でした。 音楽の合間には、 デザートのフィリピン風プリン、フィリピン風ロールケーキ、 スイートポテト、チャイなどを楽しみつつ、 みんなで、ゲームをしたり、 西洋、東洋の文化について、また各国の教育について論じ合ったり、 本当に、楽しい夜でした。 そして、明日の朝日本に出発だというのに、 今夜はフランス人の写真家/インド人のグラフィックデザイナーのカップルが行う アンティサンクスギヴィングパーティー、によばれています。 彼らいわく、 ネイティブインディアンにご馳走になった大陸からの侵入者、の「大領虐殺」に 対しての、Antiだそうで、 ターキーを絶対食べない主旨のPartyだそうです。 面白そう、、なので楽しみにしていますが、 それまでに、スーツケースを詰めないと!練習もしないと! と、遊びたい為に、色々と手早く一生懸命用事をすませているわけです。 ということで、この次の更新は 日本から! 日本では、たったの5日間の東京、あとは大阪での 一万人の第9のリハーサルと本番、、、ということで、 ハードスケジュールですが、体調をくずさないよう、 風邪をひかないように、頑張ります! 皆様にどこかでお会いできたらいいなあ、、、、、 ではでは!! 人気blogランキングへ

レーナマリア

こんにちは! もうすぐ日本に戻るので その前にやる事を済ませなくてはいけないため、 バタバタとしています。 さて、おととい、 久しぶりに大好きな友人に会いました。 私には、多くの敬愛する友人がいますが、 彼女はその中でも本当にスペシャルで 会うといつも心がほぐされます。 彼女の名前は、LenaMaria Klingvall(レーナマリア・クリングヴァル) 今からほぼ5年前にコンサートで共演したのをきっかけに 仲良くなりました。 色々な考え方に多くの共通するものがあり、 初めて会った時でも、初めて会う感覚がしなかった、、 そんな女性です。 そして私たちは、 会うといつも、楽しい話、変な話し、真面目な話、音楽の話、 で、お喋りが止まらなくなり、あーーもっと話したいな、、 と思いながらいつも、バイバイすると言うようなそんな関係。 レーナは、生まれつき両腕がなく、片足が、もう一足の半分の長さしかないのですが、 日常生活の殆どの事は、自分でこなし、(料理、車の運転、そして お化粧、Email、なども!!)そして、素晴らしい歌手、でもあります。 でも、会ってお喋りしている時は、 とても優しくて暖かい、心の広い友人と言う事以外は、 つい忘れてしまいます。 さて今回は、アメリカ東海岸のコンサートツアーのためにNYに来たレーナと、 たった1日だけのOFFに会うことに。 どこかでお茶でも、、という事にしていたのですが、 彼女は突然電話で、  「アサコ、ネールサロンに行きたいけど、どこか良い所知ってる?」 ということで、私の良く行くネールサロンに電話をして 予約を取りました。そしてそこで待ち合わせする事に。 サロンにつくと、久しぶりの彼女は変わっていません。 ハグをして、キスをして、、、、 「アサコ、フットバスは最高よ、アサコもやれば?私のプレゼントよ!」 ということで、二人で並んでペディキュアを。 まあ、その間のおしゃべりの止まらない事、、止まらない事、、 お互いげらげら笑いながら、時にはシリアスに この数年の報告を大急ぎでし合います。その間にも、 彼女は、爪の先に可愛い花をペインティングしてもらっています。 足の爪をケアしてもらいながら レーナとのお喋りで、心もゆったりほぐれてゆき、 その後のディナーも、あっという間に、夜中ちかくに。 大好きな友人とのひと時は何と楽しく、何と短い事か! 今度会うのはいつの事でしょう、そしてどこの国、、、? 最初に会ったのは、スウェーデンでした、そして東京、NYで、、、 でも、別れがあるからこそ また今度会う楽しみもあるというわけですよね。 レーナのことをもっと知りたい方はこちらをどうぞ! http://www.lena-japan.com/ 今度はどこかで、必ずジョイントコンサートをやろうねといって お別れしました。早く実現しないかなーー ではでは。。。 人気blogランキングへ

