上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
新・田村麻子のオペラな人生 世界各地の色々な町

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しだけ観光の様子を。。

人気ブログランキングへ


皆様、こんにちは。

こんなに、長い間つけていないとは少し自分でも驚きでした。
いろいろなことが目まぐるしく起こり、
あっという間に、8月ももう半ばとなってしまいました。。。。!!

さて、
キャンディード公演中に、
外国人キャストや、スタッフとともに、
短い時間ながら、あちこち観光につきあいましたので、
そのときの写真を、コメントなど入れながら
今日は、ご紹介したいと思います。

まずこちらは、1ヶ月近く滞在していた
ホテルオークラ神戸の自室の窓からの眺め。
小学生のころあこがれていた神戸ポートタワーが毎日見れて幸せでした。
view

こちらは、千秋楽の日に、舞台袖より。
多くのスタッフ、キャストが涙していました。
この後幕が閉じてから、舞台上で乾杯がありました。
after the show

外国人キャストらにせがまれて、奈良まで付き合いました。
しかし、神戸、三宮から直通で奈良までいけたのは、驚きでした。
それから、久しぶりに見るBigBuddhaはやはり大きかった、、、、、!
big budda


キャスト、ダンサーらの大勢でぞろぞろと、大阪の海遊館へ。
私も始めてだった上、すばらしい内容だったので、大いに楽しみました。
kaiyukan


外国人を連れての観光は、ある程度慣れているつもりですが、
いつも、彼らの「行きたい見たい知りたい」欲には、
びっくりさせられます。
この上記の、海遊館に行った日は、実は神戸での最終公演の日で、
翌日には、みな東京へ移動というスケジュールだったため、
13時からの公演が、終わって、少し舞台上で乾杯を終えた後、
16時半には、劇場を出て、17時過ぎから海遊館に行きたいと言い出したのでした。
わずか2時間弱しかないのに、みんなすごいなあ、と思いつつ
総勢20名弱の私たちは、電車にのって、ぞろぞろと海遊館へ向かい、
なんとはなしに、面白い時間でした。
ちなみに、その後、夜の大阪城を見たい、と言い
そのまま、本当に大阪城に向かったグループもありました。

まあ過去には、
東京を朝に出発して、
京都によってから、広島の原爆ドームを見学して
日帰りで東京に帰ってきた歌手たちも、いましたので
さほど驚きませんが、、、
しかし、なかなか外国人でもないと思いつかないスケジュールだとは思いますが。笑

それでは、また!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Vacance in Provence

皆様こんにちは。
早いもので、もうすぐ8月も終わりですね。
私はおかげさまで
この1週間、本当にゆっくりのんびりと
子供の夏休みのような
楽しい時間を過ごしました。

南フランスの郊外 プロヴァンスの
Les-arc-sur-Argensという所に滞在していたのですが、
毎日、泳いで、ピンポンをしたり散歩をしたり、、、
近年に無く、真っ黒に焼けてしまいましたが、
まあ、たまにはアリかな、、、、と思っています。

さてこちらは、アドヴェンチャーパークに遊びに行ったときのもの。
子供の頃木登りが得意だった私は、こういうアスレティックが大好きなので
前の日は、わくわくしていました。
aventure 1


下を見ると7~8メートルくらいあります。
こういう時は下のことを考えないでさっさと渡るのが正解。ちょっと怖いけどでも楽しいーー!
aventure 2

こちらは、Lac de Sainte croix と言う湖にて。
南アルプス麓のこの湖は本当に心が洗われるように美しかったです。
lac de sainte croix1

カヌーはなかなか力のいるスポーツでした。。。。
lac de sainte croix2

涼しい岩壁ですこし一休み。
lac de sainte croix3

フランスでは、どんなにビジネスに有能で、忙しく働いてもそれだけでは尊敬される事はなく、
忙しくても働いたとしても、同時に楽しんでいないと尊敬されないと
ある雑誌でフランスの人が話しているのを読みました。

私もようやく最近忙しさを楽しむことが出来かけているような気がします。
又同時に、その合間に沢山遊んでも罪悪感を感じなくなってきており、
この1週間とことん遊びまくって、月並みな言い方ですが、身も心も
本当に、健康になった気がします。
ヴァカンス万歳!!!!!

