上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 2007年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しかったけど悔しかった

嬉しい、かつ不思議な事が起きています。 新しいマネージャーに代わってから、 わずか2週間のあいだに、3つも仕事のオファーが来たのです。 なんといっても、 仕事のオファーとはいいものです、 何しろオーディションを受けゲットしなくても 向こうからやってきてくれるのですから。(笑) しかし折角やってきてくれたこの仕事たち、 結果から言うと、3つとも異なる理由で受ける事が出来ませんでした! 残念無念。 まず、一つ目。 先々週の火曜日の朝電話があり、 ヴェルディのレクイエムが出来るかとのこと。 その3日後の本番に歌う事になっていたソプラノの代役の話でした。 もしYesと言っていたら、その日の夕方には現地に飛んで その金曜日に本番を歌う事になっていました。 私の大好きな、素晴らしい作品ながら、私のレパートリーでもないため、 全く勉強した事がなく、譜読みの早い私でも、さすがに自信がなく、 残念ながらお断りすることに。 それでも、何となく悔しくてその日から少し勉強してみたのですが、 知っているという事もあり、案外歌えます。 これなら、1日あれば、死んだ気でやれば出来たかもなあ、、などと 思いましたが、後のまつり。 最近一緒に勉強しているコーチも”やればよかったのに”と一言。 そうですね、、、、ヴェルディレクイエムの作品自体へのリスペクトが強いあまり、 つい自分を過小評価していました。 よーし、次回からは引き受けるぞ!! 二つ目。 今週月曜日にきたのは、去年歌ったエルパソ・オペラ・カンパニーから プッチーニ作曲「三部作」の全3役といわれました。 三部作とは、ドラマティックな「外套」、悲劇の「修道女アンジェリカ」 喜劇「ジャンニ・スキッキ」と言うそれぞれに素晴らしい作品から成る、 オペラで、通常この3作のそれぞれのヒロインを歌うのは 3人全く別々のソプラノです。というのも、 それぞれ全く、年齢も、キャラクターも、声の求める質も違うので当然なのですが、 なんとエルパソはそれを、1人のソプラノでやると、 しかも、その白羽の矢を私に立ててくれたのです。 レパートリーが違う云々の前に、これは大変魅力的かつ、 やりがいのあるものだと思い、是非やりたいと思ったのですが、 残念ながら、日本のツアーの最後の方のスケジュールと リハーサル期間が重なるため、どうしてもできませんでした。。。 正直、これはかなり悔しかったです。 全く性格の違う3役を一晩でやるのは、めったにないチャンス。 女優魂にも大いに火がつくものです。(笑) まあ、でも仕方ありません。 そして3つ目。 先週半ばにまた急に電話があり、 来週水曜にドメニカン共和国でオペラガラコンサートがあるが、 日曜から飛べるかとの事。 こちらも、ソプラノのキャンセルによる代役で、かなり大きなコンサートとはいえ オペラガラコンサートは、オペラそのものよりも負担が少ない上、 共演者たちも皆、面識のある良い歌手たちだったので、やりたいと思いましたが、 何とも残念な事に、今私は、ヴィザの関係上、 いったんアメリカ国外に出ると、かなりややこしい手続きが必要な身の上なので、 こちらも泣く泣くあきらめる事に。。。。 まあでも、こういう事がおこっても 昔ほどは悔しくないので、私も成長できているな、、と確認できて 悪くはありません。 今、何らかの理由で出来なかったのは、やらなくてもよかったもの、 やる必要のなかった事で、まだ時期ではないという事。 それでも、話しがきたというのは、天からのお知らせ。 近いうちに、RightTimingで ちゃんと仕事のできるものが来る事でしょう、 今はそれを楽しみにしています。 自分のパワーさえ保っており、練習さえしっかり毎日しておけば 何も動じるものはありません。 これからも、これまで通り、まだまだ修行です。 それではまた! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