後日談

こんにちは皆様。 先週火曜日の後、親がNYに来てくれていた事もあり、 少し息抜きに一緒になって遊んでいたので今日まで気がつかなかったのですが、 なんとなんと、私は大切な楽譜を、どうもどこかに置き忘れてきたようです。 楽譜は音楽家にとってバイブルとも言うべき大切なもの。 そんな楽譜をどこかに置き忘れてきてしまうなんて、、 良く思い出してみたら、 2部で使った楽譜は 舞台上の譜面台に置きっぱなしにしていて、 「あとで、取りに来ればいいや」などと考えていたのですが、 この考えは禁物ですね。 私は、何度かこうしてこれまでも楽譜をなくしたことがあります。 (失笑) という事なので、明日早速ホールに電話をして取りに行かなくては、、 昔から忘れ物の女王だった私ですが 最近ずいぶんそんなことも減ったな、、と思っていたのに あーあ、、、この有様です。 ところで、NYタイムズの記事、やっぱりやっぱり 今でも、色んな人に高い評価を受けて良かったね、これから使えるね、 デビューでこんなに書いてもらえるのはすごい、 などなど、今でもありがたい言葉を受けますので やっぱり、リンカーンセンタって、NYタイムズってすごい事なんだな、、と 後からじわじわその喜びが、来ています。 お言葉頂いた方々にはこの場を借りて、今一度お礼申し上げます。 では、次からは、違う話題へ! 最後に写真を少し。。 楽屋にて、ヘアをしてくれた沢田奈保さんとの写真 公演の最後の最後に、空席になったホールを背に舞台から それでは、また次回に!!! 人気blogランキングへ

NYタイムズ

今朝、マネージャーからの電話で目が覚め 何事かと思ったら、 「アサコ、NYタイムズの批評を読んだ?」と。 まだよ、と言うと、 「辛口のNYタイムズが、アサコについて、とても良く書いてるんだよ。 彼らは、本当に君の歌を気に入ったようだ。おめでとう!」 ということで、早速WEBで読んでみました。 http://www.nytimes.com/2007/11/15/arts/15teat.html さてさて、ふむふむ、確かに大きな写真がまず載っています。 (これはもちろん嬉しい!) そして私の歌については、、 「病気になったミズ・ミッロの代わりを務めたアサコタムラは、 輝かしいソプラノで、表現豊かにジゼルダ役を歌った。」 後半のオペラに関してはこれだけです。 最初は、これだけー?と思いました。 そして、最初のオペラに関しては、 「Ah-Joe役は、ミズ・タムラによってエレガントに歌われた」 正直言って、この短い私への言葉のどこが ”とてもいい批評”なのかと思いました。 しかし、その後何人もの音楽家の友人たちから やっぱり、[すごくいい批評だったね」と言われるので 「でも、短いじゃない?」とたずねてみると、 「短い長いの問題じゃないんだよ、アサコ。 NYタイムズはとにかく、辛口が多くて有名なんだ。見てご覧、 同じ舞台のxxxは、ほめ言葉よりも、けなし言葉のほうが長いじゃないか。 △△△に関しては、完全にネガティブに書かれている。 君への言葉は、全く悪い言葉がないばかりか、良い言葉ばかりだ。 Bright,(輝かしい、素晴らしい)Expressively,(表現豊かに)Elegantly(優雅に) 素晴らしい形容詞が、3つも使われている。これは大成功なんだよ。」 なるほど。そういうものなのか。 まだまだ英語も、細かいニュアンスが分かりきらない為、 言葉が少ない、、、と最初は、ちょっとがっかりしたのですが、 友人からの言葉で、なるほどと思い始めました。 オペラカンパニーの長の方からも、 「おめでとう!とってもいい批評だったわね!」 と上機嫌の声で、電話がかかってきて、 「まだまだ批評が出てくるわよ。待っててね、全部出揃ったら送るから。」 という事でした。 ありがたいありがたい。。。 本当に、全てがありがたいことです。 写真は、まだ手元にないので、 残念ながらこちらに、載せられないのですが、 必ず後日に見ていただけるようにしますね! とりあえず、夕方街に出て、 ニューススタンドにてNYタイムズを買ったのですが、 5部も買おうとすると、店の人は少し訝しそう。 「今日私が載ってるのよ!」と息を少し弾ませながら言うと、 「ああ、そうなのね」と納得したようでした。えへへへ。 さあ、また次にむけて、練習練習! 人気blogランキングへ

終わった!!!!