人気ブログランキングへ

イーストグリンステッド

皆さま、大変ご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか?

私は、5月末から今日にかけて
仕事とプライベートの両方で、ヨーロッパをほぼ毎日移動する日々を送っており、
本当に久しぶりに、ぐったり疲れています。が
用事も済み、明日には、ロンドンから成田に戻ることになっており、
いよいよ来週からは、怒涛の全国ツアーが始まることになっております!

ところで、、、
今これを書いているのは、イギリスのロンドン郊外、EAST GRINSTEDというところにある
友人宅にてなのですが、私はこの地が大好きです。
ガトウィック空港から近い、緑豊かなこの地は、とても静かで平和で
この地を友人宅を訪れるたびに、心が休まり、落ち着くのですが、
今日は、ふとあることに気づきました。
実はこの友人、私の小学校からの幼馴染で、
イギリス人の旦那様と結婚してから、ずっとこの地に住んでいるのですが
これまで何度となく彼女を訪れるたびに、毎回ものすごく良く眠れる事に気づいていました。
最初は、彼女が幼馴染で気心知れているから、、とか、おうちが新しくて清潔で
気持ちよいからかな、、、など色々考えていたのですが、
今朝、マルセイユからロンドンに移動した時に
あまりにくたくただったので、昼ごろ彼らのおうちにつくや否や
昼寝させてーーと、お願いしたきり、夕方まで実に気持ちよくこんこんと
眠らせてもらったときには
あまりにも、気持ちが良すぎる、、、これは何だろう!?と不思議に思い、
ふと、この地が持っている独特の力でもあるのかしら、、と
何気なく彼女の旦那に話してみました。
すると、意外にも、この地は、地球の特殊な磁場の働く場所として有名なところ
だと言うことでした。
だからだと言うわけでもないのでしょうが、
サイエントロジーというグループもこの辺りにあって
それに関連して、トム・クルーズ氏もこのあたりに暮らしているとのこと。

まあ、それとは関係なく、
いつも、この地に来ると、肌がつるつるするし、
空気はきれいで、気持ちがさわやかになるなあ、、、不思議に思っていたのですが
それを聞いて、更にこの地に興味をもちました。
今回も、毎回同様あまり彼女のお宅には滞在できないのですが
(たいていロンドンは、乗り換えや、通過点となることが多いので、、、)
次回は、ゆっくりこの地を楽しもうと思っています!
そのときには、是非皆様にも写真いりで、ご紹介いたしますのでお待ちくださいませ!!
それでは、、、

人気ブログランキングへ

パリでの景色&美味しいもの

NYに戻ってきて1週間過ぎました。
ちょうどいい季節で、嬉しい限り。

ところで、帰ってきた今となっては
何もかもが懐かしい
パリ滞在時の写真をようやくアップすることにします。

まずこちらは、住んでいたアパートメントの窓からの景色。
お友達のおうちでしたが、毎日きらきらしたエッフェルが見えて
楽しかった!

March+09+031_convert_20090426035722.jpg


それからこちらは、ヴェルサイユ宮殿の庭にて。
昨年コンサートでマリーアントワネットの歌曲を歌うことになった時に
フランス革命の前後の本を読み漁っていた為、まだ記憶は新しく、
散歩しながら、
アントワネットもドレスでこの辺りを散歩したのかしら、、、と思いをめぐらせつつ
この後は、彼女が唯一精神的安定を得ていた
プチ・トレアノンに向かったのでした。