CDの宣伝をさせていただきます

以前お知らせいたしました通り、 10月24日に私のCDが、発売になりました。 タワー、アマゾンなどのオンラインでも購入して頂ける事になり 喜んでいたのですが、 私がぼーっとしていると、こちらでも売れ行きが良くないと、 今後おいてもらえなくなるかも可能性もあるという事なので、 早速、もう一度、宣伝させていただきますので、 ご協力いただけると、嬉しく思います。 どうぞよろしくお願い申し上げます!! タワーレコード http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1690036&GOODS_SORT_CD=102 アマゾン http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E6%9D%91%E9%BA%BB%E5%AD%90-%E3%82%BD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8E-%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E9%9B%86/dp/B000WM83GO アサヒレコード http://www.aaaa.co.jp/item/00000741964.html ダイキサウンド http://www.j-indies.jp/artist/top3.asp?jan=4948722335924 セブンアンドワイ http://www.7andy.jp/cd/detail?accd=C0179987 楽天 http://item.rakuten.co.jp/book/4791929/ ちなみに、 上記リンクでは 視聴していただけるところがありませんので、 もし、少しでも聴いてみたいと思われた方はこちらからどうぞ、、 http://www.iltrittico.net/home.php?pag=art&id_type=13&id_art=17&grid=7&lang=ita それでは、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ところで、 最近余り写真をアップしていない事に気がついたので、 こちらを、、 ハロウィーンにあわせてすっかり可愛い町のウィンドーたち。 これは、ディズニーストアで、人形で出来たスカートです、、すごくないですか? うちの近くのカフェにて。コメディナイトという事で、 コメディアンがショーをしています。 それでは!こちらをクリックすると、ランキングに投票が反映されますので、 よろしくどうぞ。→人気blogランキングへ

私の歌がちゃくうたに、、、!

こんにちは、今日もお知らせです。 みなさま、 「インディーズエクスプレス55」というサイトをご存知でしょうか? こちらでは、携帯電話のちゃくうたを配信しているサイトで、 現在、こちらから 私の歌をちゃくうたとして、ダウンロードしていただけるようです。 http://ie55.net/ 携帯でのアクセスによるらしいのですが、 私の歌が、このサイトの 「携帯の着うたリスト」の中にあるようですが、 下記のPCサイトの、QRコードからも 入っていただくこともできるようです。 http://www.oval-japan.net/ie55/ http://www.ebsweb.jp/distribution.html http://www.hudson.co.jp/mobile/uta/index.html http://www.daiki-sound.jp/index.asp と自分でここまで書きながら 実は、あまり自分でもよく分かっていないのが正直なところです、、 日本の携帯では、WEBにアクセスする事はあまり珍しくないのでしょうが、 私は、WEBへのアクセスはほとんどがPCから、 そして、携帯は、アメリカで使っているものは写真も取れない機種のもののため、 時代に取り残されている感じです。 とはいえ、 自分の歌が、携帯の着信うたとして流れてくれる事に関しては、、、、、、 ちょっと感激しています。 2005年にハンガリー国立歌劇場オーケストラとともに録音した オペラアリア集のCDが音源ですが、 その録音が、今年、実際にCD化されるまでには 紆余曲折だらけで、さまざまな困難ゆえ 一時は、発売にするのをあきらめかけた事もあったくらいでした。 しかし、実際にCDにして 知人友人をはじめ、色々な方から感想を頂き 「毎日聴いている」「朝聞くと、部屋の空気が清浄になる」 「落ち込んだ時聴いたら、気分が明るくなった」 「音(こえ)と音との間のエネルギーが全く途切れる事がなく、 聴いていると身体に良いエネルギーが充満してくる」 など、心から嬉しいと思う感想をいくつも頂き、 それだけでも、感謝、そして 思い切って発売することにして 本当に良かったとしみじみ思っています。 公式の発売は昨日でしたが、 聴いていただけましたら、また感想など聞かせていただければ幸いです。 ちゃくうたの方も、すでに 今日10月23日より配信ということなので どんどん訪れていただければ、大変嬉しくありがたく思います。 みなまさ、ほんとうに心より いつも応援してくださいまして、有難うございます。 人気blogランキングへ

WEBインタビュー記事

今日もお知らせをさせていただきます! ちょうど2週間ほどまえに、取材を受けたものが このたび、記事になりましたので よろしければ、ご覧くださいませ。 http://www.iseeny.com/success/success_23.php これまで、何度かインタビューを受ける機会がありましたが、 録音したものを忠実に起こして文にする方、 ノートをとり、後から、直感も交えて色々書き進める方、 色々な方がいらっしゃいました。 今回は、 とても素敵な女性のインタビュアーの方が、話しを丁寧に 聴いてくださって、 今回のようなものに仕上がり、私も、嬉しく思っています。 それでは、、また次回に、、、、! 人気blogランキングへ