ずっと楽しみにしていたリンカーンセンターの本番、 昨夜終わりました。 また詳しい事は後日ゆっくり書かせていただくつもりですが、 今日は、取り急ぎ、どうなったかだけでも。 本番のきのう、16時になってから急に 「アプリーレはキャンセルすると言ったので、麻子歌ってもらえる?」と 電話がかかってきました。 歌う事になるのかなあ、ならないのかなあ、と思っていた頃だったので、 「よし来た!」と思って、電話の後、飛び跳ねて喜んでしまいました。 いや、、、、 自分でも そんなに後半を歌う事が嬉しいと気づいてなかったので 正直なところ飛び跳ねながら、あ、私やっぱり嬉しいんだ、、、と気づいたのですが。 本番は順調にすすみ、共演者も皆素晴らしく、 最後は、驚く事に予想していなかったスタンディングオヴェーション。 色々な方からの歓声、ブラーヴァを聴きながら、 じわじわと嬉しかったです。 今日は取り急ぎ、報告まで。 後日改めて写真を添えて、ゆっくり報告しますね。 みなさまも、クリックでの応援を有難うございました。 やっぱり一人で生きているんじゃないんだよなーーと 身にしみて、ありがたかったです。 人気blogランキングへ

フィフティ・フィフティ

今日のドレスリハーサル。。。 案の定と言うべきか言わないべきか、 アプリーレ様は、ゴホゴホ咳をしながら、 「今日は歌わないから、ベイビー歌ってくれる?」とひとこと。 今日は声を、エネルギーをセーヴして 明日に賭けたいのでしょう。 もちろんですとも、女王様! そして、前半と後半のオペラと、どちらもフルヴォイスで歌いました。 疲れました。。。。 といっても、ただでさえ練習の少ない今回は、 抜いてしまったら、ちっとも練習にならないので、 やむを得ず、です。 それなのに、 見に来てくれていた知人友人からは、 口々に「オーケストラが大きすぎる!」と。 普段オケピットにいるオーケストラが、舞台上に出て来ただけでも既に 何倍もの大音量。 それが、NYフィルハーモニーの本拠地ですから、 オーケストラの響きのための設計になっているシンフォニーホール。 それに加えて、オーケストラが分厚く書かれたヴェリズモ。 普段良く通るといわれる私の声も、少し小さく聞こえたようでした。 が、 気にしないようにしています。 ホールに自分の声をあわせるのではなく、テクニックを信じて 普段どおり歌い、張り上げない。 こうしてキャリアを若くで早々に中断した歌手を沢山見てきましたし、 これがどれだけ大切な事かは分かっているつもりです。 アプリーレ様は、 明日のために、何とかTryしようと 最後のクライマックスだけ、もう一度自分も歌いたいからと オーケストラにやり直してくれるように頼み、 1オクターブ下げて歌います。 その時に 「みんな、ここは雪が降っている情景よ、 そしてここは春の息吹の音楽なのよ、 何でそんなにガチャガチャ大きく奏でるわけ?」 とオーケストラにくるりと身体を翻し、口にしーーっとたびたび 人差し指を立て、注意。 うーーん、、、素晴らしい、、、プリマドンナ・アプリーレ様が そういって下さって、ほっとしました。Bravissima!! 私が思うに、 きっと彼女は明日うたってくれることと思います。 が、どう転ぶか、やはり明日にならないと分からないようで。。。 まあ、仕方ありません。カヴァー(代役)とはそういうものですね。 また明日、ご報告しますね。 それでは、最後に、リンカーンセンターのガラスのポスターに 生まれてはじめて名前が載った記念すべきショット。 上から4番目が私の名前です、小さいですが。。 こちらも久しぶりに4位なって、嬉しいです。いつも有難うございます。→ 人気blogランキングへ

