上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 ご報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆく夏、くる秋

ずいぶんと報告が遅れましたが、書きます。

九州電力主催のふれあいコンサート、最後の3公演は、
宮崎の西都市民会館、大分の日田パトリア(とても素晴らしいホールでした!外観も内装も、音響も!!!)
そして、最後の北九州市、行橋市民会館。
毎回それぞれに楽しさと、発見があり、何度同じ内容を行っても飽きないそんなツアーでしたが
ようやく8月22日の行橋を最後に終わり、最後には、私たち出演者も少しだけ涙目に。

そして22日の最終の飛行機で東京に戻った翌日は、
オペラシティで、東京フィルと河口湖音楽祭のためのリハーサル。
強行スケジュールでしたが、声も支障なくきちんと出てくれ、とりあえずはほっとしたのも束の間、
その翌日には、河口湖に移動、そして25日の日曜日は
今年の河口湖音楽祭のトリを飾る、グランドフィナーレのガラコンサート。

IMG_2522_convert_20120917000551.jpg

最初の1部は、ジョン健ヌッツォさんと共に、オペラのアリアを数曲とデュエット。
そして2部は、森山良子さんのオンステージで、彼女もオーケストラやピアノの共に、素敵な歌の数々を披露。
そして第3部は、私のサマータイムや、ジョンとマイクを持って、Time to say goodbyeを。

良いコンサートになるだろうな、、、という予想をはるかに超え、
お客様の反応も最高によく、大変盛り上がった、素晴らしい舞台となりました。
共演者の皆様、お世話になった方々、
どうもありがとうございました!!

そして、私の夏を締めくくった最後のコンサートは、
9月2日の六本木ヒルズでのコンサート。
東京庭園美術館の朝香宮邸の工事による閉鎖のため、
そこで行われていたサロンコンサートが、一時的に
今年は、六本木ヒルズクラブに移動してのコンサートだったのですが、
素晴らしい51階からの眺めは特筆すべきものがありました。

こちらは、コンサート後に朝香宮ご夫妻と共に。

IMG_2961_convert_20120917000755.jpg


このときにお茶をしながら、
色々とお話させていただいた事がとても印象に残っています。
さて、3週間後には
京都にて、ベートーヴェンのミサ・ソレムニスが控えていますので、
結局NYに戻らずに、そのまま日本に残って
練習をしながら、久しぶりにのんびりしています。
同志社学生混声合唱団の創立65周年記念コンサートだという事で、
私も、この素晴らしく美しいものの一部になれる事を、
今から楽しみにしています。
ソプラノソロは、第9と同じように技術的に、なかなか手ごわいですが。

また、来年2,3月には又フロリダのサラソタオペラにて、
ビゼー作曲「真珠とり」というオペラの主役を歌いますが、
初役の上、あまり喋れないフランス語歌詞、そして
1月にはもう稽古が始まってしまいますので、
そろそろしっかり勉強にとりかからなくてはなりません。
こちらは、もう少ししたら
情報を公開いたします。


それでは!!!


しかし、秋ももう半ばだというのに、まだまだ暑いですね。。。。

スポンサーサイト

九電ふれあいコンサート

こんにちは、皆様。
暑い盛りですが、何とか元気に九電ふれあいコンサートをこなしています。
その合間に、
東京にも割りとチョコチョコ帰ることが出来ているので
それも助かっています。

さて、今日は写真での報告ブログにしました。
各写真にコメントをつけましたので、どうぞご覧ください。。。。!


まずは、失意の種子島公演キャンセルの後の、ツアー3回目公演となる佐賀市民会館での本番。
舞台側からとってみました。
九響さんのリハの様子も入っています。大きな会場で単純に嬉しかったです。
photo 1

それから、こちらはツアー4回目の、長崎県、大村市民会館。佐賀よりは少し小さめでしたが
歌いやすい良いホールでした。
私個人的には、マダムバタフライの蝶々さんの出身の大村市という事で、少し興奮気味でした。笑
photo 1 (2)

こちらは、ツアー5回目の、福岡県、八女市民会館 おりなす八女
最近新しくリノベーションされたという事で、気持ちよく演奏させていただきました。
photo 3 (2)

こちらは八女での終演後に。左から私、指揮者のケン・シェさん、司会の林家三平さん、ピアニスト熊本マリさん。今回、この若きマエストロのケンさんは、大きな流れの音楽を作ってくださる方で、そのタクトから生まれる九響さんのサウンドも素晴らしく、三平さんの司会は軽妙で楽しく、マリさんは、華麗なピアノを披露。
とても楽しいコンサートだと思います。
photo 4 (2)
又、学生コンクールで入賞した、才能ある若い10台の演奏家たちが
各回に一人ずつ、コンチェルト矢、オーケストラとの演奏を披露してくれるのですが、
それがなんともみずみずしく、今コンサートにフレッシュな華を添えてくれています。