地味な生活

最近、地味に頑張る日が続いています。 オペラ歌手、プリマドンナ、というと どんなに華やかな生活、、と思われる事も少なくありませんが、 実体は、毎日の練習、実際に声は出さなくても いろいろCDを聴いたり、音楽を解釈したり、 テキストを読んだり発音の練習、言葉の勉強、 歴史を勉強したり、勉強、練習することに終わりはなく、 そのほか、身体作りに、走ったり、エクササイズをしたり 人によっては、毎日の筋トレ、、など 実に歌手には、色々やる事がいっぱいあります。 私も、最近はそれに加えて、 地味にメールを書いたり、色々な資料を作成したり、 (殆どの仕事のオファーは、メールできますし、やり取り、 契約うんぬんも、最近はすべてEメールです。) 人が考えている以上に、コンピューターに向かう作業も多く、 以前も書いた事がありますが、舞台で歌っている姿は 氷山の一角であり、他は、地味な作業が殆どの毎日です。 そんな中、 私もようやく、個人のホームページを持つに至りました。 といっても、今はまだドメインをとったばかりで、 本格的なページのOpenは、 年末近くなってからになると思いますが、 よろしければ、今後、こちらのページをこのBlogとともに、 お気に入りに入れていただけましたら、幸いです。 http://www.asakotamura.com/ それでは、今後とも、よろしくお願い申し上げます。 今日はお知らせでしたーー!! 人気blogランキングへ

また何となく嬉しかった日

きのう、ダウンタウンのある洋服屋さんのレジにて 会計をするためにキャッシャーにいくと、 信じられないくらいの長蛇の列。 恐ろしい人数を見て一体何時間かかるのかと怖気づきながらも 列の後ろに並び始めて暫くすると、 後ろから、ハミングで歌う声が聴こえます。 ふと見ると私と同じくらいの女の人が、 5点ほど可愛い服を持って、並んでいたので思わず 話しかけます。 「あなた歌手なの?」 「そうなの、ジャズを歌ってるのよ」 「へえ、かっこいいわね。」 「そういうあなたは?」 「私も歌手なの、私はオペラを歌ってるの」 「Oh My Gosh! オペラ大好きなのよ、素敵だわ!」 話しているうち、彼女はオーストラリア出身だと判明。 確かに、強いイギリス訛りがあります。 その会話をききつけた私の二人前に並んでいた婦人が突然にこにこと、 「あなたオペラ歌手なのね?ソプラノ? 私は、サザーランドが大好きなんだけど」 彼女は、さっき並んでいた私をさっと追い越し、列の二人前に横入りしたので、 思わず文句を言おうかと思った方でしたが、 文句を言わなくて良かったと思いました。 そのうち、私たち3人が話すのを聴いて、 そのオペラ好き婦人の更に二人前に並んだ人までも [私、BeverySills(ビヴァリー・シルズ)と友達だったのよ。 彼女のオペラは殆ど聴いたわ。」 と、会話に加わってきました。 (ビバリー・シルズとは、60-70年代をピークに活躍したアメリカ人のソプラノで、 アメリカでは、いちばん有名なオペラ歌手とまで言われていましたが、 残念ながら、つい先の7月に他界されました。) 洋服屋のレジの列で、こんなにオペラ談義に花が咲くと思わず、 何時間も並ぶと思われた退屈な時間も あっという間に過ぎていきます。 しかも、その場にいた3人とも、今度の私のリンカーンセンターのデビューを 聴きに来てくれるといいます。 そして、目ざとく 「あなた今度このドレスを本番で着るの?」 と買うつもりで手に持っていた少しエレガントな服を指差してこういいます。 「これは本番のガウンではなくて、 レセプションとかオーディションで着ようと思っていて、、」 [んまあ、可愛いわねえ。。。私はこんなの小さくて着られないわ」 世界中いずこも、おば様は同じです。 そして、そのうち、 「あなた、このメンバーズカード持ってる?持ってないなら、会員になりなさい、 10%オフになるわよ!それに登録料はタダ!」と、 どこかの回し者のように、勧めてくださいます。 結局、オペラの話から色々に花が咲きましたが、 あっという間に順番が廻ってきて、 「話せて楽しかったわ、コンサート行くからがんばってね」 とお開きに。 愛すべきマンハッタン。 今日も何となく嬉しかった日でした。 それでは。。。。! 人気blogランキングへ