メリケン粉

今日は お誘いいただいていた、久しぶりの友人を日本から迎えてのランチを 泣く泣く断って、家で過ごすことに。 でも、なんか美味しいものが食べたいと思い、 久しぶりに、ラム肉のカレーを作りました。 その時にふと、先日 日本人友人と話していた事を思い出しました。 それは、「メリケン粉」について。 何でもその友人のご両親が、NYに遊びに来た時に、 特製カレーを彼女のために作ってくれたそうなのですが、 その時に、メリケン粉ある?と言われたそうです。 そこで、 メリケン粉、、、って一体なんだ?という事に。 彼女は、スターチの事だと思ったんだけど、、、と。 私は、小麦粉か、ひょっとして片栗粉、、、、?と。 で早速調べてみたら、、、 「小麦粉の俗称で、国産の小麦から作ったうどん粉に対して、 アメリカより輸入した小麦から作ったものを言った。」 驚きました!!!!!! 普通の小麦粉の事だったんですね。そして 国産の小麦粉をうどん粉と言うなんて、知りませんでした。 知らなかったのは、私だけかしら、、、? そして、メリケン粉のメリケンってもしかして、、、 アメリケーン、のことなのかなあ、、、?とも。 どなたか、ご存知の方いらっしゃいますか? 何はともあれ、 ローズマリー、パプリカ、オレガノなど香辛料いっぱいの上、 ひよこ豆まで入れたラム肉のカレーは美味しく出来、 最近凝っている玄米の上にかけて食べて、大満足。 あしたは、いよいよドレスリハーサル(ゲネプロ)です。 楽しみ!! おやすみなさいませ。 人気blogランキングへ

えっ。。。。!!!

今日は朝から、カヴァーのオーケストラ合わせの日。 本役の人にはお休みの日ですが、 私は、前半オペラの本役のほかに、後半オペラの代役も兼ねているので、 また朝から稽古か、休みたいな、、、とちょっとぶつぶつ思いつつ、 練習場へ。 連日のリハで疲れてきていたこと、また 昨日までアプリーレ・ミッロ様は快調だったので、 きっと私が、後半のオペラを歌う事はないだろう、、と思い始め どこかで、少し気が抜けていたのか、 はたまた、実際歌う事に名手いるロラーコロのみ頑張って、 勉強していたせいなのか、 今日のオケ合わせでは、何回も出とちりしてしまいました。 また、 殆ど覚えてしまったロラーコロとは違って、 楽譜にかじりついて歌ってしまっていました。 (実際本番でも譜面は持つのですが) と、そんな様子を見たのか、 カヴァー稽古のあと、マエストロ(指揮者)に呼ばれました。 なんだろうと思っていくと、、、、 「実は今朝アプリーレから電話があって、 調子が良くない、風邪かもしれないと言われた」 と言うのです!!!!!!!!!! ええええーーーー!!? おとといまで元気だったのに、、、、、、、!!! 「だから、火曜日の本番に、実際君が歌う事になる可能性が ちょっと高くなってきたよ、、、」と。 ええええ。。。。 いや、高をくくっていたわけではないのですが、 ロラーコロの仕上がりと、カヴァーをしている リンカンテゼィモとの仕上がりの差が結構大きい為、 内心、実はかなりあせったのでした。が、ここはアメリカ、 「OK、じゃあ週末は、もう一度 リンカンテゼィモをよーーくさらい直しておくわ。」 と言いました。 ということで、 もともとこの週末は、どこにも行かないで 家に閉じこもっていよう、急にものすごく寒くなってきた事だし、、、 と思っていましたが これで決定です。 ということで、 今から、ラストスパートです。ま、もともと、そうするつもりだったのですが これで、更に気合がはいるというものです。(笑) それでも、、、 やっぱり、、、アプリーレには歌ってほしい。。。。 と言うのが実は本音です。。。。 だって、私が観客なら、やっぱり 違うオペラのプリマドンナは、別の人の方が、楽しいと思うからです。 違う声を聞けたほうが楽しいと思いますし。 ま、でも神様はいつも最良の道をえらばれると思っていますので なるようになるさ、、とは思いますが。 では、一体どうなるのか、皆様も一緒に見守っていてくださいね。 人気blogランキングへ