そして、このコンサートの後半では、
オーケストラによるマルマルモリモリの伴奏で、
会場中が一緒になって踊るシーンがあるのですが、
毎回誇らしそうに、登場して、一緒にマルマルモリモリをステージで踊ってくれる10数人の子供たちは
可愛らしく、大げさなようですが、皆このまますくすく育って欲しいなあ、、、と毎回、勝手に思っています。笑

さてこちらは、佐賀でのコンサートの後の打ち上げにて頂いたお食事。
有名な「くらおか亭」というところにて。
まずは、最初に鯨ベーコン、中トロなどから。。。
photo 4

そしてメインは、佐賀牛!
こちらは、佐賀牛のローストビーフ、生まれて初めて食べたその味は
本当に舌に乗せるとトロけていってしまいました。
佐賀牛と一口に言っても、そのランクは大きく分けて5段階あるそうで、
更にその中でも、12クラスに細かく分かれるとのこと。
今回頂いたのは、なんとA-5という最高クラスのなかでも
12分の11にあたる、最上級の佐賀牛。。。。
こんな経験二度とないかもと思って、たっぷり堪能させていただきました!!
photo 5

こちらは、大村市のコンサート後、ホテルの近くの割烹にて海鮮を食べた時。
この写真にも映っている海老がまだ生きていて、
そのグレープフルーツのようなぷりぷりした身が、
本当に甘くて美味しくて、ごめんなさい、ありがとう、、、と思いつつ食べた時の味を
まだ思い出します。。。!

photo 2 (2)

さあ、明日は宮崎に移動して、夜は西都市民会館にて
本番です!もう寝ますね。又次回に!!


メモリアルイヴェント Together for 3.11

こんにちは。


NYはすっかり春めいてきました。
さて、先週3月11日には、昨年の悲劇的な天災の犠牲者を悼んで、世界各地でいろいろな形でのイヴェント、セレモニーが行われたようですが、
NYででも、
犠牲になった方々への追悼、今現在まだ復興に向けて、日々がんばってらっしゃる方に向けてのエールの意味をこめて、Together for 3.11というもメモリアルイヴェントが行われました。

当日は1000人近くの人が、マンハッタンのアッパーウェストの由緒ある教会につめかけ、
熱気あふれる中静かに会は進行していきました。

そして、会の最後の方に、私がAmazing Graceを歌わせていただきました。


416959_315572485170271_294962283897958_882218_1874085600_n.jpg423353_315573491836837_294962283897958_882237_369202423_n.jpg
429707_315545361839650_294962283897958_881926_1510430830_n.jpg


まったくのアカペラで、しかもコンサートではなくメモリアルイヴェントで、ですから
私も自ずと、歌というよりも、祈りに近い気持ちでの歌になったと思います。

又こちらが、産後復帰第1弾の歌となった事は大変光栄な事で、
こういう場で、歌を歌う事で自分が役に立てるとは、
本当に有難い事だと、つくづく思わされました。

当日の様子を撮影した日本からのメディアのカメラ多かったのですが、
全てを網羅し切れませんので、
自分の映像のあるものだけ、少しこちらにご紹介したいと思います。


http://www.youtube.com/watch?v=7vq0KwEW4kM

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/japan-earthquake-and-tsunami-in/9136663/Japan-earthquake-and-tsunami-anniversary-The-world-remembers-Japanese-disaster.html

http://viewer.nyseikatsu.com/viewer/index.html?edition=388&directory=..%2Feditions

http://www.japanculture-nyc.com/2012/03/10/new-yorkers-come-together-for-3-11/#comment-2362

http://newyork.keizai.biz/headline/647/


それにしても、1年がこうも早いとは、、、

被害は深く、復興にもまだまだかなりの時間がかかる事でしょう。
私に何が出来るか分かりませんが、
個人的には、今後も折に触れ考え続け、
なんでも、出来る事をやっていくしかないのでしょう。

去年1年間は、サンフランシスコに住む知り合いの方が作ったリストバンドを
色々な場所で公演やコンサートをする度に、少しずつ売ってゆき、
(アイオワ州ドビュークでのオペラ公演、NYでのリサイタル、ミシガン州カラマズーでのオペラ公演、
フロリダ州サラソタでのオペラ公演、などなどでこつこつ寄付を集めました)
去年暮れにようやく、尊敬する友人から紹介を受け、
福島県にある東日本大震災ともしび会(http://www.cnd-m.org/ja/world/japan_earthquake2.php)
に、全額を寄付させていただきました。

縁あって紹介をうけたこの団体に寄付をすることが出来て
心から嬉しく思っています。

又今年の夏には
NYのアップステートで行われる音楽祭のオペラ公演があるのですが、
そちらで、
いくつか震災後の救援のための物品販売をしていただけるよう
今ちょうど色々と活動しているところです。

自分の歌が直接、間接的に、
自分の知恵や、アイデアなどが
日本救済のために役に立てる事は
本当に嬉しく、誇らしい気持ちにしてくれます。

私たちもがんばりますから、
被害に遭われた方々も、何とか強くがんばっていただけたらと、願っています。

それでは、又次回に。。。。

ご報告


こんにちは!