何となく嬉しかった日

こんにちは。 12月は、L.A.の日本大使館(総領事公邸)にて 君が代と、星条旗よ永遠なれ、を天皇誕生日パーティーにて 歌う事になっているほか、 その3日後に、アジアンアメリカンシンフォニーオーケストラという 団体の、ヘンデル”メサイヤ”と、 初挑戦のグノー作曲”ミサ・ソレンネッレ(サンタ・チェリーリアミサ)” を、L.A.の、Pasadenaという素敵な町のオーディトリウムにて 歌う事になっております。 そして、今日は、そのサンタ・チェチーリアミサの楽譜を手にいれる為、 マンハッタンに出たのですが、その際に、 なんと偶然ばったり、6人もの知り合いに出くわしました。 びっくりした、、、そんな日もあるものですね。 わずか2時間くらいの間に、 今シーズン、シティオペラでデビューを果たした音楽院時代からの韓国人歌手の友人、 私と同じくらいか、それ以上にながくNYにいる素晴らしい日本人ピアニストの友人、 仲の良いバリトン歌手の奥さんでもあるアメリカ人メゾソプラノの友人、 昔同じマネージメントにいたロシア人ソプラノの友人が子供を連れて、、、 音楽院時代の音楽学の先生、、などなど。 それぞれ、地下鉄の駅や、公立図書館でや、道ばた、ダイナーなどで ばったり会ったのですが、 あんまりにも、偶然に多くの人に会うので 不思議な気がしました。 そして全員音楽家、 そして全員がどことなく急いでいて忙しそうでした。 でも、みんなお互いに偶然にあったことを笑顔で喜び合い、 わずか数分でしたが近況を報告しあい、 またいつかゆっくり会いたいね、、と言いつつ分かれる、、 そんな時間がもてて、 なんだか何という事もないのですが、 ちょっと嬉しい日でした。 人はみんな1人で生きているけど、1人じゃない、と感じた日と言うか。 さあ、練習練習。 それでは、また! 人気blogランキングへ

群盗の映像です

こんにちは! 現在私は、自分のウェブサイト(ホームページ)を開設する為に 遅まきながら色々な準備に取り掛かっております。 英語、日本語、そして出来れば、イタリア語でも、、、と欲張っているので 揃える資料の数は膨大になり、かなり大変ですが、 それでも、今回作成してくださる方たちとともに、 色々、作業中、、、というわけです。 ところで、そんなさなかに、 まだ皆様にお披露目していなかった映像を見つけました。 半年ほど前に、友人から "Do you know this..?"と言って、送ってきたものですが、 1年半ほどまえに、フロリダのサラソタで歌ったヴェルディ作曲の 「群盗」の本番の舞台です。2幕の重唱のみなので 7-8分の長さですが、よろしければごらんください。 アマーリア役は私、そしてバリトンは、Michael Corvino氏です。 http://www.streamingculture.org/directory/launch/preferences?mediaid=2343 実の父のように慕っていた、 恋人の父親の不慮の死を悲しむまもなく、 その死の張本人である、フランチェスコ(バリトン)が 私、アマーリアの元にやってきて、彼から、愛の告白を受けます。 心に決めた恋人がいると言うだけでなく、 彼のことを憎みすらしている彼女は、その申し出は当然受け入れらないものですが、 彼は力ずくで、俺と結婚しないならば、国外追放だと脅します。 そんな彼に対して、決死の覚悟で、剣を突きつけるアマーリア。 そんな緊張感あふれるシーンで、私は大好きでしたが、 その部分が、こちらで聞いていただけます。 ところで、どのオペラもドラマティックですが、 今私の勉強しております、ロラーコロ(L'oracolo)も 話しの内容、音楽ともに、非常にドラマティックです。 サンフランシスコのチャイナタウンで起こる悲劇なのですが、 音楽は美しく、段々この作品が好きになりかけているところです。 それでは、また次回にーー! 人気blogランキングへ