アプリーレ・ミッロ

月曜日からのリハーサル、順調に進んでおります。 私が代役を務めているアプリーレ・ミッロ女史とは 初日の稽古で始めてあったときに、思わず、 「私がまだ音大生だった頃に行ったあなたのコンサートは 今でも忘れられないほど素晴らしかくて 実はその頃からの大ファンです」 と告白してしまいました。 えへへへへ 今からもう10年以上も前に東京のゆうぽーとホールで行われた彼女のリサイタル、 その傑出した声の色はもちろん、オーラ、ドレスの色など今でも、鮮やかに思い出せます。特に、アンコールで歌われたルサルカ[白銀の月」の後には、 感激のあまり、彼女にどうしても一言、 「素晴らしかったです、ありがとう!!」を伝えたいと思い 舞台下まで駆け寄っていき、やはり同じ想いで駆け寄ってきた他の観客と共に、 興奮して彼女に握手を求めた事や、 あまりのスタンディングオベーションのため、彼女が結局 5曲も6曲もアンコールを歌い続けてくれ、それに陶然となった事など その幸せな時間を、今でもはっきりと覚えています。 そんな様子を思い出してか彼女も 「日本のコンサートはいつも観客がとても暖かくていい思い出ばかりよ」 と私に言ってくれましたが、 日本のことをほめられるのはいつも嬉しいものです。 また違うキャストのメキシコ人のテノールの方には、 「君は日本人だよね?どうりで、君の歌には内に秘めた強さを感じたよ。 日本人は、外向きはコールドで、おとなしいけど、中は強いよね。 まるでアメリカ人と反対だ」といわれ、 そうね、と全て同意するには、少々微妙でしたが、 それでも嬉しくない事はなかったので、ほめられた歌に関しては有難うと言いました。 そして今日のジッツプローベ(オーケストラとの初合わせ)では、 アプリーレ様が、私のオペラの方も聞いていて終わった後には、 ブラーヴァ、ゴージャスヴォイス!!と言ってくれ その後、ベイビー聞いて頂戴、と手を握って 「最後は言葉よ!」とウインクをくれました。 ソプラノは高音域で歌うため、実声で歌う男性と比べて つい言葉を聞き取りにくく歌ってしまいがちですが、 歌にとって言葉が美しく聞こえる事は命。 どれだけ努力しても、しすぎることはありません。 アプリーレを聴いていても、他の一流歌手同様 そうしようと務めている姿勢は良く理解できます。 しかし、現実には、やはりこの難しい課題は 全ての女性歌手にとっての鬼門で、 この、言葉をどれだけ生き生きと美しく歌えるかが 一流、二流、はたまた超一流を分ける条件だとも言えます。 ので、 彼女が、今日もう一度私に それを思い起こさせてくれた事は、非常にありがたいですし、 本番までのあと少し、もう少し研究したいでーーーす。 それでは、最後に 上で述べた彼女のルサルカ、「白銀の月」の演奏映像を載せておきますので、 彼女の素晴らしいパフォーマンスをどうか味わってください! http://www.youtube.com/watch?v=pnHwhHDEZYU 人気blogランキングへ

新春コンサートツアー他お知らせ

こんにちは! 私の記事が、またいくつか出てきましたので、ご紹介させていただきます。 お時間のあるときにでも、見ていただければ幸いです。 共同通信(英語) http://home.kyodo.co.jp/modules/fstPhotos/index.php?page=1&cmenuid=47 JapaneTimes(英語) http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20071103f4.html 日系新聞「よみタイム」インタビュー(日本語) http://www.yomitime.com/hito/75_tamura.html 日系新聞「デイリーSUN」(日本語) http://dailysunny.com/event/2007/11/post_169.html#more それから、 長らくお待たせいたしましたが、 来年のコンサートツアーの詳細が 今日から正式告知になりましたので、こちらにお知らせさせていただきます。 今スタッフともども、色々な案を練って 楽しい、中身の濃いコンサートになる予定の上、 ごらんのように、とてもリーズナブルな価格!(笑) ですので、みなさま是非是非 お誘いあわせの上来て頂ければ、 本当に、嬉しく思います!!! 100万人のクラシック ヴァレンタイン・スペシャル 田村麻子ソプラノリサイタル2008 【コンサートスケジュール2008】 1/26(土) 14:00開演 かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール 2/1(金)  19:00開演 横浜みなとみらいホール 小ホール 13(水)  13:00開演 浜離宮朝日ホール 20(水)  19:00開演 文京シビック 小ホール 22(金)  19:00開演 松戸 森のホール21 小ホール 27(水)  19:00開演 府中の森芸術劇場 ウィーンホール 29(金)  19:00開演 鎌倉芸術館 小ホール 【主催】朝日新聞社/イープラス 11月23日(金・祝) 一般発売開始! 2,500円(全席指定/消費税込) http://eplus.jp/asako/ 【お得な期間限定先行優待販売のお知らせ】 朝日新聞アスパラクラブの会員様専用(会員登録は無料) 11/6~20 1,800円(先着順申込) http://aspara.asahi.com/ イープラス会員専用(会員登録は無料) 11/12~20 1,800円(先着順申込) http://eplus.jp/asako/ 公演のお問合せ CC MUSIC FACTORY 03-5210-9072(平日10:00~17:00) e-mail ccmf@crystalarts.jp それでは、よろしくお願い申し上げます!! 人気blogランキングへ