April+09+024_convert_20090426040956.jpg


さてこちらは、お友達のうちに呼んでいただいた時のもの。
今回お友達になった彼女は、
パリでお料理をいろいろな国の人に教えるれっきとしたプロ。
最初はアボガドのスープから始まり、、、

April+09+058_convert_20090426050215.jpg


私が豚肉が好きだと言うことで
ローストポークを作ってくれました!!おいしかったなあ、、、、

roast pork


そしてお料理だけでなく、スイーツまで、彼女はこなします。
このブログのテンプレートにあわせてイチゴにしてくれたと言うことでした。
こちらも甘さ控えめで、すごーく美味しかった。。。。!
Rちゃん&Yくん、本当にありがとう!!

April+09+064_convert_20090426045343.jpg


ところで、
こちらのお宅の窓からは、モンマルトルのサクレクールが見えるのですが、
こちらは、夜のサクレクール寺院。

sakre coeur


写真は思い出になるので
撮るのが大好きなのですが、たくさん撮ったつもりでも、
後から見ると、いつも少なく感じてしまうのは私だけでしょうか?

それでは、また、、、、!!
人気ブログランキングへ


ロダン美術館

パリに移動してきてからあっという間に10日間も経ちました。
現在、いくつかのオーディションを待ちながら、
ここでフランス語語学学校に行ってを勉強しているのですが、
その合間に、
これまで、ちゃんとパリを観光したことのなかった私は、
今回は、色々なところを廻っています。

さて、ここ数日いろいろと行った中での
良い時間のひとつは、
ロダン美術館。
もともと私は美術館を見るのに、ものすごく時間がかかってしまう方なのですが、
今回も、比較的小さい美術館であるにもかかわらず、
12時から閉館ぎりぎりの16時半までかかってしまいました。

実は、彼が影響を与えた日本人彫刻家高村光太郎、そして智恵子に
昔から興味がを持っており、
中学生の頃、読書感想文で「智恵子抄」について書いたら、賞を頂いた事があり、
そんな事もあってその頃から、ロダンには非常に興味を持っていました。
そして、数年前にロダンとカミーユ・クローデルを描いた映画を見たことで、
そのときから、パリに行ったら必ず、ロダン美術館に行きたい!と思っており、
また美術作品の中でも、ことさら彫刻を鑑賞するのが好きな私は、
このたび、本当に心から堪能しました。

まず一番最初に、
1階にあるLeSecret(秘密)という題名の手の彫刻から見始めたのですが
なぜだか、胸がぐわーーっとつまり涙があふれそうになり、
額やこめかみがどくどくして、その作品の持つエネルギーに最初から圧倒されっぱなしでした。
1階を見終わったときには、私も友人も放心状態で、
すこし庭を散歩してから、2回を見ることに。
庭には、有名な”カレーの市民”、”考える人”のある”地獄の扉”、などがあり
外で見る作品のほうが、狭いところにエネルギーを閉じ込められず、のびのびしており、
私は好きでした。

ロダンもカミーユも本物のArtistであり、
彼らが本当に目指すArtに対して貪欲で真剣でああでもない、こうでもないと
試行錯誤しつつ作品を生んでいったことは、
作品を見ればよくわかります。
そして、その上での彼らの関係、人生、、、、、

美術館には、その人の一生が詰まっており、
それを短時間の間に、疑似体験することは、楽しくもあり、
しかし、
非常に疲れることでもあります。
なんだか、色々な思いを胸に抱えつつ、美術館を後にしましたが、
素晴らしく濃い時間でした。

March+09+086_convert_20090403002423.jpg

それでは、又次回に、、、!


人気ブログランキングへ
sidetitleプロフィールsidetitle

asako tamura

Author:asako tamura
こんにちは。
ソプラノ田村麻子のブログへようこそ!!
またプロフィール、スケジュールなどの詳細は、
私の公式ホームページをぜひご覧ください→
www.asakotamura.com
また、
ご連絡は、こちらまで→
wakuwakusop@aol.com

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。