キリテカナワのコンサート

こんにちは。 さて、昨日は、ニュージーランド出身で、絶大な人気と実力で一世を風靡した ソプラノ、キリ・テ・カナワのリサイタルを聴きに、カーネギーホールへ行ってきました。 2800の客席数であるカーネギーホールでリサイタルを行い ほぼ満員に出来るのは、 良く知られたスターにしか成しえない事。 よく「カーネギーホールにてリサイタルを行う」と言うのも、 ほとんどは、カーネギーのメインホールの事ではなく、その横にある、 キャパシティ300席弱の、ヴァイル・リサイタルホールの事で、 こちらは、日常的に、良くリサイタルが行われており、 メインのカーネギーでリサイタルを行えるのは よほどのスターのみに限られます。 そのメインのカーネギーのステージ、 昨夜の、イギリス政府よりDameの称号まで受けた プリマドンナ”Kiri”のリサイタルでは、 一番上の階までほぼ空席がない状態。 そして、彼女がステージに現れるや否や、 満員の聴衆は、歓声と口笛とともに、熱い拍手で 彼女を迎えます。 私も、これぞ「プリマドンナ」という一時代を築いた人の舞台を 最近見ていなかったせいか、そのきらきらしたオーラに 一瞬圧倒され、これこそがプリマだよなーーと思ってみていました。 金髪にエメラルドグリーンの薄い生地のドレスをまとって 人をわくわく、うっとりさせるような気分を起こさせる 一流のオーラは、63年間の彼女の人生を持って 培われたものに違いなく、 歌と同様、その生き様を舞台の上で 堪能させてもらいました。 舞台では全てが出ます。 そして、一番大切なものは、その人にしかないものを魅せるという事。 彼女の場合は、誰にも負けないエレガンス、 そのClassyかつチャーミングな佇まいは、彼女にしかないもので、 はたまた、私も自分を振り返って、 自分にしかないもの、自分のカラーというものをまた考えさせられた 良い時間でした。 また伴奏は、 これまた素晴らしいWarren Jones(ウォーレンジョーンズ) R.シュトラウスのMorgen(朝)の美しい後奏の一番最後の 天国の響きのような和音のあと、ホール中の2800席は、 まるで時が止まったような無音の状態、 まるで何十年も経ってしまったかのようなしじま。 深い瞑想状態から抜け出るかのような、さざなみのような拍手。 特別な一夜でした。 コンサートは、それが特別素晴らしいものになるか、 それとも、普通に良いコンサートになるかは (途中で退場するのも辞さないほど酷い物もありますが、それは稀) 行ってみないと分からないところがあります。 昨夜は、行く前になんとも気が乗らず、結構疲れていたのですが、 コンサート終了後、ほんとに来て良かったと思いました。 いつも、良いコンサートの後は、良いエネルギーを頂くお陰か、 「どんな辛い事があるとしても、 やっぱり歌手でいられる事は有りがたいな、そしてこうして、 多くの人に良いエネルギーを与える事のできる歌手で 居たいな、、、」と思うのです。 このように素晴らしいコンサート巡り合わせて頂けること自体、 神からまだまだ歌い続けるべきだよ、、とメッセージを 受け取っているとも思います。 私ごとですが、来年1月末から2月末にかけて、 ソロのリサイタルが、 東京全10箇所にて、行われます。 朝日新聞主催の為、 浜離宮朝日ホールにて、バレンタインコンサートとして行われるものがメインですが、 他にも、あちこちに行きますので、 都合があって、興味のある方はぜひぜひ、いらして下さい。 それから、NYででは、 先ほど上記したカーネギーのヴァイルリサイタルホールにて 来年5月に友人歌手とともに、ジョイントリサイタルを行います。 どちらの機会も、 ホントに来て良かったーーと思っていただけるような コンサートに必ずしたいと、今から思っています。 と言っても、その前に、 まだまだ沢山別の本番があるのでした、、、。 とりあえずは、リンカーンセンターに全力投球です。 それではまた! 人気blogランキングへ