魔法にちなんだオペラ2つ

11月になりましたね!自分の生まれ月でもないのに なぜか11月が大好きです。秋が好きだからかな、、、 NYもいよいよ冬時間になります。 冬時間が始まるとなんとなくワクワクするのは、私だけでしょうか、、? さて、来週からオペラ「ロラーコロ」と、「リンカンテゼィモ」 のリハーサルがいよいよ始まります。 リハといっても、非常に数が少ないので、 1回1回のリハでは集中しなければならず、 それまでの個人での練習が非常に大切、、、 と言ったわけで、私も最後の追い込み勉強&練習をしています。 日本で上演された事がないので、 邦題でなんと言っていいか分からないのですが、 それぞれ、[お告げ」「魔術師」とでも訳しておきましょう。 両方全く違ったオペラでありながら、 どちらにも、預言者というか、占い師というか、 そういった人間の叡智を超えた物の話し出てくるオペラで、 二つとも、ヴェリズモオペラといわれるカテゴリーに属しています。 ここで、少しWikipediaから引用を、、、、、 ヴェリズモ・オペラ(verismo opera)とは、 1890年代から20世紀初頭にかけてのイタリア・オペラの新傾向である。 同時代のヴェリズモ文学に影響を受け、 内容的には市井の人々の日常生活、ありのままを描写し、 音楽的には声楽技巧を廃した直接的な感情表現に重きを置き、 重厚なオーケストレーションを駆使することをその特徴とする。 とされています。 歌う側に廻った時に、 ある程度のドラマ性の為、自由な表現の許されることの多いヴェリズモは かなり好きです。 実は、今回は生まれて初めてのヴェリズモオペラになるのですが、 そんなわけで、楽しく勉強しています。 今回ソプラノ主役を歌うロラーコロは、サンフランシスコのチャイナタウン が舞台で、私の役はAh-Joeと言う中国人の若い女性。 アーヨーイと発音し、まるで日本の女性名 ”ヤヨイ”のようで なんだかちょっと気に入っています。 音楽は、大変美しく、ちょっとプッチーニにも似ていて AhJoeとBF役のテノールSanLuiが歌い上げる、 愛のテーマは非常に耳に残る、とても美しいメロディーで 最近私の料理中や掃除中のハミングは、この音楽ばかりです。(笑) 1915年に旧METで初演されてから、 第2次世界大戦の始まる前の17年間の間に、なんと55回も上演されたと言う 人気作品だったそうですが、 戦後は、全く上演される事もなく 今回は、実に75年ぶりの再演だそうです。 キャーーとても興奮します!! 一方、以前もお話したアプリーレ・ミッロの代役を務めるリンカンテゼィモは 私の第3の故郷ヴェローナの作曲家イタロ・モンテメッツィの作品で ものすごくマーラーに似ています。 特にシンフォニーの5番、それから ワグナーのトリスタンとイゾルデにもところどころ似ていて まあ、、美しい、、、と思っているうちにどんどん音楽が進み つい、出とちったり。。。まだまだそんな事をしています。 ちなみに、このように過去の録音のない現代オペラなどを勉強する時には ことさら自分の読譜力に感謝する事が多く、 本当にピアノが弾けてよかった、、、、! 小さい頃からソルフェージュをきちんと勉強しておいて良かった、、、! と、最近では 心から、何度もそう思っています。 これも幼児期に、比類なく厳しかった母のお陰。。。 この場を借りてお礼を言いますね、 ありがとう!!! ではではまた、近況報告いたしまーーす。 人気blogランキングへ
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。