冬来たりなば春遠からじ、、、、

と言う文がありますが、これに
色々なことがあって辛い時期に、よく思い出しては
元気付けられていました。

今年も早くも明日から3月になり、
暦の上では一気に春めいて、文字通り春がやって来て、
(私はNYにいるのでまだ2月ですが、日本は既に3月ですね)
また、
自分の何度目かの誕生日がめぐってきます。

今年は既に、いろいろな事がありました。
前回のブログから既に1ヶ月以上たってしまいましたが、
その間に私は、人生における最も忘れがたい事が
起こりました。

という事で、皆様にご報告です。


去る1月15日、NYにて、待望の赤ちゃんを出産いたしました。
体重2995グラム、
私に似て泣き声のたくましい(笑)女の子で、
名前は麻里那(まりな)と言います。

麻子の麻の字を、どうしても娘につけたかったのは、
この「麻」には、いろいろな意味があったからです。

まず私の親が私に名前をつけた時に
”麻”は、丈夫で強い苗で
その繊維は洗えば洗うほど、使えば使うほど強くしっかりしていく、
と言う事にあやかって
困難を乗り超えて、更に強くなる子に育って欲しいと言う願いがありました。

私はその由来が大好きで、
実際に自分に困難な事が持ち上がったり、辛い事があると
このことを思い出しては、「私は麻子なんだから大丈夫!」
と、自分の名前によく励まされたため、
私の娘にも同じように、思ってもらえたら、、と思い
願いをこめて名前をつけました。

それにしても、
わが子を愛しく思う気持ちは、妊娠中の想像以上です。
よく、
子供を持つ人たちが、
「生まれた後からは、人生が変わるよ」と言うのを聞いて、
そんなに変わるものだろうか、、、、?
と思っていたのですが、
実際私の元に生まれてきてくれたわが子を胸に抱くと、
あっという間に、
私の持つ全てのものの中で最も大事な存在となり、
日に日に、その愛情は増していく感じがします。

特に寝顔を見ていると時間を忘れ、
「無事で生まれて来てくれて有難う」
「ママにならせてくれて有難う」
と言う気持ちが、自然に毎日沸き起こってきます。

そんなわけで、
しばらく育児に専念する為に、
大きなコンサート、パフォーマンスは、しばらくお休みしていますが、
ゴールデンウィークを過ぎたあたりからぼちぼち再開し、
夏には完全復帰する予定でおりますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

それでは又次回に。。。。

ロンドンのバタフライの友人評

人気ブログランキングへ


さて前回にもお知らせいたしましたが、
明日は、さっそくのチャリティコンサートです。
私の全ての明日の演奏は、
被災してなくなってしまった方々の追悼にしたいと思っています。

いつも思うのですが、
寄付というのは、何もお金だけではなく
思いや、祈りも、当然含まれると思います。

なので、お金のある人は、お金を、
体力のある人は、力を、
知恵のある人は、知恵を、
そして何もない人でも、祈りや思いを捧げるということで
それぞれが出来る事をすれば、
うまく回るようになっていると信じています。

さて、話は変わって、
ロンドンでのマダムバタフライの公演について、
友人が、ブログにアップしてくれましたので
よろしければ、是非読んでください。


まずは、NYでの友人、寺尾のぞみさんの書いてくださったもの。
彼女は、ミステリオという、
いつかこちらにもご紹介した事のある、
子供のためのサマーキャンプを主催している方で、
大切な友人の一人。
当日は、だんな様とともども、NYから駆けつけて下さいました。

http://blog.msterio.com/2011/03/asako-sans-madam-butterfly-in-london.html


それからもう一人、仲良しの友人、
俳優座の女優さんである田野聖子さんの書いてくれたもの。
彼女は普段は日本にいるのですが、
たまたま、近い日程で、
フランクフルトで仕事があるということで、スケジュールを変更して
わざわざロンドンに立ち寄って公演を聞いてくれました。

http://seikotano.jugem.jp/?eid=521


またどなたかが本番に部分的に撮影されていたようで
それが、早速Youtubeにアップされていました。
2回目の公演の1幕のラストです。
画像もあまりよくないのですが、
雰囲気は、少し分かるかと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=S8sUywyx7cA


それでは、又次回に!

人気ブログランキングへ
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。