オペラを観に行く時

最近、11月13日のコンサートのためのインタビューや、ちょっとした撮影、 各種の打ち合わせ、それから自分の練習、勉強、などでかなり忙しくしておりますが、 そんな中でもやはり、オペラやコンサートには、かなり頻繁に行っています。 先週は、MET話題のロミオとジュリエット、そしてまた別の小さい劇場での 同じロミオとジュリエット、を観て、昨日はナタリー・デッセイ(フランスのスター) の出演するランメルモールのルチアを観に行ってきました。 感想、思う事、は山ほど有ります。でも いつもオペラの感想はこちらで詳しく書かないのは あまりに有りすぎて、一つ書くと、終わらないくらい長くなる、という事と、 ともすると、悪口のように響く場合もあると思うので 今回も、やはり書かない事にします。 匿名でなら書きたいところですが、、、(笑) ところで、 私は大抵オペラを1人で観にいくのですが、 今回は、同じようにこちらで歌を頑張っている日本人の ソプラノの友人と観にいきました。 彼女は同じソプラノでもあり、 同じように一番競争の熾烈なソプラノの分野で、 バタフライを歌わない日本人として頑張っている友人で 主役ではないものの既に、METでも 歌った事のある経歴を持っています。 奇しくもNYでのアパートメントも近く 普段も仲良くしているのですが、 彼女とオペラを観にいくのは殆ど初めてでした。 しかし、 本当に、胸のすくこと! 感じる事や感想が全く一緒なのですね。 よいと思うもの、よいと思うところ、全て一緒で、 よいと思わないところ、好きではない所、まで 完全に一緒で、本当に彼女と観るのは楽しかった。 なかなか、こうはいかないのです。 そして、全くアリアの間の拍手や幕間の休憩で あまりに、違う感想の方と一緒だと、 自分の意見を言うのもためらわれたりして、疲れたりすることもあり、 やはりオペラは1人で観に行くのが一番、と思ってしまうのですね。。。 (歌手の方で意外にそういう人は多いようです) これは何の世界でもいえることだと思いますが、 それをやっている人にしか、けっきょくその「技術」の部分では 理解できないのではないでしょうか。 「技術」のほかの部分、または心の部分に関しては、 五感の繊細な人や、カンの良い人は 結構分かるものだと思うのですが。 たとえば、私はバイオリンやフルートを聴いて その音楽的な部分はかなり理解しますし、 意見もしますが、技術的なことでは 何が難しくて何がすごいのかという事は 結局はよく分かりません。 ご自分では歌わないけれど「オペラ好き」の方は、 相当、分かっていらっしゃるなあ、、と言う意見がよく聞かれますし、 また門外漢ですが、、と前置きして言われるそういう方たちの意見と言うのは かなり興味深いものもあって、 それを面白く聞くことは多く、私は好きですが、 こと技術に関しては、 やはりやったものでないとなかなかわからないものです。 野球や、テニス、はたまた将棋や絵や、、、 なんの世界でもそうですよね。 という事で、 やはり、何でも好きなものは 見たり観賞したりするだけでなく、まず自分がやってみる、と言うのが 正しい、と思います。 ですので、 私も以前こちらでご紹介した、導引 毎週楽しく通っていますよーー。 みなさまも、今何かはまっているものがあったら、 教えてくださいね。 それでは、また次回! 人気blogランキングへ

不思議な現象

こんにちは! NYでは、予想以上に気持ちの良い日々が続いています。 皆様は、いかがお過ごしですか? 私は、明日、あさっての木、金と またオペラ講義でレクチャーする事になっていますので その準備で、少しバタバタしておりました。 週末には、またゆっくりと更新したいと考えております。 さて、今日は少し不思議なことがありました。 実は最近、友達の紹介で、 導引という気功のようなYOGAのような体操のクラスに 行く事を始めたのですが、 これが、初回からとても心身ともに気持ちがよく 先生も、 あらゆる東洋医学、身体の勉強を究めた方のようで クラスの間、さまざまな事を教えてくださいます。 体操自身もハードなものではなくて、自分の身体の反応をみながら 進めてゆくような感じで、私はとても気に入っているのですが、 今日、クラスの後に、 目の下の皮膚が少しかゆく、気づくと赤く腫れていました。 実は、私は肌が敏感で、空気や水や乾燥、環境の変化にとても弱く 特に、仕事が続いて、国を変わる事が多くなると てきめんに顔の肌が荒れたりする性質を持っていているのですが、 その先生は、 クラスを始める前はなんともなかった私の目の周りの肌が クラスの後に、赤く腫れているのをみて、 「腎臓に毒素がたまっているんだよ」と一言。 私も、心身ともに気持ちの良い体操のクラスの後、 (本当に頭の中も、体中もすっきりするのです) こんな風になるのは、何かの好転反応だと思ったのですが それが腎臓からきているなどとは、思いもよらず、 そのあまりの体操の効果と、好転反応の速さにひたすらびっくり。 先生によると、目の下の肌は、腎臓と関係しているとのこと。 実は、肌の弱い私は、いざインタビューやテレビ録りのある日に 肌がボロボロになったらどうしよう、、という懸念を常に持っており、 オペラのメイクでも、いつもうるさいほどメイクさんに メーキャップ用品の成分を確認したり、メイクをなるべく控えてもらったり、、 と言う苦労をしているのですが、 肌が過敏で弱いことを克服したいなあ、、といつも思っていました。 ですので、今回 この先生とめぐり合えたので、 早速先生に後日、診察をお願いしました。 どのように言われるか、今からとても楽しみです。。。。 ところで、 どなたか、腎臓について詳しい方がいらしたら 私にまた何か教えてくださいますか? 先生によると、アレルギーは殆ど 腎臓の問題から来るという事らしいです。 ということで、 今日は、日常的な内容で失礼いたしました。 それではまた次回に! 人気blogランキングへ
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。